CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

ビーン・ブーツの不思議な思い出

f:id:gemini-yahata:20171219151756j:plain

 

靴好きな方であれば、

まず名前は知っているはず。

かといって、買うかとなれば、

なんとなくチャンスを逃している靴。

 

最近、女性が雨の日にコーデしているのを見かけます。

そもそもは、長靴代わりのブーツですから、

正しい使い方ですね。可愛いデザインですしね。

 

そんなビーン・ブーツにまつわる、

ちょっと不思議な思い出のお話しです。

 

 

そもそも、シラネーヨな方々はこちらへ。

 

 もしくは、こちらへ。

www.llbean.co.jp

今はバリエーションが増えてますね。

ボア付きとか、断熱素材入りとか。

 

 

 

私が、神戸の居留地にあるLLビーンのお店を、

ウロウロしていたときのことです。

 

中年のカップルが、ブーツを試着していました。

男性は靴に詳しいようで、女性はいろいろ教えられています。

ビーン・ブーツを中心に、あれやこれやと試しておりました。

その風景は、和やかなものでした。

ある男性の店員さんが、そのカップルの質問を受け、

見事なまでの知識を披露していました。

靴好きの私としても、その店員さんの話は、

とても聴きごたえのあるものでした。

 

男 お兄さんもこれ履いてます?

店 ええ、ここ一発の勝負時には!

女 ここ一発って、どんなときですか?

店 こう、あるじゃないですか、焚き火のそばでカッコよく決めたい時。

男 ああ、なるほど。そういうときですね。

女 確かに、そういうための靴ですもんね。

 

こう、話はテンポよく進みます。

スペックの話や、長所短所も、見事に話してくれます。

 

男 お兄さん、ありがとう。お兄さんの話す世界素敵だね。

女 私どうしようかな。おそろいがいいんだけど。

店 何足かハイテクブーツを履かれてから、その後でもいいと思いますよ。

 

いい年をした男女が、「おそろいがいい」と言っている風景は、

何か勘違いしているいやらしさはなく、

おだやかな、笑いに包まれた微笑ましいものでした。

 

女 じゃあ、私はおそろいを我慢して、今回はブーツに慣れることにするわ。

男 この際だから、俺は買っちゃおうかな。

店 こんな会話のある焚き火の風景とか、いいですよね。

女 ここ一発ですね!

男 そういう意味なのかなあ。。

 

どうやら、男性はそのブーツを買い、

女性は別のにしたようです。

私は、その時靴下を見ていたのですが、

二人も靴下のところで立ち止まって、

あれがいい、これがいい、と話し始めたのです。

どうも、女性がここでも「おそろい」を買いたかったようですが、

サイズが切れていて、悩んでいたのです。

他の買い物客も、なんとなく二人の会話を楽しんでいるようでした。

そこで、一人の年配の女性が、二人に声をかけました。

 

年 さっきから、お聞きしていたのですが、楽しそうですね。

男 あっ、これは失礼しました、うるさかったですね。

年 いえいえ、楽しそうな感じで、こちらまで楽しくさせていただきました。

女 いい年してお恥ずかしいです。

年 つい声がけしてしまいましたけれど、そちらの靴下はよいですよ。

女 そうなんですか?こういうの買ったことなくて。

年 もう、何年もその靴下を愛用しています。いいものですよ。

男 なるほど。では、お兄さん、これも一緒にいただきます。

店 ありがとうございます。

年 あの、私もそれいただくわ。なんだか、楽しい気分になっちゃったし。

男 あのう、今日は何かお探しだったんですか?

年 ちょっとしたクレームに来てたんですけど、なんか穏やかな気分になっちゃって。

女 なんだか、すみません。

年 いえいえ。怒って帰るより、買い物して楽しい気分で帰るほうがいいじゃありませんか。

女 全くです。私も嬉しいです。

 

そんな会話が繰り返され、

気づけば私も含め、店員さんもみんな笑顔になっていました。

クレームに対応していた、別の店員さんも、他の買い物客も、

なんとなく、みんな気分が穏やかな気分の「おそろい」になっている、

極自然な風景が、そこにはありました。

 

私も、聞いていて幸せな気分になり、

年配の女性の言葉を信じてみようか、と思いました。

そこで、その靴下を買ったのです。

 

男女は店員に挨拶をし、年配の婦人にも会釈し、

日が暮れかけた冬の街に消えていきました。

 

家に帰り、その靴下を履いてみました。

その方の言われたように、とても気持ち良いもので、

あの御婦人は、本当のことを言ったのだとわかりました。

その時に私を包んでいた、不思議な感覚は、

偶然であったあの二人の風景から、

ずっと伝わっているのだなあ、と思いました。

それは、とてもおだやかな暖かいもので、

あの場にいた全員が、

それを感じていたのだろうと思います。

 

ああいうのを、素直さというのでしょうし、

それを、幸せというのかもしれません。

 

その靴下と、自分のビーン・ブーツを見るたびに、

あの風景が浮かぶのです。

誰かが、誰かに、丁寧に礼儀正しく、

そして穏やかに話しかける。

ただ、それだけの風景が、

こんなにも長い時間、

私を暖かい気持ちで満たしてくれることに、

驚きを感じます。

 

もしそれが、人間というものの、

一つの真実の形なら、

世界が美しくなることは、

実はそんなに難しくないのかもしれません。

 

最近もクリスマスのプレゼントは、

靴下に入ってるんでしょうか?

あの時の、誰かから貰ったプレゼントは、

靴下に入っていました。

 

丁度、今頃の時期だったと思います。

クリスマスの少し前の。

 

(などと、思いにふける私の足元は、今日はレッドウイングのブーツだけれど。さあ、優しさでクリック!)