CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

お酒の飲み方 青さん凝り始める

f:id:gemini-yahata:20190529145614j:plain

ティアドロップ。

涙の形ですな。

 

イタリア語でナタリーは「涙」の意。

なんでこんな事知ってるかは

話すと、ただの自慢話しになるのでやめましょう。

 

ウヒヒ!

 

これね、実は青さん所有の片口。

これを使いたくて使いたくて

屁理屈こねておるようです。

ではさっそく!

 

 

==========

 

皆さん、お酒は好きですか?

私は少しぐらいは嗜む方です。

 

酒類は別に何でもいいんですが、

一番好きなのは日本酒。

ヒヤ(常温)でよく、

燗してよく、

冷やしていい。

 

砂糖と酢で味を調える、

言語道断の三増酒はアレですが、

醸造アルコール添加ぐらいはまぁ、ね。

 

強めの熱燗なら気にならなくなりますよ。

そういう意味で、月桂冠の月は

それなりに飲めると思います。

すいません、私舌バカなんです。

 

 

でもね、最近ちょっと控えようと思いました。

どうにも、日本酒が旨くて仕方ない。

飲みすぎるのです。

 

ちょっとお休み。

日本酒はここぞ、という時に

のむことにします。

紙パックじゃなく、瓶がいいですね。

 

さて、これで私も

 

「紙パックの日本酒なんか日本酒と認めちゃダメなんだよ」

 

とか、生意気なことが言える立場に

なるのでめでたいのですが、

別の問題が発生しました。

 

私はほら、道具集めが趣味なんですよ。

いっぱいあるのね、お猪口。

これが死蔵されてしまうのが

実に惜しいわけです。

 

今回は、お道具どうする問題を考える、

という回であります。

 

三川内焼のお猪口は大丈夫。

ワインがよく映えるんだ、白磁には。

 

三川内焼 (長崎) ぐい呑 【特製桐箱入+和紙包装】

三川内焼 (長崎) ぐい呑 【特製桐箱入+和紙包装】

 

 

問題はそれ以外。

特に気に入って使っていた、小鹿田焼

ぽてっとした陶器の盃には流石にワインじゃない。

 

うーん。。

私の収集道は、飾って喜ぶタイプではなく使ってこそ、という主義です。

使わないというのは、いかにももったいない。

 

さて、どうしましょうか…

と考えておりましたが、

ふと目についた三川内の片口。

 

形状は…コンキッリエに似ている、

といえば皆さんに伝わると思うのは、

私がイタリア人の場合だけです。

 

昨日・今日・明日 HDニューマスター版 [DVD]

昨日・今日・明日 HDニューマスター版 [DVD]

 

 

貝の形をした、サラダに入っているようなパスタ。

それがコンキッリエなのです。

 

f:id:gemini-yahata:20190529144900p:plain

 

それっぽい形をした白磁の片口を

一つ持っているんです。

 

裏を見ると「房」と刻んでありますから、

たぶん嘉久房窯。

細かい細工が得意な、絵付けのない

真っ白な白磁を作っている陶房であります。

こちらです。

 

f:id:gemini-yahata:20190529144945j:plain



これに、氷をころりんちょと放り込んで、

ウイスキーを適量。

水を差してくるりとひとまわししたら、

水割りが出来上がります。

 

それをね、

猪口で飲んだらどうだろう!

 

こんなぐあいに。

 

f:id:gemini-yahata:20190529145031j:plain



ショットグラスとして使えそうだと思いましたが、

その飲み方のスタイルがあまり好きじゃないのです。

そこで、このような工夫をすることにいたしました。

 

そこまでして使わなくてもいいんじゃない?

と思うあなた。

 

その感覚が正常なので

大丈夫です。

しかし、私はどうしても道具は使いたいわけです。

 

グラスなら、一個で完結する水割りを、

片口とお猪口の2つを使って飲む。

 

何がいいと言って、気分がいいんですね。

あと、面白い。

笑う面白さではなく、味わい深く面白い。

 

酒なんか、飲まなくても

生きていけるのですから、

飲む以上は面白いほうがいい。

 

自棄や中毒で飲むとなれば、

道具に意識は行かないでしょう。

それではただの毒です。

 

酒を百薬の長とするには、

お道具で遊んだり

余裕を持ったりする必要があるのです。

 

なので私は、ウイスキーの水割りを、

まどろっこしく、実にややこしい飲み方で

嗜むことにします。

 

ハイボールには向かない飲み方なので、

水割りがいいでしょう。

せっかく集めている道具なので、

どうにかして使いたい。

というだけの話なのです。

 

こういう「外し」の面白さというのは、

どれだけ言い切れるかにかかっております。

ここからさらにこの屁理屈に

磨きをかけていきたいと思う、私でありました。

自家製の梅酒もこの飲み方でよさそうだなぁ。。了

 

==========

 

屁理屈はこねてこそでありますナ。

大体、日本人は理屈を理解しないわけです。

ですので、感情論に走るのですな。

理屈を屁理屈と言って、理解を狭めるのです。

 

毛唐を御覧なさい。

どんな無茶苦茶なことしても、

信じられないファナティックなことしても、

とんでもなく屁理屈をつけてくるわけです。 

 

屁理屈は重要なのでありますな。 

 

(理を語るに、屁を用いるなら、それぞクレバー!賢くクリック!)