CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

本当に世界はひろいのだけれど。。

f:id:gemini-yahata:20170827190001j:plain

この世界地図は、日本では見たことない人多いんじゃないかな。

普段日本で見ている、世界地図はこっちだよね。

f:id:gemini-yahata:20170827190021g:plain

世界の歴史だとか、いろいろあるだろうけれど、

今のところ、世界は西洋を中心に回っていることは、

まず間違いないよね。

世界にデビューするってのは、北京やソウルでのことじゃない。

ニューヨークやロンドンのことを言うのは、誰でも知ってる。

 

感情的なことは、さておいてね。

トップ画像では、日本は東の端。

つまり「極東」なわけだ。

 

 トップの写真は、大西洋を中心とした世界観を生むよね。

二枚目の地図は、太平洋というか、

日本を世界の中心の世界観を生む。

 

世界的に中心と思われているのは、実は地中海なんだけどね。

これを説明すると、またまた長い歴史と、うんざりするような話がついて廻るんだけどね。

 ローマ帝国から話さなきゃならなくなるし、

イスタンブールの変遷についても、書かなきゃいけなくなる。

 

確かに世界はひろくて、いろんな人たちがいて、

いろんな文化や特色があって、旅をしていると飽きることはないと思うんだ。

ただ、どこの世界に行っても、けっこう共通していることは多い。

 

僕が思うことの一つは、「敬意」という感覚だ。

僕は、日本人はこれを苦手だと思う。

たぶん、日本語の「敬意」ってのは、屈服を表す部分があるからじゃないかな。

 確かに、そういう「敬意」を表すと、相手は間違いなく横柄になる。

 

でもそれは違うと思うんだ。

「敬意」ってのは、どこに行っても、

もっとも安全で有効性の高いツールだと思う。

 

これを日本でやると、変なことが起きる気がする。

「なめられる」と思っている人が多いんじゃないかな。

実際そうなることも多いけど、それはやり方が間違ってんじゃないのかな。

 

やっぱり相手には、丁寧に接するほうがいい。

小賢しくうまくやろうと思っても、楽しくもないと思うしね。

 相手がだれでも、粗雑に対応していいことはないと思うんだ。

 

相手には相手のメンツがあるのだし、

できれば味方は多いほうがいい。

丁寧に接することは、卑屈になることじゃないのに、

優位に立つことと、威張ることが、

どうも同じことになっているんじゃないかと思うんだ。

 

これも世界共通だと思うんだけど、

どこの世界でも、争いには前提のルールがある。

これは、なかなかわからないけれど、必ずある。

これをやればポイントが上がり、これをやれば下がるとかね。

それをわかるためには、その世界で育ってなんとなく理解しているか、

静観してルールを見極めなければならないわけだ。

ところが、その時間を与えてもらうためには、

つまり、食い物にされないためには、安全である必要がある。

 

ここでも「敬意」は、とても有効だ。

 

じゃあ、「敬意」ってなんだろうって、思わないだろうか?

たぶんこれは、まず相手の話をよく聴くことだ。

ちゃんと聴いていれば、相手から情報が入ってくる。

「何をしてはいけないのか」、このもっとも重要なルールを知れば、

かなり有利になれる。

 

それに、相手が話をしてくれるのは、こっちが冷静な表情をしているときだしね。

威張ったり怒ったりしていたら、向こうのルールでやられることになるわけだ。

 

だから、怒るときは、それが有効だと思うか、

ほかに手段がないときに限られるべきだと思う。

 

威張っている人にあこがれる人もいるけど、

あれもどうなんだろうね。

いい気分を味わっているうちに、バカになってるわけだから、

それにあこがれるってのは、本当にガキなんだと思うんだよね。

そんなバカな態度は必ず周囲にばれてるから、結局相手の「敬意」を失うと思うんだ。

 

つまり、バカにされるってことだと思うんだ。

これだけは、気を付けたほうがいいかもね。

 

「敬意」とは何かの答えを思いついた。

冷静に丁寧にいるだけのことだよね。

 

(まあ、こういう話も説教臭いから、威張ってんじゃんね?まあそういわず、敬意でクリック!)

 

英語の敬意表現

英語の敬意表現

 

 

 

礼節[再]入門 (ディスカヴァー携書)

礼節[再]入門 (ディスカヴァー携書)