CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

青さんの「祭典」

 f:id:gemini-yahata:20170905154159j:plain
「オートバイへの道」を書き続けてくれた青さん。
先日お誕生日でした。
 
おめでとうございます。
 
記念して、カテゴリー新設です。
「 オートバイへの道 免許取得体験記」もこちらにまとめてあります。
その青さんから、自らへのセレブレーション記事が届いております。
 
さあ、いってみましょう!

 =============

 

 
気がつけば38歳。
こんな年でも誕生日は特別な気持ちになります。
 
毎年誕生日に、その一年の活動目標をきめています。
去年の目標は「より早く、より遠くへ」でした。
原二でどこまでもいこう、という目標を立て、
中期目標として「40歳で普自二取得」ということだったのです。
一ヶ月後になんとなく教習所へ行く気になり、
目標達成が繰り上がりました。嬉しい誤算です。 

免許取得はつつがなくすんだものの、
その後をのんびり構えていたら、
次から次にバタバタしてまいりまして、
なかなか車体を入手するには至っておりませんが、
37歳は充実したものになったように思います。 

色っぽい話はまぁね、うん。お察しください。 

例年通り、今期(38歳期)もテーマを決めました。 

「エラン・ヴィタール(生命の飛躍)」 です

小難しい話は私にもわかりませんが、自分なりの理解としては
 
「生命の進化は、そうあろうという意志の力によってなされた」
 
という感じです。 
哲学者アンリ・ベルクソンが唱え、
一時期のフランスを席巻した思想ですが、実に良いですね。 

なせばなる(以下略)というのを、
小洒落た感じにいうと「エラン・ヴィタール」なのだと思います。 

どんなに遅くとも、年内には車体が手に入る。
何を買うかはまだぼんやりですが、何かしらは買う。 
それで、去年のテーマであった「より早く、より遠くへ」を、
原二なんてケチなことを言わないで、400ccでやるんだ、僕は。 
 
去年、テーマを決めた段階では
「原二スクーターを手に入れて、どこか遠出をしてみたい」
だったはずなんですが、随分話が大きくなってきました。大変結構ですね。

「出来るかじゃあない。やるんだ!」
 
こういう暑苦しいスタイルでサンパチをやり過ごしていこうと思います。 

後はそうですね、「男の一人旅」に出かけたい。
なにかしら素敵なバイクで、
ひなびた温泉の地味な旅館を目的地としてみたいものです。

ただし、二人旅になっても良い。
その場合、お嬢さんが相手だとありがたい。
ということは、近場のラブホテルが目的地になることも吝かではない。 

長く行っておりませんねぇ、ラブホテル。
今はなんと呼んでいるんでしょう。
カップルズホテルやらレジャーホテルやら散見できますが、
どうにもしっくり来ません。 

連れ込み宿、というのはいかにも懐古趣味的ですし、
やはりここは「ラブホ」と。
ややもすれば漂うオールド感でありますが、
そのへんは昭和生まれが気にすることではないのです。

呼び方なんてどうでもいいんですね、結局。 

断じて行くぞ、と。強固な意思が結果を左右するのであります。 

書いているうちに力がみなぎってまいりました。
これはうまくいく。行かないはずがない。 

フランスを席巻したエラン・ヴィタールが、
第一次世界大戦でどんな効果を発揮したのか。 

ソンムの戦いの結果を考えると、
新しい一年で起きる出来事が何か空恐ろしい今日の佳き日でありました。
 
 
============
今も「ラブホ」じゃないですかねえ。。
バイクでラブホってのも、粋なもんです。
 
それこそまさに、
エラン・ヴィタール!生命の跳躍!
 
(最近はなんて言うのが主流なんですか?教えてエロい人!そこでクリック!)

 

愛の空間 (角川選書)

愛の空間 (角川選書)

 

 

 

パンツが見える。―羞恥心の現代史 (朝日選書)

パンツが見える。―羞恥心の現代史 (朝日選書)