CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

距離感ドンドン狂います 10年前への青さんの旅

f:id:gemini-yahata:20181106154608j:plain

日本の祭りというのは

まあ治外法権ですよねえ。

最近いろいろうるさくなりましたけど、

アナーキーでいいと思います。

 

chuff.hatenablog.com

 

そうでないと、普段の真面目さが維持できないんでしょう。

歴史上でも、祭りを制限すると

だいたい暴動になってますからねえ。。

 

で、唐津くんちを回避した青さん。

どう行ったんでしょう。

ではさっそく!

 

 

=========

 

 

唐津道路で浜玉まで行って、

唐津市街を回避するのが

計画の肝であります。

 

南波多から唐津道路にのり、

順路に復帰。

いやぁ…相変わらず、

無料で走ると申し訳ない

気分になる道路です。

高速道路と一般道の、

いいとこ取りをしているように

思いますねぇ。

追い越し車線はないけれど、

えーっと、あそこは制限何キロだっけか。

 

Highway Star

Highway Star

 

 

 

ともかく、信号や交差点がない

快走路なので、下を走るより

早く行けるわけです。

 

速度がそれなりになると、

吹き付ける風が冷たく

なるかと思いましたが、

太陽の角度が上がっているせいか、

パールラインで感じたような

ものはありません。

 

ちょうどいい感じ!

 

もう、このまま福岡まで行っちまうかな、と。

 

唐津道路を走っていると、

抱えている計画とは

別の誘惑が必ずムクムクと

湧き上がってまいります。

それはそれで魅力的でありますが、

それはまた今度で良い。

友達にも連絡してないし。

 

 

海の方に広がる緑の地帯は

虹の松原。

季節にかかわらず、

いつだって青い。

さすがは松です。

 

キンキンに空気が冷えたら、

松風の味わいもまた格別でしょう。

冬になったらまた来ます。

2時間も走れば着きますからね、唐津

 

近いもんですよ。

 

唐津くんちの混雑を避けて、

予定通り浜玉ICでおりました。

さぁて。

 

ここからが未知の道。

信号を右折して玉島川に沿いながら、

山を目指して走り出したわけでございます。

 

グーグルマップを航空写真にして、

実際に走ったルートを

真上から見てみると大変味わい深い。

 

ここから目的地までの行程が

真緑なんですね。

実際に走っていても、

見えるのは木と川と畑、

そして少しの建物。

 

それでいて、よく整備されている路面状態。

これはもう、パーフェクト!

と言わざるを得ません。

 

そんな道を走り出して少しすると、

「ようこそななやまへ」

と書いてあります。

その少し後ろに「七山村」

という表示がある案内板。

 

ほう。

長崎にはもう無くなりましたが、

佐賀にはまだ村が残っているんだなぁ…

 

あれ?

ないはずだけど。

 

記憶違いかな、

と思いましたが、

やはり佐賀には村はありません。

 

九州では、長崎と佐賀にだけ

村が存在しないんです。

覚えていたとおりでした。

 

でもなぁ。七山村商工会、

と大書してある建物があるんだよなぁ。。

 

調べてみると、中身は

唐津東商工会七山事務所」

だそうです。

もともとあった建物を、

改修に費用をかけず

そのまま使っているのでしょう。

 

あっぱれ!

 

という話ではたぶん無い。

 

つづきます。

========

 

んん?

あっぱれでないとすれば。。

 

まあ、青さんは地元ですからねえ。

いろいろリアルに感じるものが

あるんでしょうねえ。。

 

村ねえ。

日本昔話しに出てくるような村は

案外ないもんですよねえ。

だって、そんな平地があれば

田んぼか、畑か、道になってますからねえ。

 

広い田舎って、なかなか見つからないもんです。

 

(感覚では、山が近くて狭いというのが田舎だと思います。関東平野で考えちゃダメよね。でクリック!)

 

ハイウェイスター (アクション・コミックス―大友克洋傑作集)

ハイウェイスター (アクション・コミックス―大友克洋傑作集)

 
紫のハイウェイ

紫のハイウェイ

 
ハイウェイ・スター(ライヴ)

ハイウェイ・スター(ライヴ)