CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

秋晴れの紅葉ツーリング その1渋滞への道

f:id:gemini-yahata:20191106165105j:plain

確か、古の人は紅葉を「病葉」とか言ったはず。

死ぬ前に病になり熱を発するのに例えたとか。

 

紅葉を楽しむってのは、酔狂なことだったのです。

もっとはっきりいうと、街の人の発想ですね。

昔は京、後には江戸、大坂。

まあ、それくらいにしかなかったと思いますよ。

田舎の人には、それを楽しむ発想がなかったはず。

 

それどころじゃないのが秋!

 

なにを言ってるかというとザンスね、

日本人は慣れてないのです!

なので、また行楽初心者なのです。

なので、渋滞などというものが起きるんです。

と言いながら、青さんはカメラへの想いを

赤い山に向けるようで。。

 

ではさっそく!

 

 

 

============

 

今年も勤労感謝の日に遠出をしようかなっと。

去年同様、ご参拝を主眼において

ルートを設定しておりました。

 

飯田高原の風景を始めとする

やまなみハイウェイが魅力的に思い出されております。

 

chuff.hatenablog.com

 

もし、全く同じルートだとしても

そこはご愛嬌なのですが、まずは文化の日の連休です。

 

天気を検討した結果、

3日より4日のほうが良さそうだったので、

振替休日の月曜日に

紅葉を撮りに出かけることにしました。

 

月末にどーんと走りますから、今日は控えめに。

情報によると、雲仙で紅葉が見頃だとか。

 

よし。じゃあ仁田峠で紅葉を撮ろう。

流石にそれだけだとあっさりし過ぎなので、

ぐるっと島原半島を東から回り込んで、

島原まゆやまロードを走ります。

 

その後、寄り道をしつつ

国道57でおバイク登山とまいりましょう。

 

グーグル先生は

 

「大体、片道二時間半ぐらいじゃない?」

 

と仰せなので、

撮影後は雲仙で昼飯を食って温泉もいけそうです。

タンクバッグに温泉セットを仕込み、

今日は普段遣いのカバンに

ハクバのケースに入れた

カメラとレンズ一本というスタイルであります。

 

 

ジャケットはインナーも仕込みます。

汗だくになるほどの気温にはならないでしょう。

もし暑さを感じても、

コミネには万能エアベンチレーション機能があるのです。

 

グローブはメッシュをつけて出発しましたが、

タンクバッグには冬用グローブも入れてあります。

海沿いの道から比べて標高が高い雲仙は

3度〜5度違うのですね。

下手すると一桁気温の可能性もなくはない。

昔から言うじゃありませんか。

備えあれば嬉しいな、と。

 

 

 

出発の日。

私は昼飯が遅めなので、

だいたい14時前ぐらいで昼飯になる計算をして、

10時に出発しました。

 

あまり使わないルートながら、

目的地はよく知っている場所。

おバイクで行き先を決め兼ねたときの頼みの綱、

 

「困ったときの仁田峠」です。

 

chuff.hatenablog.com

 

いつもと同じように、

今日も何もおきないはずだったんですけどねぇ。

 

考えればわかることだったんですが、

秋晴れで気持ちがいいツーリングの始まりに

浮かれていた私は思い至りませんでした。

 

 

秋晴れの連休に、

紅葉の名所が見頃を迎えている。

 

今こうして書いて見るだけで

「混んでそうだな」

とわかるんですけどね。

 

後に、経験したことがないレベルの渋滞に

飛び込むことになるとは知らない私は、

昭和町からバイパスで諫早に急いでいた、

といったところで本日はここまで。

それではまた。了

 

 

chuff.hatenablog.com

 

============

 

混みますよね。

当然です。

 

京都とか、この時期殺意わきますものね。

紅葉狩りの前に、人を狩れ!

 

と言いたくなるような風景。

出口が2つもある名神高速

なんで上まで混んでるねん!

しかも、それ、吹田から始まっとるやないカーイ!

 

などと叫ぶ時がある紅葉と桜。

毎年のことですのにねえ。。

まあ、行っちまったものは仕方ない。

 

カシャカシャカシャしたいんですもの。

なるほど、そりゃあの音は人心を狂わせますものねえ。。

 

(何でしょうなあ、あの混み方。みんな、なにやってんのさ?でクリック!)