CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

青さんの「建築について」

f:id:gemini-yahata:20171024120156j:plain

男、昼寝から覚めたらオートバイに乗りたくなった。

そんな青さん。

chuff.hatenablog.com

 

先日のコルビュジェの話に、

chuff.hatenablog.com

思うところがあったようです。

久しぶりの、青さん節をどうぞ。

 

========== 

 

賛否両論。

だいたいなんでもそうなので、

なにを論じるにしても堂々としているべきです。

今回は私もそうしてみましょう。 

今回のテーマは建築。

色々ありますね、ロイド・ライトとか。 

ぱっと思い浮かぶのは、

なにかほら、家の下をを川が流れている的なアレです。

f:id:gemini-yahata:20171024114453j:plain

川床みてえな家だな、と思ったので覚えていました。 

正直、私にはよくわかりません。

維持費が高そうだな、というぐらいです、感想は。 

私の好みはぐわっと来て、

はっとするような。

そんな威圧感のある建物が好きです。 

日本のお城はいいですね。

ほとんどコンクリート製でも、別に良いと思うんですよ。

脆弱な木造城塞より、

近代工法をふんだんに使った天守閣の方が、

製作者の目的に近いようにも思います。 

戦争用ですからね、基本的には。


今となってはお城を建てる訳にはいきません。

構造がいくらなんでも、

今の生活や使用に向かないですからね。 


だったらどうする? 

その答えは、昭和初期にありました。 

「帝冠様式」 です!

ハリウッドの人間の脳内にだけ存在する、

ファンタスティックジャパンの摩天楼は、

きっとこんなふうだろうな、と。

 

ビルディングを普通に作って、そこに屋根を。

和風な瓦屋根をドスン、と乗せるわけです。 

愛知県庁舎や

f:id:gemini-yahata:20171024115049j:plain

九段会館

f:id:gemini-yahata:20171024115133j:plain

有名でありますな。

写真だけでも一度ご覧いただきたいのです。 


やたら格好いい。

私はこういうのが大好きです。 

なんでしょうね、不思議な調和であります。 

帝冠様式を私が愛する理由は、

屋根の意味が

「格好いいから」

以外に見当たらない点であります。 

だって、ビルですよ。

一般的な住宅における瓦屋根が果たす、

重要な役割である通気とかは関係ない。

寧ろ、屋根を載せた分だけ重量が無駄にかかるわけです。 


帝冠様式の屋根は、構造の強度的に無くていい。 

むしろ無い方がいい。 
だがある。 

なぜだ。 

格好いいからです。 


いま、何が出来てもどんどん潰れていく

オランダ村跡地」に必要なのは、

オランダ感ではないと思います。

 

必要なのは帝冠です。

 
それでどうやって金を生み出したらいいのか、

さっぱりわかりませんが、

なにしろ人はきますよ、見物に。 


和洋折衷のヌエ、帝冠様式。 


私が本社ビルを建てる立場になったなら、

絢爛豪華な帝冠様式にします。 

何の本社なのかは今のところもこれからも、

おそらく詳らかになることはないでしょうが、

 

絶対にそうします。 

ストリートビューで見るだけでもうっとりできる愛知県庁舎。 

いまどき誰に頼んだらいいんでしょうねぇ、図面引きは。 


事業よりも先に本社ビルの設計に頭を悩ませる、

妄想おじさんでありました。

===========

 

帝冠。。

確かにカッコいいです。

 

そうか、やはりカッコいいってのは大事だな。

逆に言うと、かっこ悪いってのは、最悪だな。

 

機能的だとかね、そういうのは発想が貧しいんです。

無意味にカッコいい!

 

これですね!

 

(あー、またそんな大人げないこと言ってる。でも今回は青さんですよ!そこでクリック!)

 

ファインモールド 1/500 オトナの社会科見学シリーズ 愛知県庁本庁舎 プラモデル SE3

ファインモールド 1/500 オトナの社会科見学シリーズ 愛知県庁本庁舎 プラモデル SE3

 
自然の家 (ちくま学芸文庫)

自然の家 (ちくま学芸文庫)

 
→Pia-no-jaC← LIVE@九段会館~Jumpin’→JAC←Flash Tour~

→Pia-no-jaC← LIVE@九段会館~Jumpin’→JAC←Flash Tour~