CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

夏は、玉露で行こう!

f:id:gemini-yahata:20170611215945j:plain

夏と言えば、

まあ普通は麦茶ですが、

チャフでは玉露推します。

 

しかも、とびきりいい玉露

 

 

ってことは、

お値段もお高いのです。

この写真のお茶は、

私の家の玉露で、

90gなんと5400円!

 

放香堂の鳳齢というお茶です。

(ちなみに、これはアフィじゃないです。ただただ好きなお店ってだけです)

 

 

ねっ、けっこうしびれるお値段じゃないですか!

 

 

でも、ここでひるんではいけません!

チャフでは「考える」がモットーですので、

単価計算してみようと思います。

 

放香堂さんのサイトでは、

「240gの湯呑み三杯に対して10g」

という、すごく分かり辛い表記です。

 

 

これを計算式で表すと

240cc×3cup=720cc ですから、一袋90gの表記ですので

720cc×9=6480cc となります。

 

一応6.5リットルと考えた時、500ccのペットボトルで13本。

5400円÷13=約415円

 

コンビニの約3倍ですね。

 

うわっ、高いなこれ。。。

 

 

しかしですね、これには書かれていないトリックがあるのです。

 

別の回で話そうと思いますが、

実はこのクラスの茶葉は、

三回同じ葉で飲めるというか、

飲むべきなのです。

 

となると。。

 

415円÷3=約138円

6.5リットル×3=19.5リットル.

まあ、水増しして20リットルなわけです。

 

どうです!コスト的には

 

これと同じくらいになります。

 

[2CS]サントリー 緑茶 伊右衛門 (2Lペットボトル×6本)×2箱 お茶

[2CS]サントリー 緑茶 伊右衛門 (2Lペットボトル×6本)×2箱 お茶

 

 

 

まあ、実はとんでもなく高くはない、

ということを言いたかったんですけれども。

 

でも、玉露で問題になるのは、

値段よりむしろ手間

そして技術が必要、ということではないでしょうか。

 

これもまた詳しく書くとして、

その面倒臭さも、

値段を思い返せば、

案外がんばれるものです。

 

なにしろ、5400円ですからね!

なにしろ、20リットル飲むわけですしね。。

こういうのお持ちの方は、水出しでびっくりする美味しさになりますよ

 

寝る前に、水道水でいいので、茶葉を入れて冷蔵庫でおいておくだけです。

 

毎朝、強烈な感動がありますよ。

 

 

 

                               (つづく)

 

 (そっと、あちこちクリックいただけたら、光栄です)