CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

焚き火の男 その4

f:id:gemini-yahata:20170610111011p:plain

さて、男二人の更けゆく夜はどうなるのでしょう。

しかし、男は焚き火について新しい境地にたどり着いたようです。

では、どうぞ。

 

 

=======================

 

野外における焚火の炎は、その形を一定に保てない。

時に激しく、時にやさしく、華麗に変化する。ほんのわずかな空気の流れにも敏感に反応してゆらゆらと揺れる。それは妖しいと呼んでいいくらいの魅力を持つ。

それがどういう効果を持つかは分からない。

しかし、そこにある空気を、性別で表現するなら、オレの目の前で揺れているこの炎は間違いなく女だ。それもこの世のものではない、美しさと力強さを内に秘めた、夢想の女だ。

 

どうやらこの女の前では、男のつまらない意地とか見栄は、いとも簡単に崩れ去ってしまうようだ。

心が素直になると同時に、奇妙な不安が浮かんでくるが、それもなぜか心地よい。それが更なる揺らぎにとなって、炎から目をそらせなくなる。

 

火について、改めて考えてしまうオレがいる

 

 

                            (つづく)
=======================

 

なんでしょう、この流れ。

これが「揺らぎ」の世界なのかもしれません。

次回、焚き火の男、一旦最終回です。

 

できれば、あちこちクリックしていただけると助かります。。