CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

仮想通貨と、井上陽水と、小沢昭一

f:id:gemini-yahata:20170823143814j:plain

井上陽水が逮捕されたのが、1977年。

マリファナだったかな。

判決は二年の執行猶予。

 

執行猶予があけてすぐに、陽水は武道館でコンサートを行った。

それをドキュメント番組にして、放送してたわけだ。

演奏と対談形式の交互構成、いわゆる「テレコ」で組んでいた。

 

今から考えると、逮捕を含め、

全部仕込みでも不思議じゃないなあ。

ありえるよね。

陽水の自作自演の可能性さえあるように思うな。

 

その対談相手が、小沢昭一

今は、もう知名度はないけれど、当時はいわゆる「文化人」枠の人だった。

そのテレビを観ていたのが、少年の私。

 

この時話題にされていたことが、

現実に起きようとしている。

仮想通貨によって。

books.google.co.jp

 

前提として言っておきますが、ヒモ付はしてないですよ。

 

ここで書かれていることは、

番組や動画を、

観た分だけを決済するシステムは、

技術的に可能であるということ。

 

仮想通貨の概念は、多分このサイトが分かりやすい。

これもヒモつけてないですよ。

www.houdoukyoku.jp

 

ここから先は、私の記憶によるものなので、

詳細は自信ないけれど、まあ大筋では間違ってないと思います。

 

先の対談で小沢昭一はこう言った。

 

「どうも、僕らの商売はちょっと申し訳ない、後ろめたい感じがする。オモシロイと思った人が、その分をギャラとして払ってくれたら、スッキリすると思う。お代は見てのお帰り、みたいにさ」

 

これに対して、井上陽水

 

「視聴者を信用してます?観て面白かった。でも金払うのは嫌だな、って払わないほうがほとんどじゃないですかね」

 

双方の言ってることは、感覚的に何となく分かる。

多分、相容れないけれど、まあ分からなくもない。

 

観た分だけ払う、ってのが、仮想通貨で可能になったら、

観たい人だけが払って、そうでない人はさっさと止める、

ってのが可能になる。

まあ、妥当な気もするけど、本当にうまくいくんだろうか。

 

そこでどうなるのか考えてみた。

 

「観た分だけ払う」ってなら、一種のチキンゲームになるよね。

いつ止めるか、いつ止めるか。

となってしまうと思う。

観れば観るほど、お金がかかるとも言えるわけだしね。

 

そうすれば、多分最初の数分が勝負となって、

あとはダラダラする番組が増えそうな気がする。

毎秒ごとに課金されてるなら、

夢中で観ていられる人は減るんじゃなかろうか。

逆に、ギャンブル的にはまるのかもしれない。

もうちょっと観てたら、面白いことあるのかもしれない、って。

 

でも、ある一定時間を超えたら、気にしなくなるとかのデータもあるんだろうな。

ダラダラとぼんやり観ながら、課金されてゆく世界ができるような気がする。

しかも、スマホで観るとすれば、最後は使用量として現金で支払うこともあるだろう。

仮想通貨を持っている人は、その送信で通信料を使うことにもなるわけですしね。

 

仮想通貨と現金の変換レートは、どう設定されるのだろう。

観たときのレートなのだろうか。

それとも、決済日のレートなんだろうか。

 

きっと、そういうことを頓着しないルーズな人々はたくさんいて、

誰かが儲けるシステムになってゆくんだろうな。

 

もしくは、レートを見ながら、番組を見るとか。

それはないか。。

こんなの見てたら、おちおち楽しめないよね。

f:id:gemini-yahata:20170823152331p:plain

 

どうなるんだろうね。

個人的にはワクワクするけれど、

相場ってのは、常に博打でもありますからね。

 

あっ、こういうのに手を出すのは、

お金が余ってるか、猛烈な勉強家以外は、止めたほうがいいですよ。

マジで、ゲームですけど、支払い有りますからね。

 

(まあ、実は現実世界も全て博打ってのが資本主義なんだろうけど。そう思ってクリック!)

 

任天堂 花札 大統領 黒

任天堂 花札 大統領 黒

 

 

 

ゾーン ? 相場心理学入門

ゾーン ? 相場心理学入門