CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

岩屋山2021の2 青さんの撮影登山

f:id:gemini-yahata:20210521130526j:plain

今週のお題「雨の日の過ごし方」

梅雨空続く日は何をしましょう?

そう言うときはね、このブログのバカバカしさを堪能してください。

いい年した複数のおじさんたちがね、バカなことをし続けておるのです。

 

でね、長崎の岩屋山にも登ったんです。

長崎のお豆腐屋さんの青さんが。

 

chuff.hatenablog.com

 

 

なぜ山に登るかって?

ハハハ。

あなたバカなんですか?

 

山があるからに決まっておりますヒラリー!

 
人生は不条理でよいのです。
 
前回の続きを。
 
ではさっそく!
 

 

 ==================
 
岩屋神社から上っていくルート。
 
結局一番の難所は頂上直前の300メートルだけです。
まして、小江原ルートは本当にあっというまに
その「頂上直前300メートル」に合流します。
疲れることはまず無いと思います。
体力に自身がないけど岩屋山に上ってみたいというあなたには、、
これかなあ。

 

 

ちなみに冗談ですよ(念の為)。

 
 
まぁ、休み休みで上がっていけば
なんとかなると思うので、
ぜひ小江原から挑戦してみてください。
 

岩屋山を上っていて思うのは、
どのルートであれどのポイントであれ、
本当によく似た風景が延々と続きます。
天然みたいなもので…
 
誰でも三国志が好きだと思っていると痛い目を見ますね。


迷路。
そう、まさにこの山は迷路みたいなものです。
だから、標高がさほど高くなくても遭難しちゃう。
なので、計画したとおりに上って降りるべきであり、
絶対にルートは外れてはいけません。

道々、ヒメシャガを探しておりましたが
これがまったくない。
一輪も見つけることが出来ません。
 
いやはや、、今年の気候の運行は凄まじいことであります。

途中、ポッカリと開けた場所に東屋が。
休憩ポイントなのでしょう。

 

f:id:gemini-yahata:20210520231523j:plain


ストリートビューで確認すると、屋根付きではありません。
比較的新しい建造物のようです。
 

この奥に電波塔が作られておりますので、
その建設のついでに整備されたのだろうと推測されます。
ヒメシャガは見当たりませんが、
アザミは花盛り。
思わず出る鼻歌で、ちょっとしんみりした気分になります。
 
 
日差しを受けて揺れているアザミに、
蜂や蝶が群がっておりました。
他に花のない時期に、存分に主役を張っているわけですから
そこまでいじけなくてもねぇ。

 

f:id:gemini-yahata:20210520231534j:plain

 
整備された電波塔の規模を考えると、
本当に近くまで重機が入っていたことに疑いはない。
その為ものすごく歩きやすい道でした。
針葉樹林が初夏の陽気を受けて、
爽やかな香りを満たしている道を進むと300メートルとの合流。
 

f:id:gemini-yahata:20210520231552j:plain

f:id:gemini-yahata:20210520231556j:plain


ここからは、さほど難しくない岩屋山「岩屋神社ルート」の最大の難所です。
 
一段が大きい雑な階段を、これでもかな斜度で上がっていきます。
去年はここを、測量くん(GITZO三脚)を担いで上ったのはいい思い出です。
結果的に、この上に三脚を使って
撮る対象がないことがわかるまでがセットのいい思い出でした。

 

chuff.hatenablog.com

 

 去年は流石に一息で登りきれず、
途中で一休みして一枚撮っていますが、

 

f:id:gemini-yahata:20210520231615j:plain

重量7キロの三脚は、登山に不向きです

今回はゆっくりながらスルスルと登ることが出来ました。
重い荷が少ないということは、本当に良いことですね。

去年は行き場のない人々で賑わっていた岩屋山頂。
今年はどうでしょうか。

一応、連休の間の平日を狙ってきましたが、、お。

10人ぐらいのシニアグループが、
ちょうど降りるタイミングでした。
 
その後にはただ、風が吹いているだけ。
いつもの風景なのですが、去年の混雑を思うと隔世の感があります。

もう、暇だから山に登るみたいな、
まどろっこしいことはしないんでしょうねぇ。。

 

f:id:gemini-yahata:20210520231718j:plain

f:id:gemini-yahata:20210520231721j:plain

f:id:gemini-yahata:20210520231725j:plain


例によって、ここではあまり撮るものもありません。
持ってきた昼ごはんの菓子パンを、
水分補給のお茶でガブガブ流し込んで
しばしぼんやり。
明日には5月、薫風の5月です。
梅雨入り前の、癒やしの一ヶ月。
 
どこに行こうかなぁ、、と
思っていたはずなんですけどねぇ。
まさか、連休後すぐに梅雨入りとは、
流石に予測はできませんでした。

誰もいない山。
様々な蝶が飛び交っておりますが、
いまいち捉える事もできません。
花が少ないと虫の落ち着きがなくていけません。

もういいか。。
よし、帰ろう。
 
予定通り、式見ダムルートで岩屋山を下り始めましたが、
ここまでがまだ全行程の三割に過ぎなかったとは。
長い長い帰り道を、そうとはしらず端緒についたのでありました。続
 

 ============

 

中島みゆき著作権守備は半端ないですなあ。

出てこないもんですなあ。

まあ、研ナオコもよいのですが。

内藤やす子バージョンも見つけたので貼っておきますね。

 

www.youtube.com

 

これはこれで、昭和のヤサグレ感ありますねえ。

昭和がいい時代だったとか、ひどい時代だったとか言いますけどね。

何いってんでしょうねえ。

それぞれが、それぞれの時代を生きているのです。

いいとか悪いとか、断定できないでしょ?

 

令和ならこの人いいですよ。

 

www.youtube.com

 

どの時代も、どの世界も同じこと。

私たちは今を生きているのですしね。

今がいい時代の人、

今が悪い時代の人、

どうってことない人もおるでしょう?

 

ね?

違う?

そうじゃない?

 

 

 

ああ、説教臭いオヤジになっちまった!

 

(油断するとすぐこれだ!コメダ珈琲でも行くか!とかつい!でクリック!)

 

アザミ嬢のララバイ

アザミ嬢のララバイ

  • 発売日: 2020/12/02
  • メディア: MP3 ダウンロード
 
アザミ嬢のララバイ DVD-BOX

アザミ嬢のララバイ DVD-BOX

  • 発売日: 2010/07/21
  • メディア: DVD
 
アザミ嬢のララバイ

アザミ嬢のララバイ

  • 発売日: 2015/06/17
  • メディア: MP3 ダウンロード
 
アザミ嬢のララバイ

アザミ嬢のララバイ

  • 発売日: 2010/04/14
  • メディア: MP3 ダウンロード