CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

自転車に乗って気づいた7つのこと

f:id:gemini-yahata:20190512120725j:plain

ふとしたきっかけで自転車を手に入れたザンス。

自転車に乗ることさえ、何十年ぶり?

って感じザンスけど。

 

ワタイは、この世界のマニアではないんで

的外れなこと書いてるかもしれんザンスが

そこはご容赦で、気づいたこと書いてくザンス。

 

 

時々、仕事にも乗っていくンザンス。

レッドション、別名血尿号。

道路を走っていると、けっこうおっかない。

自動車もおっかないし、歩行者もおっかない。

段差もおっかないし、路駐もおっかない。

盗難おっかないし、パンクもおっかない。

 

そんな中で気づいたこと並べてみるです。

 

気づいたこと①

歩きスマホ云々以前に

人間というのは驚くほど

周囲を見ていないザンスな。

こりゃあ、事故おきるわなあって。

黒い服着て、広い道路を突然横切ってたり。

おまけにイヤホンで音楽聴いてたり。

いやあ、日本は平和ですなあ。

あれ、半分死んでますな。

なので、ゆっくり走ります。

 

 

気づいたこと②

このハンドルのせいザンスかね。

 

f:id:gemini-yahata:20190512120803j:plain

なんか突然バランスを

崩しかけるタイミング

あるような気がするザンス。

そういうとき、いわゆる体幹

意識するザンスね。

そういう時、腹筋から力が抜けているザンスね。

レーサータイプに乗るには、

特殊な身体感覚を必要とする気がしたザンス。

 

気づいたこと③

自分の体は右足の方が

筋力が強いようザンスね。

左が弱いというか。

このバランスの違い、初めて実感したザンスよ。

滑走状態の時、必ず右が前ザンスのね。

それを左を前にすると、実に落ちかつかないザンス。

最近オートバイで、左コーナーが

イマイチうまく走れねえなあと思ってたんすよね。

なんか体の偏りがあるようザンスな。

これは大発見。

意識して左を使うようにすると

腹斜筋にくるザンスね。

面白いザンス。

 

LPN ストレッチポール(R)EX ネイビー 0001
 

 

気づいたこと④

シートというのは、座るものではないのでガスなあ。

足の回転の腰側の軸になるもののようザンス。

常に体重移動がなんらかの形で行われていて

その支点ザンスなあ。

いや、間違ってたらごめんなさい。

そのように感じたザンスなあ。

 

f:id:gemini-yahata:20190512120808j:plain

 

気づいたこと⑤

ハンドルから力を抜くべし。

腹筋と背筋で体を支えるべし。

これ、オートバイと同じザンスよね。

ドカッと座って、ハンドルをぐっと握っては

まったくもっていかんザンスようですな。

もっと言うと、ハンドルの握り方にも

ドアノブのように、斜めに握る方がよい気がするザンス。

もっと低いハンドルはどうかは分からんザンスが。

いずれにしろ、ハンドルに体重は

乗せないモノみたいザンスな。

腕は常に軽く曲げておくこと。

背中も同じく。

そうした方が力が抜けるザンスな。

この力を抜くってのは、案外筋力がいる作業ザンスな。

筋力無いと、力を抜けないンザンス。

これもオートバイと同じザンスね。

 特に小排気量の速いバイクに乗ってる感じザンスね。

入力を最小限にしないと、ブレてしまう感じとか。

「脱力」の極意はすべてに通ず―練気柔真法 闘技を超える武の真髄

「脱力」の極意はすべてに通ず―練気柔真法 闘技を超える武の真髄

 

 

繰り返すザンスが、間違ってたらごめんなさい。

 

気づいたこと⑥

驚くほど、他から見て視認性悪いようザンス。

 

f:id:gemini-yahata:20190512120806j:plain

 

まあ、こんだけスリムザンスから

こりゃわからんて。

特に街中ではね。

よって、明るい色の服着たほうがよさそうザンスね。

 

気づいたこと⑦

神戸は坂の多い街ザンスけど

案外行けるザンスね。

多分、ベアリングとかギヤとかいいんザンショなあ。

 

f:id:gemini-yahata:20190512120813j:plain

 

このあたり、技術の進歩を思い知るザンスね。

ということは、手入れをするべきザンスね。

で調子こいて乗ってると、びっくりするくらい

おなか減るザンスな。

あと、身体が熱くなるザンスよね。

当たり前のことザンスが、こりゃスポーツですなと。

 

まとめ

意外のことなんザンスけど

この乗りやすい血尿号でも

誰でも乗れるとは思わないザンスな。

いや、乗れるンザンスけど、危ないというか。

なので、自転車でちょっと速いのに

乗ろうかと思う人は突然乗ったら事故ると思うザンス。

筋力とか、動体視力とか、いろいろ使う乗りものザンスよ。

それと、これは痩せるザンスな。

こんなに全身運動だと言うイメージはなかったザンス。

 

クロスバイクのようななんちゃってに

100キロも走ってない

自分が言うのもどうかでありんすが。

しかし、誰だって乗ってよいものザンスから

けっこう危険に気づかなかったりすると思うザンス。

オートバイレーサーが、トレーニングで乗るのが

よくわかった気がしたザンスね。

日本の平均的な女性とか、

ちょっとハードル高いんじゃないでしょうか。

ワタイはこれ以上ハマる予定ないザンスけど、

ちょっといいのって、

かるく二十万円くらいしちゃうザンスよね。

そして、辛くてやめちゃうんじゃないザンス?

 

最初はやはり、乗りやすいのから始めたほうが

楽しいと思ったザンスねえ。。

 

(意外とスパルタンな世界の自転車。まずは筋力とバランスから!でクリック!)