CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

世界を美しくする方法 その2カイロにちょっと工夫

f:id:gemini-yahata:20180121172519j:plain

今日からまた強烈に寒いですね。

お変わりありませんか?

 

カイロですけどね、

私も当然毎年おせわになっております。

カイロのない冬は、遠い日の幻でございます。

最近は、冬にオートバイは、

めっきり乗らなくなりました。

でも乗るなら、私はハクキン派でございます。

 

しかし、屋内での仕事で、

あれは明らかに熱量過多。

ですので、普段は使い捨てカイロ多用でございます。

まあ、このへんは、皆さまも同じでございましょう。

 

しかし、あれはあれで、

使いづらいこともございませんか?

私、少し思いつきましたでございます。

ちょっとした、コツを。

 

 

そもそも、

あのカイロは

どういう原理で熱が出ているのでしょう?

 

まあ、詳しくは各自ググってください。

基本的には、熱がさびる時の「反応熱」を

上手く利用しているのです。

それは、比較的わかりやすいですから。

ここで注目すべき情報は、そこではありません。

 

注目したのは、こちらのサイトの、

使い捨てカイロの危険性

この部分です。

 ●あったカイロ、ぬくっ子:<<アイリスオーヤマ株式会社からの回答>>
  先ず、カイロに水がかかることで異常発熱するということはございません。
最高温度63℃ですが、それ以上の温度に上がることはございません。
おそらく、水がかかり衣服が濡れてしまったことで、直接熱が肌に伝わりやすくなった為に、異常発熱を起したと感じられたのではと考えます。

また、水がかかるだけでなく、汗をかいて衣類が濡れたり湿ったりした場合も同じでございます。濡れる等のご心配がなければ、いままでどおりご使用いただいて問題はございません。」

 

濡れた結果の、熱の伝わりやすさ、

の部分です。

 

ご存知のように、使い捨てカイロは、

温度が一定しておりません。

とても熱く感じる時がありませんでしょうか?

その結果、汗冷えをしてしまったり、

のぼせてしまったり。

剥がすと、帰り道に後悔したり。

 

ダメですよ、それは美しくありません。

そこで、私はふと思いついたわけです。

 

何事も、風の通り道はだいじであると。

 

熱と言うものは、密着していると、

実際の温度より高く感じるわけです。

穏やかに温かさを感じるためには、

体の周囲に空気の層をつくり、

その空気が温まっている状態が快適なはずです。

 

私の愛するハクキンカイロは、

アウターで密閉した状態で使用すると、

明らかに「一人セントラルヒーティング」

を感じることができます。

しかし、発熱量が大きいのですね。

 

使い捨てカイロは、

肌に密着する下着や肌着、

もしくはシャツに、

張っておられるのではないでしょうか。

しかも、接着面を肌のほうに向けて。

 

それが、汗冷え、もしくは過剰熱、

さらには低温やけど

などを誘発するのではないでしょうか。

熱の発する方向が、

片面だけと言うのはないでしょうから、

熱源であるカイロが、

肌から離れる可能性を作れば、

空気層が適切な緩衝材になりえるのでは?

と考えたのです。

 

なにやら難しそうなこと、

言ってるように聞こえます?

 

ワザとですよ!

 

なーに、簡単なことです。

こうつければよいだけのことです。

接着面を、肌側ではなく、外側にするのです。

できれば、アウターかミドルの側に張るのです。

f:id:gemini-yahata:20180121172559j:plain

分かりづらいですよね。

こちらではどうでしょう。

f:id:gemini-yahata:20180123194607j:plain

 

これらはウールのベストですが、

カーディガンでも、セーターでもよいと思います。

ハイゲージニットは、オススメできませんけどね。

薄く柔らかいウールは、

カイロを着脱をすると、薄くなりますので、

それは例外です。コットン、ローゲージ、

メルトン、それらは大丈夫だと思います。

カシミアは避けたほうが良いでしょうねえ。

 

熱源と身体の、密着を防ぐので、

そこには空気層ができます。

すると、汗等による直接の熱伝導は、

防げるということです。

 

そして、ぼんやりと暖かい!

 

帰り道で寒いときは、

ちゃんと前を締めているはずですから、

案外密着してくるんで、大丈夫です。

 

こんな工夫で、

人々が寒さのために「

怒ったような」顔から、

優しい笑顔になれるなら、

よいことではりませんか?

冬の人々の不機嫌さは、

寒さに対する工夫が苦手な、

日本人の思考方法と、

関係あるように思えて仕方ありません。

 

まあ、試してみてくださいよ。

オススメです。

 

これで、少し世界が美しくなればいいなあ。

 

(ちょっとした工夫で、笑顔をあなたに!そんな8マンです。笑顔でクリック!)

 

 

ハクキンカイロ PEACOCK GIANT

ハクキンカイロ PEACOCK GIANT