CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

香雪美術館 世界を美で埋め尽くせ!

f:id:gemini-yahata:20171010165518j:plain

行ってきました香雪美術館。

 

香雪美術館ついてくわしくはこちらへ。

 

神戸に長らく住んでおりますが、

初めてだったんですよ、ここ。

阪急御影駅で降りた事自体、数十年ぶりですね。

 

朝日新聞の初代社主の、個人のお家を改造したもんですわ。

どんだけ儲けたのか、ちょっと想像できませんね。

労働者の汗と夢は、ここに吸い上げられたんですね。

思想とは。。

いろいろ考えさせられますな。。

 

それはさておき。

 

まずは駅近の弓弦羽神社に参拝です。

f:id:gemini-yahata:20171010145629j:plain

いやあ、いいところですねえ。

巫女さんが参拝客に

「1600円のお買上げになります」

というのは、どうかとは思いましたが、

 

まあ、このあたりは資本主義の勝者の館界ですので、

それもありかと。

 

ご近所の方がでしょうか、散歩されている人々から、

ものすごく独特の空気を感じます。

平たく言うと、カネの臭いがします。

 

しかし、美術館の門をくぐると、そこは別世界。

生まれてこの方、苦労というものは豊齢線しかなかったような、

美しい老婦人と、お孫さんらしき若い女性が、

二組緋毛氈に座りご談笑です。

 

カネの臭いは「余裕の匂い」と再変換されました。

確定キーです。

 

いやあ、いいものです。

さすがに、写真は失礼なので、お帰りになられてから撮影。

f:id:gemini-yahata:20171010145649j:plain

ここ、入り口ですよ!

素晴らしい!

ここで談笑する、着物姿の祖母と孫。

想像してくださいな。

 

では中にはいってみましょう。

f:id:gemini-yahata:20171010145642j:plain

茶道具の展示です。

利休と剣仲ってですから、とんでもない二大巨頭です。

今の薮内流の元祖です。

とんでもなく、クールですよ。薮内流は。

裏千家なんて、薮内に比べたら、ただの嫁入り修行ですよ。

 

いいですよ、薮内剣仲は。

ケツ持ちが西本願寺と言うのは、ちょっと引っかかりますけど。。

 

入り口で音声ガイダンスがあるか訊ねます。

品のいい中年の女性が、なんともいい笑顔で

 

「私共の美術館は、ほんの小さな庵でございますので、失礼をご容赦下さい」

 

つまり、そんなものない!ってことです。

今時の日本でですよ、こんな言葉がスラスラ出てくるだけで貴重です。

つい、おフランス語とかで、あえて何か言いたくなります。

そこで

Pas de probleme.(気にしないでください)

と嫌らしく言ってみましたら、即答で返されました。

Je vous remercie de votre gentillesse.

(ご好意に感謝します)

 

マジですか!

やられました! 完敗です!

 

 

では、「ほんの小さな庵」に入っていきましょう。

確かに狭いですね。一階は15畳くらいでしょうか。

二階で30畳あるかないか。

 

でもね、入った瞬間からキマスよ。

なんというか、圧倒的な空気が。

いきなり名器「古狐」です。

f:id:gemini-yahata:20171010170204j:plain

 

写真撮影禁止と書いてないので、もしかしたら可能なのか?と。

思ったのですが、小さく小さく書かれていました。

そんなことしちゃいけないのは、 当たり前ですけどね。

 

つまり、そんなアホはここに来ないこと前提のようです。

 

素晴らしい!

 

お茶をやる人はわかると思うのですが、

棗ってあるでしょ?

棗 (茶器) - Wikipedia

 

f:id:gemini-yahata:20171010165831j:plain



利休や剣仲の棗が、ズラッと並んでいるわけです。

展示棚の横が、ガラスになっているのが素晴らしい。

上から見るより、横から見ると圧巻です。

ガラスの透明度が、これまた素晴らしい!

 

棗が四個並んでいるだけで、下世話な表現ですが、

値段で言うと、この辺に家が数件建ちますよ。

こりゃ、持って帰りたくなるわなあ。。

そりゃ、大名が茶器一つに命かけるのも、ありですなあ。。

 

ちなみに、利休は棗の仕上げ漆には、粗仕上げを好んだようです。

光り方が柔らかいのは、そのためかもしれません。

やっぱ、すごいわ。。

 

気になったのは、雷物という水指。

茶釜に足し水をしたり、茶器を洗ったりする水が入ってます。

まあヤカンですね。

そこに大きなすり鉢を使っているんです。

すり鉢って、使う時にゴロゴロ音がするので、

「雷物」と言うんですって。

んでもって、それが「擂盆(らいぼん)」

これですね。

この本物の「井戸擂盆」の登場です。

f:id:gemini-yahata:20171010160019j:plain

 

井戸擂盆(らいぼん)

 

これが、再現された二畳の茶室で光ってるわけです。

いやあ、いいものを見せていただきました。

 

個人的には「織部」は好きじゃないんです。

なんでかというと、あいつヘタウマでしょ?

やりすぎなんですよ。ベタというか。

また、ヘタが織部好きってのは、

滑稽を通り越して哀れな感じします。

 

しかし、この一重切花差の「弁慶」はすごかった。

ネットで画像を拾えないので、是非ナマで!

それもそのはず。これ藪内家の個人所蔵なんですね。

薮内家元から招かれた人しか、見られないわけですね。。

(「弁慶」は前期のみのようです。11月12日までです)

 

 

美術館内にいる人、全員大人です。

しかも、上品というか、鑑賞の仕方を理解しているわけです。

行ったの祭日ですよ。

通常の美術館だと、とんでもなく混んでいるでしょうねえ。

いやあ、ここすごいわ。

 

満喫して表に出ます。

陽がね、こう、キラキラしてんです。

f:id:gemini-yahata:20171010145635j:plain
f:id:gemini-yahata:20171010145717j:plain

ここは神戸の街中ですよ!

 

先程の緋毛氈のあたりへ。

f:id:gemini-yahata:20171010145659j:plain

さっきまでとは異なり、陽が斜めに入ってきてますね。

美しい!

 

駅へ向かう道すがら。

f:id:gemini-yahata:20171010145708j:plain
f:id:gemini-yahata:20171010145725j:plain

 

ああ、美しい。

このあたり、やっぱりいいなあ、と思いながら歩きます。

駅前で喫茶店に入って休憩です。

 

そこには、御影婦人の方々が、

下世話なお喋りに夢中でございました。

お受験だとか、旦那の仕事だとか、

美容だとか、まあいろいろですね。

不倫だとか、ゴミの出し方だとか、

まあ見事に小汚いものいろいろ。

 

しかもこの奥様方、わがままばかり仰る。

元町でも、もうちょっと、

みなさんいろいろ遠慮してますよ。

 

そこでふと考えたわけです。

 

やはり美は、ゴミのような混沌からのみ、

生まれるのだな!

 

いいんだと思います。あれで。

少なくともさっきまであった「美」の世界が、

彼女たちによって、きっと守られているわけですから。

 

私は、そんなご婦人方を肯定しますよ!

 

皮肉でもなんでもなく、素直に心から!

夢まぼろし、それを見んと申すか!

 

(言ってることは、行けば分かると思います。行かないとなかなかねえ。そこでクリック!)

 

 

広告を非表示にする