CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

バレンタイン感想 ザミチャーチェリヌゥイ!

f:id:gemini-yahata:20180226010316j:plain

私くらいになっても、

チョコレートをいただくものなのです。

今更ドキドキすることもありませんが、

寒のきつい日の午後に、

ついしかめっ面になるような時。

 

コーヒーを淹れて、チョコをついばむと、

ザミチャー!

ザミチャーチェリヌゥイ!

と、ハラショー以上の言葉を使ってしまうのです。

 

 

残念なことに、ロシア語はちんぷんかんぷんですが、

清原先生に

chuff.hatenablog.com

連れて行ってもらったショーパブで、

多少のロシア語は学んだのです。

美しい横顔、淡いブロンド、

頭の中は空っぽのアリューシカから。

 

では、私のチョコレートの感想を、

抒情詩的に行ってみます。

 

=========

 

ロシアのチョコレートは、

正しく異国の味がした。

 

この世界で、異国は既にない。

しかし私は感じた。

 

1990年の上海。

深夜の路上で食べた月餅を、

ロシアのチョコレートは、

私に思い出させた。

 

寒くて乾いた空気の中で、

練炭で煙る黄色い街灯。

湯気が甘い香りをまき散らし、

川沿いのその店は、

深夜に月餅を出していた。

 

あの上海も、とうに無い。

私の上海は消えたのだ。

私のモスクワが、

それより早く消えたように。

 

しかし、そのチョコレート、

確かに異国の味がした。

 

聞きなれぬ異国の言葉、

まるで小さな秘密を守るがごとく、

囁くように話される上海語は、

フランス語のような響きが優しい。

人々はまだまだ貧しく、

綿入りの支那服を着ていた。

 

ジャスミン茶を飲みながら、

通じない会話を楽しんでいた。

シャシャノン、と上海語

お礼を言いながら、

茶の湯気を見ていた。

 

甘いお菓子は、

その記憶の残骸を、

人の記憶や社会より、

僅かながら永く、

閉じ込めるのかもしれない。

だから人々はお菓子を求めるのだ。

失われた記憶への弔辞として、

それらを愛するのだ。

 

=========

 

なーんて、おセンチになっちゃってますね。

まあ、たまにはいいじゃないですか。

日差しが、すっかり春ですね。

風は冷たく、陽は強い。

 

もう、梅は満開を過ぎたであろうか。

 

そんなことを思ったりしておりました。

 

 (さあ、食おうぜチョコレート。えっ?もらってないの?じゃあクリック!)