CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

阿部定事件の詰問録「艶恨録」がやってきた

f:id:gemini-yahata:20190306145212j:plain

なんで、こんなものが手元にあるかと思うでしょ?

古書稀本の収集家ではないザンスよ。。。

 

先日、ちょっと友人宅に寄ったんですね。

彼のベスパを見せてもらいに。

そしたら、これをサッと出してきて

 

「これは8さんに!と思ったのね!」

 

でパラっとめくると、阿部定

取り調べ調書じゃないっすか!

しかも題名が「艶恨録」

 

もう、なんと言うかねえ。。

もちろん、ありがたくいただきましたよ。

 

で、その本の話。

ちょっとヤヴァイ系苦手な人は

読まないほうがいいと思うザンスよ。。

 

 

その彼が古本マニアってわけでもなくて。

お爺さんが、なぜかしら「印刷物」愛好家で。。

とにかく、本があったわけですね。

 

バスケットボールのコートくらいの倉庫に

パンパンくらいザンスね。。

 

読むでもなく、大量に集めたようで。。

おるんですなあ、そう言う人も。。

かなりの本を売り払われ目減りしたらしい倉庫を

ワタイは実際に見せてもらったことあるザンスのよ。

絶句した記憶がありンス。

カタログ、稀本、文学、ありとあらゆる

印刷物で埋まっておったザンスねえ。。

 

コレクションと資本主義 「美術と蒐集」を知れば経済の核心がわかる (角川新書)

コレクションと資本主義 「美術と蒐集」を知れば経済の核心がわかる (角川新書)

 

 

この友人から以前頂いたのは

こちらの本。

 

 

前回の本は花街の隠語ばかり集めた

辞書というか事典というか。。

で、今回頂いたのがあの阿部定モノ。

 

皆さん、わかります?

阿部定阿部サダヲじゃないですよ。

阿部定

 

ja.wikipedia.org

 

まあ、余裕あるときに読んでみてください。

なんと言うか、ホラーの世界ですわ。。

こういうの読んでいると、

親子の愛情だとか、そういうものが

天性のものではなくて、後天的なものだと

よくわかりますなあ。

で、これのモデルザンスね。

 

大島渚 4 - 愛のコリーダ/愛の亡霊/マックス、モン・アムール [DVD]

大島渚 4 - 愛のコリーダ/愛の亡霊/マックス、モン・アムール [DVD]

 

愛のコリーダ」は、長いこと問題作で

ありましたねえ。。藤竜也主演ですわ。

 

惚れた男と逃避行して、男を殺したわけザンス。

BCP最中の事故かもしれんザンスが。。

その後、ナニを切り取って逃亡した事件がモチーフ。

これが俗にいう「阿部定事件」

 

「私は彼を非常に愛していたので、彼の全てが欲しかった。私達は正式な夫婦ではなかったので、石田は他の女性から抱きしめられることもできた。私は彼を殺せば他のどんな女性も二度と彼に決して触ることができないと思い、彼を殺した」

なぜ石田の性器を切断したかは

「私は彼の頭か体と一緒にいたかった。いつも彼の側にいるためにそれを持っていきたかった」と供述している。 (ウィキより)

 

戦前の日本犯罪史に燦然と輝く

なんともなお話し。

登場人物が全員ド畜生というか。。

まあ、戦前日本の大衆の姿の

影の真実でありんスな。

 

引かないでくださいね。

こういうの、普通だったんですよ。

ほんの70年くらい前まで。

 

ワタイの知る限り、

阿部定事件にタイマン張れるのは

これくらいでしょうか

 

tocana.jp

 

これ出てくる矢作よねという女性が

実に振り切れているザンスよ。。

まあ、何事もモノホンは凄いザンスよねえ。。

 

 

ちなみに、この阿部定さん。

最後に娼婦として働いたのは

神戸からもほど近い篠山の京口新地。

兵隊さん相手にできた女郎街らしく、

こちらに詳しいです。

 

osakadeep.info

 

 

で、話は「艶恨録」に戻るザンス。

「えんこんろく」で読みが正しいんザンスかねえ。。

いずれにしろ、オドロオドしいザンスよ。

 

で、持って帰って検索してみると

あるザンスねえ。。

 

www.kosho.or.jp

 

中身は、出版元の記載はなく

どうも、一旦行方不明になった調書の

不正コピー品のようですなあ。

戦前のいわゆるアングラ本のようザンスねえ。

装丁は、日本式で紐組ザンス。。

 

 

f:id:gemini-yahata:20190306145217j:plain

 

皇紀2600年の特赦で出所した後に

出版されたようザンスねえ。。

特赦が昭和16年

激動の時代ザンスよねえ。。

ってことは、この本は

戦争中に出版されたようですなあ。。

 

なんか、我々がイメージする日本と

かなり違うとご理解いただければと思うザンス。

映像の世紀だけが、歴史じゃないのでゴンス。

 

 

調書は、こんな感じで始まっておるザンス。

 

f:id:gemini-yahata:20190306145229j:plain

まさに、警察調書ザンスねえ。

 

で最後は、やはり調書にありがちな

一文で終わるザンスよ。

 

「何も申し上げることはありません」

 

f:id:gemini-yahata:20190306145221j:plain

 

うーむう。。

 

f:id:gemini-yahata:20190306145224j:plain

 

なんでこれが、ワタイ用なのかは

謎ではありンスが、

まあ確かにワタイ以外のとこでは、

あまり需要もない気がするザンスけれども。。

 

言っておくザンスが、阿部定さんも

矢作よねさんも、当時の背景からすると

特段不幸な方々でもないザンスよ。

ただやらかしたことが、

相当ぶっ飛んでるってことザンスね。

 

ときに、われわれは

「日本人とは」といろいろ思うザンスが

実に「みんな違ってみんないい!」を

実はやっておったのでござるんです。

で、振り切れるわけですなあ。。

 

大正デモクラシーというものの

影響もあるやもしれんザンスよ。

もう、あまりに刺激がきつくて

何かわからんけど、愛とかあるんやで!

なノリだけ覚えると、ハッチャケ方が

凄まじいわけですね。

 

 

ある意味意識高い系!

ダーク系の意識だけど!

 

 

まあ、読み込んでみますんで

そのうちレポートするかもしれません。

 

(ちゃんと読んでみないか?人生の裏の裏まで探求する当ブログ!でクリック!)

 

 

愛のコリーダ

愛のコリーダ

 
愛のコリーダ2000~ザ・ベスト・オブ・クインシー・ジョーンズ

愛のコリーダ2000~ザ・ベスト・オブ・クインシー・ジョーンズ

 
殿、利息でござる!

殿、利息でござる!