CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

ブリット ただただ、男の匂いで満ちている

f:id:gemini-yahata:20170704181329j:plain

お題「何回も見た映画」

 

これは、スティーブ・マックイーンの最高傑作だと思う。

パピヨン」とジャッジが難しいところだけれど。

 

 

パピヨン [Blu-ray]

パピヨン [Blu-ray]

 

 ストーリーでは、パピヨンの圧勝だし、

ラストシーンのダスティン・ホフマンとの抱擁のシーンは、

胸に迫るものがある。

 

しかし、私としては、ブリットだな。

この中で、タートルにジャケットをあわせている着こなしがある。

f:id:gemini-yahata:20170704181625j:plain

今となっては当たり前のコーデだが、

実はこの映画での描写が、世界初ではないかと言われている。

実際にはもう少し前の資料で、ヨーロッパでも行われていたようだが、

世界的に広めたのは、間違いなくスティーブ・マックイーンだろうね。

 

トーリーは、なんということはない。

そんなものより、相手役のジャクリーン・ビセットの美しさ。

それを雑にしか扱えない孤独な刑事。

 

どこまでいっても、孤独でしか無い世界。

 

スティーブ・マックイーン自身が、少年院あがりであり、

これといって売りのない男である。

決して男前ではない。

グレた猿みたいな顔だ。

その彼は、実際のストリートでの経験と、考えることにより、

本当のタフさを画面に溢れ出させている。

 

名シーンと言われるカーチェイスも、どうということはない。

しかし、ここに描かれている世界。

その中でのワンシーンごとに、しびれる何かがある。

 

常に世の中は、いつの時代でも冷たく、

生きてゆくには、それ相応の代償を求められる。

 

それを、冷たく、暗く、遠慮なしにカッコよく描いている。

凡庸な表現だけれど、そこには男の匂いが満ちている。

 

「イケてるかっこしたいんすよ」

「イケメンでないと」

「どうせおれなんか」

 

もうね、みんな、この映画観て、出直しなさい。

バラクーダのニットローブを、部屋着にしてから言いなさい。

ステンカラーのコートを、こう着てからモノを言いなさい。

サンドイッチとミルクの朝食を、徹夜明けでかっこ良く食べなさい!

 

女性の方には、どうでしょうねえ。

退屈かもしれませんよ。

 

まあ、世の男ってのは、殆どが退屈な生き物ですからね。

 

でも、魅入られてしまったとしたら。

コートの襟の立て方一つにも、男は気を使うべきだと、

周囲の男性を冷たい目で観て、叱ってあげて下さい。

 

(グッと来てしまったら、もう引き返せません。そこでクリック!)

 

ブリット スペシャル・エディション [DVD]

ブリット スペシャル・エディション [DVD]

 
弾丸さえあれば

弾丸さえあれば

 

 

 

広告を非表示にする