CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

バックギヤはねえんだよ!隙きあらば走る青さん3

f:id:gemini-yahata:20190710095815j:plain

順調に梅雨の晴れ間を走る青さん。

空は青く、風涼しく。

停まれば暑く、エンジン熱く。

まさに夏。

 

chuff.hatenablog.com

 

いいかげん地図持ちましょうよ。

ねえ、青さん。

 

ではさっそく!

 

 

==========


伊万里から北上。

玄海原子力発電所を目指して

海沿いを走っていけば、

途中に「浜野浦の棚田」はあります。

 

www.town.genkai.lg.jp

 

道脇に立っていた

「恋人たちの聖地」

という看板を覚えていますが、

どうやらそこが浜野浦の棚田だそうです。 

 

そう考えると、

やはり前回はリサーチ不足でした。

ルート上の面白い場所は、

やはり探しきれませんな。

 

再訪の理由になるので、

目の荒いリサーチは

きっと良いこと

なのだとは思うのですが。 

 

左折して少し走ると海、

名村造船所が見えました。 

海を挟んで造船所が見えると、

なぜかしら地元にいるような気分になります。

海が見える風景というのは

どういうものでも好きなのですが、

巨大なクレーンが見えるとやはり、格別であります。 

 

去年の四月に見た景色ですが、

走っていれば思い出すものですね。

少し懐かしさを覚えながら、

道なりに走っていきます。 

 

 

 

その分岐は、竹木場小学校がある交差点。 

ここまで走ってきた国道204を、

道なりに進もうと思うと

「左折」しなければなりません。 

 

道の構造的に道なり「のように見える」直進は、

そこから始まる佐賀県道33号線であります。

そのまま走ると唐津です。

から、前回は当然曲がっております。 

www.google.com

しかし今回、気分に任せて

浜野浦の棚田を目指しておりますから、

事前に地図を頭に入れておりません。 

 

するーっとそのまま直進。

このときの私は知りませんが

この瞬間、道路行政に身を任せる

ツーリングがスタートしたのであります。 

 

曲がるべき場所を曲がらずに

直進しましたが、次に出てきた

青い看板の表示でさっそく

異変に気づきました。 

 

↑ 唐津市街、

← 波戸岬呼子

→ 福岡・佐賀

 

細い道はわかりませんが、

大まかな地図は頭に入っておりますから、

北を目指しているはずの自分が、

なぜだか東を

目指しているらしいことがわかりました。 

 

コレはいかん。

さっそく修正、

左折して県道340で北上します。 

 

いま、その時に走ったルートを

グーグルマップで確認しながら

これを書いておりますが、

なるほど、合点がいきました。 

 

時々、木々の切れ間から

「右側に」海が見えていたんですよね。

北に向かっていることは、

時々出てくる道路看板に

呼子」と

出ておりましたから確信しておりました。 

 

しかし、浜野浦の棚田は

左側に見えてくるはずです。

つまり、海が見える方向が逆なんですね。 

 

ちょっと不安です。

 

どうやら、直接目的地に

つくことは諦めたほうがいいらしい。 

 

 

流されて… HDリマスター版 [DVD]

流されて… HDリマスター版 [DVD]

 

 

知っている道に復帰するために、

このへんで目指すべき場所は…名護屋だな。 

 

波戸岬を目指して走れば、

途中に名護屋城跡があります。

そこまで行けば、

知っている道になるはずです。 

 

海沿いを走るツーリングだと

思っていましたが、延々と山の中です。

ずっと田んぼ、そして畑。 

 

見知らぬ道ですが、

止まらずに走り続けられるのは大いに結構。

暑くなってきましたので、

何しろ止まってはいけません。 

 

とは言うものの一息入れたい。

どこか知っている場所に出れば、

心に余裕が出てくるんですが… 

 

いくつかの交差点を過ぎ、

いくつかの信号を越えた先に

伊達政宗陣跡」という信号が見えました。 

 

お?

コレは見覚えがあるぞ? 

 

道路看板に従い左折、

しばらく走ると橋がありました。

ああ、この橋は覚えている。

前回は確か、

向こうからこっちに渡った橋です。 

 

橋の向こうには道の駅桃山天下市。

現在地がはっきりわかりました。

ああ、疲れた。 

立ち寄ってバイクを降り、

一息入れます。

夏の日差しが降り注いでいた空は、

緊張から開放されて見上げると

雲が一面に。

 

しかも、色が

なんとも気に入りません。

黒みがかっているなぁ。。 

 

トイレを済ませ、再び出発。 

想定とは逆からになりましたが、

いよいよ浜野浦の棚田はすぐそこです。 

chuff.hatenablog.com

============

 

f:id:gemini-yahata:20190710102523p:plain

なんか、すごい距離の話みたいですけど

この小さな半島の中の話ですよ!

 

つまり、距離は問題ではないということですね。

その人の精神の飛翔の状態が旅なのです。

 

でも。。

なんでこの距離で迷うんでしょうなあ、、

謎の旅は続きます。

 

(遭難って、案外短い距離だって言うしね!地図は要りますよ!でクリック!)

 

スーパーマップル B5判 九州 道路地図 (ドライブ 地図 | マップル)

スーパーマップル B5判 九州 道路地図 (ドライブ 地図 | マップル)

 
GIGAマップル でっか字九州沖縄道路地図

GIGAマップル でっか字九州沖縄道路地図

 
九州 全図 (地図) ポスター

九州 全図 (地図) ポスター