CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

香雪美術館再訪 満ち足りた華

f:id:gemini-yahata:20180403174724j:plain

神戸御影にある、香雪美術館。

美しいものを見ることにしました。

以前にも来ております。

chuff.hatenablog.com

この時は、命をやり取りする、

戦国の茶の世界に圧倒されましたねえ。

 

今回は、ズバリ「鎧と刀」。

いやあ、楽しみです。

 

www.kosetsu-museum.or.jp

ここね、朝日新聞の創設者、

村山龍平のコレクションがメインなんです。

もとは武家の出、リベラルなふりして、

やっぱりバリバリの資本家です。

 

まあ、その上澄みを頂きましょう。

まあね、この季節には初めて行ったんですが、

圧倒されました。

隅々まで手入れされた、桜というのは、

かのように美しいのですね。

f:id:gemini-yahata:20180403174843j:plain

でも、ここの主役は

桜ではありません。

桃の花です。

それがこちら。

 

f:id:gemini-yahata:20180403174821j:plain

f:id:gemini-yahata:20180403174826j:plain

この紅白の桃、

その名を「源平枝垂れ桃」

白は源氏、赤は平家。

どうです?これ桃の花ですよ!

iPhoneで撮って、加工なしです。

f:id:gemini-yahata:20180403174833j:plain

こちら、「残雪しだれ桃」

なんだか、屏風絵を見ているようです。

 

ここまで、うなるほどのカネの臭いは、

爽やかとしか言いようがありません。

お見事!

緋毛氈の上で、「お薄」を頂きます。

 

 

さて、本日はこちらに。

f:id:gemini-yahata:20180403174818j:plain

 

ここねえ、ファーストインパクトが、

よく出来てるんです。

入ってすぐのところにあった、兜。

反時計回りにみてゆくと、

最後に矢が刺さったような跡を見つけ、

ゾッとするリアルさです。

 

その名を

「鉄二十二間四方白星兜」 

 

鎌倉時代だそうです。

私は、鎧はそれほど興味はないのですが、

これはちょっとキましたねえ。

検索で画像は拾えませんでした。

 

そして二階へ上がると、

隅から隅まで、白刃の海です。

有名所が、ギラギラ光っています。

 

中でもやはり。

和泉守兼定」と、あの「虎徹」。

さらに、「備前助村」。

f:id:gemini-yahata:20180404134224j:plain

 

あのねえ、これは勝手な想像ですけど、

血の匂いがするようでしたね。

もうね、釘付けです。

もちろん、館内は写真不可ですので、

お見せできないんですけど、

切られても痛くなさそうと言うか。

 

私は、太刀よりも刀が好きなんです。

この二つの違いはですね、

太刀はこの向き。

f:id:gemini-yahata:20180403182130j:plain

基本的に馬上の上級武士の、

護身用ですね。この時代は、弓が主流です。

馬の上で抜くので、この向きなんですね。

全体的に、刀身も細身です。

 

一方「刀」というのは、向きが逆で、

こうですね。

f:id:gemini-yahata:20180403182417j:plain

実は、刀が主力武器だった時代は、無いんですね。

戦国の世は、主流は槍。

歩兵が腰にさすために、日本刀の主流は、

太刀から刀になっていきます。

腰から抜きやすいんですね。

これも、抜く時は極度の接近戦でしょう。

 

なので、実は活躍ってのは、

案外少ないと言われてますね。

盛り上がったのも、

江戸時代に入ってからのようですし。

 

まあ、厳密に言うと、いろいろあるんですが、

だいたいこれでいいと思います。

 

しかし、なぜだか血の臭い。

そりゃ、これ持ってたら切りたくなるのも、

分からなくもない。

 

予想よりも遥かに、女性客が多かったですね。

しかも、ルーペ持参で。

ゲームかアニメの影響でしょうか。

若いお嬢さんが、うっとりと白刃を見ているのは、

実に退廃的というか、なんというか。。

 

白刃の海を、堪能してから外に出ると、

桜がこれです。

f:id:gemini-yahata:20180403174836j:plain

 

「今宵の虎徹は血に飢えておる」

 

などと、口走った自分が、

めちゃくちゃ恥ずかしかったのですけどね。

だって、お昼だしね。

 

刀も良かったけど、私は庭園の春に、

酔いしれましたねえ。

 

 

美に対する狂気がありますね、ここは。

今週の日曜日までなので、

よろしければ。

 

(なんか、壁一つで違う世界。まあ、外の御影も浮世離れしているけど。でクリック!)

 

決定版 日本刀大全

決定版 日本刀大全

 
図説・日本刀大全―決定版 (歴史群像シリーズ)

図説・日本刀大全―決定版 (歴史群像シリーズ)

 
日本刀 妖しい魅力にハマる本 (KAWADE夢文庫)

日本刀 妖しい魅力にハマる本 (KAWADE夢文庫)