CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

合法と違法の間、グレーゾーン

f:id:gemini-yahata:20181221141040j:plain

年末。。

多分、日本最大の宗教儀式でしょう。

もう、だれしもが慌てふためき

まともな理性は停止しして、

時には孤独を

時には狂乱を

毎年繰り返しているわけです。

 

そんな中、変な人もでてきます。

青さんも、ちょっと危険な

出会いをしたようです。

 

こんな時期になにかあると

目も当てられませんからねえ。。

 

さて、グレーゾーンとは

なんなのでしょう。

 

ではさっそく!

 

 

 

==========

 

猛烈に忙しい12月を

過ごしております。

 

大変結構!

師走が暇だと

新年が不安になりますからね。

 

私なりの体力配分では、

12月30日の夜に

活動限界が来るはずです。

 

晦日は多分暇なので、

ぼんやりしていても大丈夫でしょう。

大丈夫じゃなくても、

ぼんやりしていると思います。

 

さて、そんな忙しい日々を

過ごしておりますが、

街には変な人が溢れているものです。

 

本日紹介するのはラパン三世。

私の心の余裕を盗む憎いヤツであります。

 

ルパンは燃えているか…?!

ルパンは燃えているか…?!

 

 

すっかり夜になった街を、

仕事場から原付きで

家に帰っておりました。

 

長崎は坂の町。

この坂を原付きが上らないんですね、

私が重いから。

 

この問題が原因で125ccが欲しくなって、

「色々あって」現在

大きなバイクに

乗っているのでありますが。

 

長崎の中心部に行くために

おバイクはあまり使いません。

あまり長い時間野外に

おいておきたくないというのが

一つですが、小回りがきくほうが

色々便利なんですよ、

長崎は道が狭いから。

 

f:id:gemini-yahata:20181221140221j:plain

 

ともあれ私の原付きは、

坂を登らない。

全部握っても、

斜度によっては違反できない程度しかス

ピードが出ないんですが、

今日私の前を走っていた

軽自動車はその私を

引き離せないんですね。

f:id:gemini-yahata:20181221140311j:plain

 

30キロですよ、

制限50の道路で。

 

妙に中央線に寄ったり、

それに気づいたのか

反動で過剰なキープレフトをしたり。

 

酔ってんのか絶望的に

運転の能力が低いのか、

高倉健に爆弾でも

仕掛けられているのかわかりませんが、

不審な運転のラパン。

 

新幹線大爆破

新幹線大爆破

 

 

 

上りでその有様ということは、

そうじゃなくなるとね、ほら。

 

私は行儀がいいですから、

動いている自動車を

原付きで抜くような真似はしませんが、

そもそも怖い。

 

例えば私が轟天に乗っていたとしても、

追い越しは躊躇したと思います。

 

居眠りっぽい挙動なので、

急にグワッとハンドルを

切ってきそうなんですね。

 

こんなやつの後ろは走りたくないねぇ…

 

とはいえ、帰路のルートに

選択肢が多いわけでもなく。

しょうことなしに

後ろについて走っておりましたが、

感応式の信号機が設置されている

丁字路でのこと。

 

普通に車線を走れば、

上のセンサーがそれを

捉えて信号が変わるわけです。

 

そのセンサーをね、

くにゃっと避けたんですよ、

そのラパン。

 

ルパン三世テレビスペシャル『セブンデイズ ラプソディ』 オリジナル・サウンドトラック「SEVEN DAYS RHAPSODY」

ルパン三世テレビスペシャル『セブンデイズ ラプソディ』 オリジナル・サウンドトラック「SEVEN DAYS RHAPSODY」

 

 

右折したかったようなんですが、

センサーが反応しないほど

右に寄せなくても

いいじゃありませんか。

素直に進めば良いものを…

 

他に待つ車もなく、

日が暮れた後に

歩行者がいるような場所でもありません。

また、他に車が来たところで、

センサーからずれた場所に

ラパンがいる限り、

センサーを反応させることは

出来ないわけです。

 

感応させていないんだから、

信号はいつまで経っても赤のままです。

この変わることのない信号を

青にする手段は2つ。

 

① ラパンの運転手が気づいて押しボタンを押しに行く

 

② たまたま居合わせた原付きがセンサーを反応させるか。

 

 

普通に考えると、

私がどうにかしたら良いんですけどね、

納得できない気分が少し私を

躊躇わせたのだと思います。

 

もう少し気候のいい時期なら、

いくらでもラパンに

付き合ってやっても良かったのですが、

 

何しろ寒い。

意地を張っても

疲れるだけです。

 

でもねぇ。

今にして思えば、

Uターンして

遠回りして帰ればよかったなって。

 

腑に落ちない気分をなだめつつ、

原付きを動かして

センサーを反応させ、

信号は間もなく変わりました。

 

その信号をすぎると

人気のない直線があるんですが、

そこで笑えるほどの速度を

出して走っていきましたよ、ラパン。

 

魔術師と呼ばれた男

魔術師と呼ばれた男

 

 

 

いささか疲れている暮れの、

真っ暗な帰り道。

なんだかやるせない

気分になりましたが、

ああいう車に遭遇した

にもかかわらず、

事故に遭わずに済んだのだ、

と思うことにします。

 

いよいよ年も押し迫る

クリスマス前。

とにかく無事に過ごそうと。

 

「普段よりもおおらかな気持ちで」

 

と心がけている、

基本的には

瞬間湯沸器の私でありました。了

 

========

 

いますよねえ。

なんで、免許に受かったか

わかんないほど、ひどい人。

 

まあ、避けるが吉。

 

皆様もお気をつけくださいませ。

 

(吉って、カタカナで書くとヤヴァいものね。まあ、いろいろ年末!でクリック!)