CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

うらら旅その11 青さんのオートバイへの道

f:id:gemini-yahata:20180311205209j:plain

冒険とは、未知なるものへの探求です。

山の中で、小道を降りてゆく決心をした青さん。

chuff.hatenablog.com

 

いいじゃないですか。

こういう冒険は、男の魂を揺さぶるのです。

ヨシムラサウンドを響かせましょう!

 

ではさっそく。

 

 

=========

思い切って曲がり、

畑に挟まれた

頼りなげな道路を降りていくと、

ちょっと広めの道路に

ぶつかって右折。コレでそのうち海に… 

f:id:gemini-yahata:20180321171832p:plain

 

今調べたら、

曲がった道は広域農道

だったようですね。

地図的に言うと、まだまだ下る必要がありました。 


いったん降りたはずなのに、

再び徐々に徐々に登っていく道路。 


すぐにしまったと思いましたが、

いかんともしがたく。

 

やっぱり走りやすい山道なんですよねぇ。

すっごく気持ちいいんですよ、実際。

ちょっとコーナーで

倒してみたりして遊んでいるうちに、

いよいよ周りが全部山になってしまいました。 

 

f:id:gemini-yahata:20180320133027j:plain


流石に拙い。さて、どうする。。 


ゾワゾワとしたものが

背筋を行ったり来たりしだした頃、

目に飛び込んできた

日野江城跡」の標識と下り坂。 



気づいたときには下り始めておりました。 

酷道っぽい道を降りていくと、

右側に日野江城跡の看板が。 

f:id:gemini-yahata:20180320133512j:plain

 

へぇ、、と

頷いてそのまま降り続けます。 


やがて、勾配はなくなり、

期待通りの起伏のない道路になりました。 


畑の中をどんどん走っていくと、

丁字路にぶつかりました。

そこには待望の

 

「→口之津」の表記が。 

ああ、そうか。忘れてました。

わたし、そう言えば

 

日野江城跡を見物したかったんだ!

きっとそうだ!

 

バイクで走りながら。 

迷ったんじゃないんです。

あの恐い山道を

走りたかっただけなんです。 

 

いくらなんでも無理がある言い訳で

自分を納得させて、

走る予定の道へ復帰できました。

しばらく走ると原城跡。

寄ろうかと思いましたが、

なぜか余裕があったはずの時間が

ギリギリになっておりますので

、遠望して通過。

f:id:gemini-yahata:20180320134003j:plain

しかし、外からざっと見ただけですが、

ここに立てこもられたら

攻めあぐねるだろうな、

というのはなんとなくわかりました。 


口之津を通過。

天草へのフェリーが出る港です。 

島原半島は、

熊本県と海路で繋がる場所なので、

フェリーに乗る練習で

再び来ることがあると思いますねぇ。

 

夏の阿蘇か…涎が止まりませんなぁ! 


左に見えている海が、

有明海から橘湾に変わると、

海がすぐそこまで近づいてきます。 

次々にあらわれるのはロックシェッド。

f:id:gemini-yahata:20180320134313j:plain

トンネルとはまた違った味わいがあり、

全行程でここが一番印象に残る道路でした。 


よく晴れた午後だったので、

シェッドの柱と柱の間に光が入り、

路面が光と影で

ピアノの鍵盤のようになっておりました。

ニヤけるじゃあないか、

こんな雰囲気の良い道路を走っているとさ。 

いくつも続くシェッドを走り抜けると、

やがて遠くに湯けむりが。

 

小浜はすぐそこであります。 

 

============

 

この「大河」のようなツーリングも

実は「日帰り」だったと

諸兄はお忘れではないでしょうか?

 

人間の精神が体験する世界は、

意識するよりも広大で、

深いものです。

それを言語化できる人と、

忘却の穴に投げ入れる人と、

いるわけではありますが。。

 

大体ですねえ、道に迷うなんてのは、

我が国では大したことないんです。

でもねえ、逆にそれ故に、

迷ってしまうと、パニックになりますねえ。

なんでしょうねえ、あれ。

覆いかぶさってくる山。

人間に出会わない、奇妙な不安。

 

ライダーはね、

それにも一人で立ち向かうのです。

 

だって、ほら、

青さん、

ライダーだから!

 

小浜まで来たのですね。

青さんは温泉に入れたのでしょうか。

 

(本当に青さんは、ライダーになってきましたね!なんか嬉しいな。応援でクリック!)

 

島原の乱とキリシタン (敗者の日本史)

島原の乱とキリシタン (敗者の日本史)

 
街道をゆく〈17〉島原・天草の諸道 (朝日文庫)

街道をゆく〈17〉島原・天草の諸道 (朝日文庫)

 
歴史を読みなおす 15 城と合戦 長篠の戦いと島原の乱