CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

オクラ茶というものがあるらしい

f:id:gemini-yahata:20190129131259j:plain

 信号待ちというのは、実に楽しい。

人々は、不思議な会話をしている。

それを、二度と会うこともないのに

偶然耳にできるのだ。

例えばこれ。

chuff.hatenablog.com

私の頭をひっくり返しても

このフレーズは出てこない。

 

「カツカレーのように恋したい」

 

そのようなことが、

また先日起きたのでした。

それが「オクラ茶でバリバリやで」

オクラ?お茶?

 

 

その時、私は神戸ロフトに用事があった。

買い物を済ませ、信号が青に変わるのを

普通に待っておったのだな。

 

その私の後ろで

若い元気のいい会話が

自然と入ってきたのであるよ。

 

「自分、オクラ飲んでる?」

「苦手やねん。オクラ」

「お茶やから問題ないで」

「今は、オクラらしいな」

 

 

オクラ?

あのオクラ?

 

ノースイ)簡単菜園オクラ 500g

ノースイ)簡単菜園オクラ 500g

 

 

言っておくが、聞き耳をたてたわけではない。

彼女たちの声が、若く明瞭なのである。

 

もっと言えば、

 

かましいのだ!

 

聞くなという方が無理なボリューム。

しかも、オクラが時代と言っている。

これは何なのだ?

最近、オクラなのか?

しかも、お茶?

 

「で、どうなん?オクラは」

「あのヌルヌルのせいやと思うんやけどな」

「出るか?」

「バリバリ出るで!」

 

【第2類医薬品】コーラックII 120錠

【第2類医薬品】コーラックII 120錠

 

 

どう聞いても、お通じの話であろう。

昼日中の交差点。

すごい人混みだが、まあいいだろう。

それより関心は、「お茶」ということだ。

 

「ご飯でもええし、お酒割ってもええし」

「ああ、そうか、それでも使えるか!」

 

そんなことより、「お茶」はどう作るのだ?

もうすぐ信号が

青になってしまうではないか!

振り返り、そこを問い詰めたいのだが

そうすると、若い娘さんの話を

盗み聞きしている変はおっさんではないか?

事実そうなのだが、真実ではない。

 

なにしろやかましいのだ!

で、お茶だ、お茶!

 

「それ、どうやって作るん?」

 

おお、待ってたぜ、そこだ!

 

「麦茶の容器に、オクラ入れて一晩そのままやな」

 

えっ、それだけ?

それで出るのか?

 

「おー、簡単やん。ええなそれ」

「でもね、問題があるねん」

 

もう、青じゃねえか。

車は停まったぞ。

急げ、お嬢さん!

 

自由からの逃走 新版

自由からの逃走 新版

 

 

「大量に残るオクラのカスがな」

「ああ、残るわな」

 

動き始める民衆。

続く私。

彼女たちも渡り始める。

適切な距離を測りながら、

横断歩道を渡りながら聞く。

 

「そんなに、オクラ食えんで」

「ほんまや!」

 

オクラぐらい食え!

食ったらええじゃないか!

 

「でな、オクラの秘密があんねん」

「オチがあったかw?」

「実はな」

 

そこに鳴り響く救急車のサイレン。

二人は会話をやめ、音の方を向く。

私も向きながらお嬢さんを

たまたま視界に入れる。

 

いわゆる「恵体」。

しかも、かなり度の過ぎた

控えめに言って「恵体」な二人。

 

そりゃあ、その体が楽器なんだな、

と納得できる恰幅の良さ。

 

気になるオクラと

気にならなくなるお嬢さんたち。

 

信号を渡り終え

私は左に、彼女らは右に。

もう出会うことはないだろう。

元気でなお嬢さんたち。

 

んで、オチは何だったのさ!?

 

(もう二度と聞くことはできない。チャンスは一度。それが人生だ!でクリック!)