CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

2008年9月 ライブを原文で

f:id:gemini-yahata:20171208175147j:plain

2008年9月15日リーマンショックが起こりました。

多分日本史に名を残す、一大転換期であります。

 

この後、急激なデフレが始まり、

なんとなく日本は終末感が漂い始めたわけです。

一方でIT関連は急成長を見せ、2,007年に登場していた

iPhoneは、本格的に世界を変え始めます。

前回の7月とは、かなり雰囲気が変わったわけです。

chuff.hatenablog.com


さて、そんなとき、青さんは何を書いていたのでしょう。

 

 

============

 

人を騙す手法で、

嘘を使う手段は実に古典的でありますが、

いまだにそこかしこでよく見られることは、

この方法は確実性が高いという証左となりましょう。
しかし、嘘は良くない。

なぜなら、嘘をついて相手を騙すのは、

ばれた時に一方的な非難を受けざるを得ないからであります。
非難されること無く、少なくとも、

抗弁できる程度の立場を残して相手を騙すには、

錯覚を利用する方法がよいように思います。

さて、具体的に事例を考えて見ましょう。

皆さん。食生活に気を使っておられますか。

現代人には色々と足りない栄養素が多いそうでありますが、

特に食物繊維は足りていないそうであります。
そこで、食事で補えない食物繊維を

美味しく手軽にとるために、

レタス1.8個分の食物繊維が入ったこのジュースを…

もうお解かりの方も多いことでしょう。

この文章の最大の問題点は、

レタス1.8個分の食物繊維とは

「いったいどの程度の量なのか」

が表示されていません。

ではレタス1.8個分の量とは、

具体的に何グラムのことを

言っているのでしょう。
成分表を見てみると

「食物繊維 6g」と書いてあります。

納豆100gより、

若干少ない程度であります。

レタスを1.8個食べるのは大変ですが、

みかん300gだと楽勝っぽいですな。

 

レタスを1.8個食べるのは大変ですが、

ごぼうを70gくらいならどうってことないと思いませんか。
寒天なら9g程度で済みます。

これが、印象を利用した、

うそを使わない詐術であります。

実に見事な手際。

随分昔から使い古されたフレーズ

「レタス○個分の食物繊維」は、

各種法令に引っかからないから

使い続けることが出来るわけでありまして、

完全に合法であるということですな。

具体的な数字は控えめに、

印象として多そうな、

もしくは少なそうなものを前面に押し出して

「印象操作」することは、

よほどやり過ぎなければ、

開き直れるやり方だということであります。

レタスの例えは、

誇張された広告っぽい感じはしますが、

とりあえず具体的に誰かが不幸になる

類のものではありませんが、

たとえば、偶然をいくつか抜き出して、

必然であるように見せかける手法によって、

あこぎな商売をする業者が

いないとは限らないわけであります。

数字は嘘をつきませんが、

その数字を出してきた

人間は嘘をつく可能性があるんです。
いや、嘘ならばまだかわいげもありましょう。

たちが悪いのは、

数字自体が嘘なのではなく、

作為的な数字の使い方で

「誤解」が生じるということであります。

「騙された」のではなく

「誤解した」ということでは、

悪いのは誰になりますか。

 

場合によっては、

救いの手が差し伸べられない

可能性がある誤解。

 

レタモンぐらいなら

どうということはないですがねぇ・・・

色々と気をつけたいものでありますな。了

 

=========

 

不思議なものですねえ。

まるで今の日本の状況を見透かしているような。

 

確かに、予感がありましたね。

上手くは言えないんですが、

何かが支配を始める閉塞感のような。

 

あのころより、私たちは10年先を行きていることになります。

 

(未来って、もっと輝いているはずだったよねえ。まあ、仕方ないじゃん!そこでクリック!)

 

 

リーマン・ショック・コンフィデンシャル(上) (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

リーマン・ショック・コンフィデンシャル(上) (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

 
リーマン・ショック 5年目の真実

リーマン・ショック 5年目の真実

 
9・15 リーマンショック (祥伝社新書174)

9・15 リーマンショック (祥伝社新書174)