CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

未知をせん滅せよ!その5 青さんのオートバイへの道

f:id:gemini-yahata:20180706022514j:plain

ロードムービーなショートトリップを

楽しんでいる青さん。

 

chuff.hatenablog.com

 

実はまだお昼前です。

時間というのは、相対的概念ですね。

 

ではさっそく!

 

 

========

 

 

なんとなく北松浦半島

ウロウロしているうちに、

たどり着いた道の駅。 

道の駅松浦海のふるさと館

 
海岸に沿って作られており、

ちょっとした松林が涼しげです。

いやあ美しい。

 
左折して駐車場へ入っていくと、

別の入口から入ってきたであろうバイク。

私は車種に詳しくないのですが、、

鼻っ面が尖っている、

リアボックスが充実した白いバイク。 

彼もまた、孤狼。

不思議な親近感を覚えつつ、

私は私で、彼は彼で停車しました。

少し離れた位置なのが、

我々の心の距離でしょう。 

彼はリアタイアにチェーンロックを

かけておりました。

防犯、大いに結構です。 

私なんか、ハンドルロック以外は面倒。

ヘルメットもメッシュジャケットも、

いるなら持っていきやがれ!

とばかりに置きっぱなしですからね。

無防備極まりない。 

福岡に泊まりで行くときは

対策したいと思います。 

 

福岡は、本当に怖い。

 

先輩が、彼女の家に

ちょっと上がったら、

大型バイクが消えたんです。

マジで修羅の国ですからね。

 

あんなところ、泊まりなら

バイクで行かないのが正解かもしれません。 

安国駐車場の空きスペース

だけが頼りであります。 

彼がバイクでもたついている間に、

私はなんとか松浦火力発電所

撮影できないかと海沿いに歩いていきました。 

暑い日です。

日差しもさることながら、

湿度が凄い。 

ちょいと歩いているだけでも、

じわりと汗が滲みます。 



んー。。

撮れていると言えば

撮れているけれど。 

ごみ処理施設と説明されたら、

そう見えてくるような

写真を撮りつつ、

f:id:gemini-yahata:20180708181936j:plain 

海風に吹かれておりました。 

風の匂いは夏らしいのですが、

日陰もないし。

こんなところで佇んでいると、

じんわり紫外線で

美味しく調理されてしまいかねません。 

いったん道の駅松浦海のふるさと館に入って、

何かしら食おう。ソフト的ななにかを。 

ここの道の駅は、

農産品や地元の海産加工品が

品揃え良く並んでおります。

面白い商品もありますから、

遠征で寄るなら

お土産選びはここでも良いかもしれませんよ。 

でも、私が欲しているのは

ご当地アイスクリーム。 

 

さぁ、私に松浦っぽいアイスを提供するが良い! 

 


「北海道ミルク使用」 

 

 


んー・・・うん、なるほど。 
いっそ、スジャータなら良かったなぁ。

なぜ九州で、西の果てで、

その売り文句をノボリで

大書するんだろうか。 

美味しいのは間違いないけれど、

なんとなくありがたみが… 

 

いささか鼻白んで、

冷凍ケースのなかのクジラなど

を見ておりましたが、

いったん出ることにしました。 

とりあえず一枚 



ふと、店外に設置されている

ベンチに目をやると、

白いバイクのライダーが、

北海道アイスクリームをほおばっていました。 

 

20代でしょうねぇ。

線の細い。

毛量とヒゲを見るに、

男性ホルモンが多めのお兄ちゃんでした。 

うんうん。

そういう素直さは大丈夫だよ。

おじさんはもう、

ずいぶんスれちゃってねぇ。。 

よし、切り替えだ。

良い時間だし、

昼飯を食いに行こう。

 

今回、ソフトはパスだ。 

 

=========

 

多分このバイクじゃないでしょうか。

f:id:gemini-yahata:20180708183949j:plain

 

まあ、いろいろあるんでしょうけど。

停まるたびにそこまでやってると、

大変でしょうねえ。

 

まあ、そこは各人なりの世界ですけどねえ。

 

それにしてもアイスクリーム。

なぜ、バイクに乗ると食べたくなるんでしょうねえ。

脳がブドウ糖を欲しているのでせうね。

 

(興奮は、実は最大のダイエットなんですよ、奥さん!でクリック!)