CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

雲仙再び 中編 青さんのオートバイへの道

f:id:gemini-yahata:20180614134507j:plain

真夏の空気を、

手繰り寄せるように走る青さん。

 

 

もうね、夏がすぐそこ、

とかぬるいこと言わわず、

夏のど真ん中にいるようです。

ヘアピンカーブを曲がって、

アクセル開ければ、そこは夏!

 

さあ、さっそく!

 

 ==========

 

矢上大橋を過ぎて、戸石。

命が爆発しているみどり色を

走っていくと、唐比。

 

見下ろす橘湾は、

静かにのたりのたりでありました。

 

この道は大変結構。

何しろ景色が素晴らしい。

 

車載動画でも

撮りたい気になる道であります。

 

ジリジリと焦がすような日差しと、

カラリと乾いた風と。

股下から熱気が

立ち上がってくると、

いよいよ夏近しだな、と感じます。

 

 

ラブホテルが続く絶景が

下り坂になり、千々石。

橘公園の脇を通りながら、

寄ればよかったな

との思いが頭をよぎりました。

 

が、これはまた、後日にします。

 

長くなるからね、たぶん。

 

 

沈黙 (新潮文庫)

沈黙 (新潮文庫)

 

 

途中、JASSで給油したんですが、

私はなぜ、安いスタンドをスルーして、

ジリ貧で蟻地獄みたいな

商売をしているスタンドに

立ち寄るんでしょうか。

いい加減反省しなければなりません。

 

 

いくらガソリンが高いご時世とはいえ、

レギュラーガソリンに

 

163円はつけすぎです。

 

よそだとハイオクが入るぞ、コノヤロー。

 

まぁ、11リットルなのでね、

いうても130円ぐらいですよ、

よそで入れたときとの差額は。

 

いいんだよ、

温泉はタダ券で入るんだから。

むしろ儲かっているじゃないか。

 

 

ちょっと涙目になりながら

走っていきますと、

県道128との分岐。

 

今回もつづら折りを上っていきます。

 

県外ナンバーの軽自動車が

先行していますから、

のんびりゆったりです。

 

途中から3速で

えっちらおっちら上っていきますが、

前回は季節の残り香を感じた旅路も、

隅々まで初夏でした。

何なら夏本番です。

 

f:id:gemini-yahata:20180614130409j:plain

 

避暑地というのは、

日中は下界と同じように暑くても、

夜になるとひんやり

過ごしやすい場所、

ということのようです。

 

雲仙の夏も、夜が素晴らしい。

クーラー無しで暮らせる

夏の夜というのは、

話を聞いているだけで

ウトウトしてきますねぇ。

 

ヘアピン

アンドヘアピン

の上り坂を走っていくと、湖。

漂う硫黄臭。

つきました、雲仙温泉であります。

 


今回は、まず温泉。

青雲荘に向かいます。

chuff.hatenablog.com

==========

 

いやあ、よいですなあ。

 

ところで、ラブホに寄るべきだった?

その事案は、書いてもよろしいんですか?

 

そこは、多少長くなっても、

みんなグイグイ読んでくれたと思いますよ!

 

でも読み直すと、

もしかして、橘公園によればよかった?

ってことですか?

 

日本語は難しいですねえ。。

読みたい方に、読んでしまうもんですなあ。

 

(真実はどっちだ!気になるけど、そこはそれ、大人の分別で!だから、黙ってクリック!)