CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

三八ラーメンと腰痛の春 青さんちょっと痛そうです。

f:id:gemini-yahata:20190310135945j:plain

青さん、腰痛もちだそうです。

辛いザンスよねえ。。

 

ちなみに、欧米人は「背痛」というものが

持病らしく、椅子が進化したそうですよ。

 

なるほどねえ。

時の流れは残酷で、青さんの日常にも

終りと始まりがあったようです。

さて今回も長いですよ!

 

ではさっそく!

 

 

=======


予兆はありましたので、

起きたことに驚きはないのですが。

 

株価暴落 (文春文庫)

株価暴落 (文春文庫)

 

 

本日は3月8日。

ほとんどの方にとって

普通の金曜日でしょうが、

長崎市の一部では特別な日です。

 

三八ラーメンという

中華軽食のお店があるんですが、

3月8日はサンパチの日ということで、

 

ラーメン一杯100円

ラーメン大盛り200円

 

というとんでもない金額で提供されます。

なお、今日だけは

他のメニューはなし。

 

 

ラーメンか大盛りかの二択です。

おにぎりとおでんはあったようですが、

調理が必要な品は一切中止で

ラーメンだけをとにかく提供する一日であります。

www.sanpachi38.info

 

私が高校生の頃にはすでにありました。

店頭の看板には

 

「創業10年の記念で始めたイベント」

 

ということなので、

昭和48年か49年じゃないでしょうか、

第一回三八ラーメンの日。

 

約半世紀続くこのイベントなので、

市民もよく知っています。

つまり、ものすごく混むんですね。

私は何が嫌いと言って、

並んで飯を食うのが

とにかく嫌いなので、

通常営業の三八なら

時々ちゃんぽんを食べに行くんですが、

今日はだめだな、

と思っておりました。

 

何を食うか決めかねて、

電車通りのポンパドールで

パンでも買おうかと

思案橋ラーメンの裏路地を

歩いていましたら、

途中にある三八に行列がない。

 

あれ?

 

店内は混んでいるようですが、

並んでいないなら

ちょっと様子を見てみよう。

 

従業員の熟女に席はありますか?

と聞くと、二階へどうぞ、とのこと。

 

その幸運は偶然ではないんです!

その幸運は偶然ではないんです!

 

 

上がってみると、

一席だけ空いておりました。

思ったほど混まないのかな、

と椅子に座って注文したんですが、

下から聞こえてくる先程の熟女の声は

 

「すいません、外に並んでるんで順番にお願いします」

 

ああ、並ばずに済んだのは

たまたまだったんだな。

 

「こいつは良い午餐だなぁ!」

 

というのは、ダジャレにしては

難解すぎますのでボツにしつつ。

 

(8マン注・ 誤算ですね。午餐もゴサン。蛇足ですが)

 

ラーメンが出てくるまで、

店内に掲示されている

イベント関連の文章を読んでいると

びっくりしました。

 

このイベント、

今年で最後なんですね。

 

普段700円弱のラーメンが100円なんて、

売れば売るほど損になるのは

間違いないわけで、

ずいぶん長く続けてきたこと

のほうが大したもの。

何事も始まれば終わるのでありますから、

これまでの「3月8日」に

心より敬意を表する次第です。

イベントは終了するようですが、

店じまいするわけではありませんから、

これからも時々来るでしょう。

 

やがて本寸法のラーメンが運ばれて来、

速やかに食して店外へ。

 

こういう状況で、

スマホ片手にラーメンを

食っているようなやつは、

なにかバチが当たればいいと

思いますねぇ。

 

 

予定よりずいぶん早く

昼食が終わったので、

コンビニコーヒーでほっこり。

 

電車通りに出てみると、

よく晴れていますが

PM2.5が強烈なようで、

ちらりと見える稲佐山展望台には

薄絹がかかったようになっておりました。

 

ここまでは前ふりです。

誤解なきよう。

 

さて。

午後の仕事にかかろうか。

昼休みを終え、

いつもどおりの作業に

従事していたのですが、夕方近く。

閉店作業が近づき、

ダンボールを所定の場所に

入れていたときにそれは起きました。

 

どういう擬音であれば、

これをうまい表現にできるのでありましょうか。

 

グニャ、、

メキ、、

 

しっくり来る物が見つかりませんが、

なにしろ湿度のある鈍い音だろうと思います。

 

空気人形の栓を抜いたような。

マリオネットの紐が切れたような。

 

 

文字にしにくい音が

腰のあたりで鳴り響いたあと、

私の体に起きた現象なのです。

立っていられないわけです。

誰も見ていなければ座りみたかったです。

しかし、喫煙所の横なので

そういうわけには行きませんが、

腰が「牧のうどん」。

つまりぐにゅぐにゅ。

踏ん張りがききません。

 

とにかく軟着陸しなきゃ…

とっさに台車の取っ手を

つかめたのは幸いでした。

 

取っ手を掴んだ不思議な体勢で

しばらく動かなくなった私を、

誰も気にすることなく

 

税金を灰と紫煙に変えていましたが、

やがて皆去りました。

 

錆びたドアをそっと開けるように、

ゆっくりと体勢を整えていきます。

痛みがあるポイントに、

どの角度が不味いのかを慎重に調べます。

どうやら右足を伸ばした状態で

上半身を前に倒すと

危なそうなことがわかりました。

 

…あれ?

これ、

お辞儀できなくない?

 

客商売で、これは一大事!

 

一発大きいのが来た後は

小康になったようで、

やばい角度にならないよう

細心の注意を払いつつ

ダンボールを片付けて、

再び仕事に戻ったのですが

お辞儀ができない。

 

浅いやつならなんとかなるんですが、

それでは頭が高いわけです。

さぁて、困ったなぁ…

小売業で致命的です。

 

こういう場合、

無駄だと思っていた知識が

我が身を救うのです。

 

 

知っている、という事は

それがどんなことであれ、

知らないよりはエライ。

 

軽いお辞儀しかできなくても、

頭が高くなければいいんでしょう?

だったらカーテシーしかないですね。

私おじさんですけど。

f:id:gemini-yahata:20190310134556j:plain

この女性がしゃがむ敬意の表現がカーテシーです

ちょっと頭を下げつつ、

手を太ももに添えて曲げる。

これでほぼお辞儀です。

これなら角度も大丈夫。

 

カーテシーというよりは、

お控えなすっての

仁義スタイルかもしれませんが、

どっちにせよこれ以上は無理でござんす。

f:id:gemini-yahata:20190310134805j:plain

幸い、忙しさの峠は

越えておりましたので

なんとかなりましたが、

毎年桜が咲く前の今頃、

腰が軋みます。

 

しっかり寒いのなら

それはそれでいい。

暖かくなったのなら

それはそれでいい。

 

揺れ動くな!と。

 

私にとって、一番恐ろしい

四字熟語は三寒四温

なりつつある昨今です。

 

帰宅して入浴後、

じっくりストレッチをしたところ、

腰の具合はずいぶん楽になりました。

これは骨ではなく筋肉ですねぇ。。

 

季節は徐々に進み、

新年度はすぐそこまで来ております。

とりあえず、年度末に

やるべきことはだいたい片付いたので、

新年度は一心行の大桜

f:id:gemini-yahata:20190310135630j:plain

 


地図を片手に見に行きたいなぁ、と。

 

幾分楽になった腰をさすりながら、

思いはすでに春にいる私でありました。了

 

===========

 

既に3000文字超えてるんで

まあ、ワタイのあとがきはもういいやね。

 

長文読解!

いいことです!

 

(嫌がらせなのか、それとも詳しいのか?まずは読んでみてね!でクリック!)

 

吉里吉里人(上) (新潮文庫)

吉里吉里人(上) (新潮文庫)

 
吉里吉里人(中) (新潮文庫)

吉里吉里人(中) (新潮文庫)

 
吉里吉里人(下) (新潮文庫)

吉里吉里人(下) (新潮文庫)