CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

神戸の和菓子 よっ、こりゃ粋だね!熊内「つるや」

f:id:gemini-yahata:20180203165359j:plain

美味しい和菓子とは何でしょう?

んあーに、難しいこと考えずに、神戸ならここですよ!

 

中央区熊内にある、

京菓子「つるや」さん。

 

といっても、私も今回初めてだったんですけどね。

 

いやー、カッコよかったわ!

 

和菓子ってのは、美味しいを通り越して、

カッコよくなきゃいけません。

 

ではさっそく。

 

 

 店構えそのものは、全然気取ってないです。

女将もとても可愛らしい人。

お若いころは、さぞモテたでしょうなあ。

 

まあ、そんなことはよいのです。

 

客は並ぶことはありません。

しかし途切れることもない。

大半は、お茶関係の人のようです。

それもそのはず、熊内のあの辺りは、

 

実は空前絶後のお金持ちエリア!

 

芦屋なんて、ミーハーっすよ。

って感じですね。

 

では箱を開けていきましょう。

f:id:gemini-yahata:20180203170825j:plain

 

渋い包装紙ですね。

こういうデザインセンスを、

日本人はどこに忘れてきたのでしょうね。

 

開けるとこうなります。

f:id:gemini-yahata:20180203170839j:plain

右上 「寿ぎ(ことほぎ)」

左上 「若松」

右下 「折り鶴」

左下 「すみれ」

 

もう、名前からしてグッときますねえ。

 

何と言うカッコよさ。。

 

では「寿ぎ」をいってみましょう。

f:id:gemini-yahata:20180203171316j:plain
f:id:gemini-yahata:20180203171317j:plain


おめでたい席では、最高でしょうね。

茶菓子はこうでなければいけません。

見目麗しく、味まろやかに、

茶を引き立て、ちょっと呆けてしまう。

もちろん、用意したお茶は放香堂のこちら。

f:id:gemini-yahata:20180203172357j:plain

chuff.hatenablog.com

 

襟を正して、座り直し、

そこで一服。

 

「はあ~」

 

とろけそうです。

ああ、どうしましょう。

もう好きにして。

 

気を取り直して、すみれ。

f:id:gemini-yahata:20180203171449j:plain
f:id:gemini-yahata:20180203171451j:plain


おや、この不思議な風情はなんだろうか?

おお!餡がいわゆる「卵餡」で、まわりは羊羹なのか!

なんと、洒落たことを。。

ほのかに香る宇治の風情が、これまた茶を引き立てる。

 

松風はつぶ餡。

f:id:gemini-yahata:20180203175101j:plain

 

折り鶴はこのあでやかさ。

f:id:gemini-yahata:20180203175324j:plain

 

もう、やられっぱなしですわ~。

 

お値段もね、

普通の和菓子ってくらいですよ。

まあ、この「普通の」ってのが、

最近通じまへんけどなあ。

 

なんでどすかいなあ。

言葉も、妙にはんなりしてきましたなあ。

まあ、京菓子とゆうてはりまっさかい、

よう考えたら、神戸は京都の

サテライトかもしれまへんなあ。。

 

まあ、こまかいことはよろしおす。

食べてみはったらどうどすか~

 

(お茶と和菓子。サイコーやね!案外神戸和菓子のレベル高いぜ!それでクリック!)