CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

ガヤさんのグァテマラをカリタで低温抽出してみるザンス

f:id:gemini-yahata:20190922085452j:plain

コーノ式ドリップ低温では大絶賛。

カリタ式ドリップ高温では大不評。

ひどい話ザンスねえ。。

ガヤさんガヤ (id:mishimasaiko) から貰っておきながら

ひどい言いよう!

 

ガヤさんのグァテマラ頂戴いたします。コーノでドリップ - CHUFF!! チャフで行こうよ。

ガヤさんのグァテマラをカリタで高温ドリップ - CHUFF!! チャフで行こうよ。

 

同じ豆なのに、この違いは何?

ならば、カリタの低温で抽出してみるザンスね。

あっ、ガヤさんってこんな人ね。

www.makifuyu.com

ドリップの差で、こんなに違う繊細な世界。

珈琲の修羅にようこそ。

 

 

ワタイもねえ、ちょっと驚きだったザンスな。

それくらい違うわけザンス。

 

で、今回はカリタで低温と。

 

 

カリタもコーノも、いい器具ザンス。

相性の話なんだと思うザンスな。

 

で、お湯を沸かせて冷まします。

あちこちに移して、陽気を温めつつ

温度を調整。

 

 

f:id:gemini-yahata:20190925175946p:plain

 

出来上がった頃ザンスな。

湯気から察するに80度前後。

 

f:id:gemini-yahata:20190925175950j:plain

 

やはり。

フフフ。

 

なにわろとんねん?

 

ええ、面倒くさい

ことやってるのは

百も承知!

 

蒸らしている間に、80度割るザンスな。

 

f:id:gemini-yahata:20190925175935j:plain

 

ふむ。

高温時と比べても、引けを取らない膨らみ。

悪くないザンスよね。

ガヤさん、やる〜!

 

f:id:gemini-yahata:20190925175922j:plain

 

やはり!

 

では、ドリップ開始!

 

f:id:gemini-yahata:20190925175939j:plain

 

香りは淡白で、アロマとは呼べないザンスけど

落ち着いた甘いカラメルの風味。

 

色も赤いザンスなあ。

 

f:id:gemini-yahata:20190925175930j:plain

 

カップに入れると、これまた黒く。

 

f:id:gemini-yahata:20190925175933j:plain

 

少なくなった液を光にかざすと

きれいなカラメル色。

 

f:id:gemini-yahata:20190925175926j:plain

 

ふむ。

期待できるんじゃあなかろうかザンス!

 

 

では時系列に沿って、例のごとく。

 

① 甘い香り。歯茎に来る甘さ。

② 薄く酸味が出てくる。

③ 邪魔をするほどではないけれど、軽い渋み。

④ 全体に均一化された変化のない味。

⑤ 甘さが消え、渋みが軽く舌の裏に残る。

⑥ カップの底にいたると、再び酸味。

 

介錯的結論ザンスけど。。

 

難しいねえ。。

 

なんというか、ベーメ倫理学をやったときみたい。

 

アウローラ―明け初める東天の紅 (ドイツ神秘主義叢書)

アウローラ―明け初める東天の紅 (ドイツ神秘主義叢書)

 

 

なに言ってるかわかんないでしょ?

ワタイも詳しく覚えてないので、

そこ気にしないでください。

ベーメは元は靴職人で、ちょっとぶっちぎれた人。

理解はそれで十分です。

 

ってくらい難しい!

 

しばらく考え込んだのですけど、

これは介錯すべきことじゃないザンスよね。

そう結論づけましたでゴンス。

 

なにをして「良い豆」といえるのか、

これは謎ザンス。

でも、大事な一杯は

いろいろ試してみたほうが良いと思ったザンスな。

基本は低温で。

熱いお湯のほうが、抽出は難しいザンスよ。

低温で丁寧に。

常に急がず、ポットが冷めるほうが早いくらいに。

 

ワタイは飲む方専門ザンスけど

焙煎している人は、もっと辛い世界ザンスよねえ。。

なんで、ワタイはやらなかったのザンスかねえ。。

 

 

それは、辛いからに決まっておるザンス!

 

(数値をはじき出すのに、勘ほど嘘つき!なので確認クリック!)