CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

砂糖ドーンだ! 神戸斎藤珈琲店

f:id:gemini-yahata:20171205181043j:plain

 

今時のケーキというのは、

「軽やかで甘すぎず」とか、

「素材の味を生かしてる」とか、

そういうスカしたの多い気がしません?

 

あのね、甘いものなんですよ。

洋菓子というものは。

ヨーロッパのケーキは、容赦ないですよ。

 

そんな時代の流れに、

真っ向勝負しているケーキ屋さんをご紹介します。

もうね、ここのケーキって、

時代に挑んでる感じがして好きなんですよ。

砂糖ドーンですよ!

脳天直撃する甘さです。

 

でもそれはよく考えたら、美味しいから可能なんですよね。

 

 

場所は、阪急王子公園東口を南に出て、

左側に坂を下ると角にあります。

小さな喫茶エリアもありますけど、飲んだことないです。

 

何年か前までは、工房と小売だけでした。

きっと卸をしているのじゃないかと思います。

ここのモンブランを初めて食べたときは、

ちょっとした衝撃でした。

 

実に男らしい甘さです!

 

もう、お砂糖が堆積して、それ自体がこれでもかと迫ってきます。

季節が寒くなると、私はいそいそとこの店に向かうのです。

栗の風味がどうのとか、

まろやかなクリームがとか、

そんなことを忘れさせる、脳天直下型の甘みの衝撃です。

 

f:id:gemini-yahata:20171205182321j:plain

 

なんと言いましょうか。

生まれて初めて、

テキーラをストレートで飲んだような感じと言いましょうか。

容赦なくやってくる衝撃。

 

いいですね、そういうの。

時々デザインが変わったりするんですよ。

ネットを漁るとありました。

これとか。。

 

f:id:gemini-yahata:20171205182818j:plain

 

これとか、

 

f:id:gemini-yahata:20171205182839j:plain

 

私思うんですが、こういうのは度胸がないと作れませんね。

つい、時代に媚びちゃうじゃないですか。

それが悪いとも思いませんけど、

健康だとかそういうの、一切無視して美味しいものを作るって、

今の時代に、甘いナイフを突き立てているみたいじゃありませんか?

Sweets Factory というのは、このお店の元の名前です。

 

私の知る限り、男らしさが「辛いもの」を指すのは、

多分日本だけだと思います。

甘いものを食べると、じんましんがでるとか、

あれは強迫的な心身症だと思います。

 

だって、アルコールって、

糖質を発酵させてるんですもの。

まあ、人間の思い込みってことですね。

 

甘いものを世界中の人が愛しています。

アメリカにはパイがあり、

f:id:gemini-yahata:20171205184244j:plain

 

東欧にはチョコがあり、

 

f:id:gemini-yahata:20171205184342j:plain

 

フランスにはカヌレがあり、

 

f:id:gemini-yahata:20171205184449j:plain

 

イギリスにはファジがり

 

f:id:gemini-yahata:20171205184517j:plain

 

スペインには、米のプリン

アロス・コン・レーチェがあります。

 

f:id:gemini-yahata:20171205184735j:plain

 それぞれに、甘美な世界を楽しむわけですね。

 

そして、我が国には、

斎藤さんがいるわけです。

 

 

たまにはいいじゃないですか。

カロリーとか、全部忘れてしまいましょう!

 

私、斎藤さんを個人的には存じませんが、

きっと面白い方ではないかと思います。

 

いかがです?

オススメですよ。

脳天直撃するような、甘さの世界。

ダークラムとここのモンブランとかいいかもしれません!

 

(甘ったれてねえで、ガツンと甘いもの食っとけよ!その血糖値でクリックだ!)

 

バカルディ ブラック 750ml

バカルディ ブラック 750ml