CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

初めて買った茶器の事 

f:id:gemini-yahata:20170707122801j:plain

 

どうです、この碧。

いいと思いません?

 

底のほうが、お抹茶で少し緑に変色しているところが、

これまたいいでしょう?

 

なに、お分かりにならない?

 

では、この茶器を手に入れた経緯と、

そこから学んだことを、お教えしましょう。

 

あれは、20年ほど昔のことですね。

友人と信州から飛騨にかけて、オートバイでツーリングしていたんです。

 

ちょいと休憩タイムを取った場所の向かいに、この窯元の販売店があったんです。

小糸焼といわれる陶器です。

 

ちなみに陶器と磁器は、別物です。

陶磁器、というのは、間違いですね。

 

お茶を点てるのには、多少の心得はありましたが、

茶器に手を出そうとは思っていませんでした。

ですから、その店に入ったのは、ほんの好奇心でしたね。

 

すぐ目に止まったんですよ、これが

f:id:gemini-yahata:20170707124336j:plain

こんなアングルで。

 

手に取ると、こんなアングル

f:id:gemini-yahata:20170707124413j:plain

 

 

わけもなく、「ほしい!」と思ったわけです。

オートバイなのにね。

確実に割れますよ。

 

その店の女将と話をしていて、ご子息もオートバイに乗っているらしい。

話しが弾み、会話も盛り上がってきます。

別便で送ってもくれるという。

 

お値段は3万円だったと思います。

買えないこともない。。

 

当然値切ったわけです。

女将は、あっさりと2万五千円にしてくれて、送料もタダでした。

その時は嬉しかったですねえ。

と、同時に、「カモられたかな?」とも思ったのです。

 

そして本格的な蓋箱に入って届きました。

f:id:gemini-yahata:20170707125113j:plain

女将からのお手紙が同封されておりました。

遠くにお住みの息子さんに、その日電話してみたとか書かれていましてね。

とても丁寧な、美しい文でした。

 

この時、私、なんだか恥ずかしくなりましてね。

焼き物ってのは、夢を買ってるわけです。

売買のプロ以外は、安く買えば良いってものじゃないんです。

 

転売すればいくらになるとか。

作者が有名かどうかとか。

鑑定団に出せばどうのとか。

 

そういうのは、骨董屋相手にやればいいのです。

いずれ、骨董の世界の仕組みについても、書くと思います。

かなり、辛い目にも逢いましたしね。。。

 

まあ、それはそれとして。

 

茶器とかね、5千円まけてもらえば、5千円分夢が減るんです。

いいじゃないですか、ポンと払ってあげれば。

もったいないなら、そもそも買わなきゃいいんです。

 

向こうも商売ですから、ふっかけてきているのかもしれません。

でもいいんです。

こういうのは、高いか安いかではなく、

お財布能力として、

買える値段か、買えない値段か、なのです。

欲しいのですから!

 

なんでもね、CPとか言ってちゃダメです。

それは恥ずかしいことですよ。

 

それ以来、こう言う様になりました。

「買う気なので、買えそうな値段を一発で言って下さい!」と。

 

どうです、値切りじゃないですよ。

夢も減りませんよ。

一発勝負です。

 

返事は、

 

「買った!」

「やめた!」

 

の二つに一つです。

 

夢ありますよ。

いや、ぎりぎり残りますよ。

こう言う狡さって、大人の嫌らしさとも言うのですが。。

 

戦国時代のゲームやってんなら、武将たちが愛したお茶の世界に行きましょうよ。

歴史ブームなんでしょ、今?こういうとこまでおやりなさいよ。

茶碗一つと、一国を秤にかけるとか、いいじゃないですか。

茶釜被って爆死とか、最高じゃないですか。

ヒリヒリして下さいよ、お若いの。

 

道楽なんてのはね、そういう事も含めてやるものだと思いますよ。

いい夢見なきゃね。

 

(夢かぁ、と思ったそこのアナタ!夢を持って勢いでクリック!)

 

北川半兵衛商店 抹茶 初昔 40g

北川半兵衛商店 抹茶 初昔 40g

 

 

 

飛騨 小糸焼窯元 ぐいのみ(桐箱入り)

飛騨 小糸焼窯元 ぐいのみ(桐箱入り)