CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

メキシコへの道 バハ1000観戦参戦記 国内編その3 名古屋

f:id:gemini-yahata:20180111201039j:plain

神戸をでて名古屋に向かった焚火の男。

chuff.hatenablog.com

 

今回は、全然ワクワクしませんよ。

なんか、オッサンの愚痴みたいな回ですね。

 

私思うんですがね、

こうテンション低いと、

あっという間に老け込んじゃいますよ。

 

仲間に対しても、

そういう厳しい視線向けておきますね!

チャフってないんです。

いけません。

 

ではさっそく。

 

 

=========

 


そして名古屋

 

成田までの道のりは遠い。

アメリカはさらに遠く、

メキシコはその影すらまだ見えてこない。

 

名古屋駅の改札にさしかかると、

その先に友人のやまやまさんとIちゃんの姿が見えた。

 

早々にオレに気づいたらしく、

二人とも満面の笑顔だ。

 

いや、

 

笑顔には違いないが・・・・

 

大笑いしている。

 

何か可笑しな事でもあったか。

それともキャリーバッグを転がして歩く、

オレの姿が変だったか。

 

改札を抜け、

挨拶もそこそこに、

その事について問いただすと

 

お立ち台に立って、

駅構内を警備している警官が、

ずっとオレの事を目で追っていたのだと言う。

自分としては至って普通の恰好で、

普通に立ち振る舞っていたつもりなのだが・・・

 

やはり自覚症状がないだけで、

怪しい雰囲気を醸し出しているだろうか。

 

この後、

成田、

アメリカ、

メキシコ、

 

と、そのハードルはどんどん高くなるというのに

 

大丈夫か!?オレ。

やはり、挙動がおかしいのだろうか。

 

やまやまさんとは

バイクのイベントでよく顔を合わす仲である。

その度にぜひ遊びに来てくれ、

と誘われていたので今回、

この道中に立ち寄らせてもらったわけだ。

 

さっそく彼の案内で、

有名な台湾料理の店に入った。

昼時を過ぎていたので、

普段は混みあうという店内も、

そこそこに空いている。

まずはビールを注文しグラスを合わせた。

その後、目の前には

次から次へと料理が並べられていく。

 

やはり、料理は日本がいいなあ。

出ているのは、台湾料理だけど。

 

オレのメインステージである、

バイクのイベントでは、

キャンプによる野外での呑みが多い。

しかも大抵の場合、

人が多いため、

ゆっくり話などできやしない。

 

気に入った相手とは、

こうして美味しいものでもつつきながら、

腰を落ち着かせて話したいものだ。

 

台湾料理を堪能した後、

オレ達はやまやまさんの事務所へ。

呑み直しだ。

お互い話したいことは山ほどある。

 

バイクの世界は、狭い世界なのに、

人間関係は、結構ややこしい。

バイクというものは、

本来ならば実にシンプルで、

面白いはずなのに

ズゲェつまらないつばぜり合いが

そのすべてをぶち壊していたりする。

 

そんなオレ達のまわりの現状を

語り合っているうちに

ついつい深酒になってしまった。

 

結果、翌朝は超二日酔。

 

だが時は待ってはくれない。

本当に久しぶりの頭痛に耐えながら、

次の目的地へ向け新幹線に乗り込んだ。

 

=========

 

なんだってんでしょうねえ。

芸がありませんねえ。

 

どの世界だって同じですよ。

自分のよく知っている世界を、

手放しでお花畑みたいに言えるのは、

アホと嘘つきだけです。

勘違い、ってのもありますけど。

 

なんだったら、私も言いましょうか?

すごくいやらしいですよ。

心理学なんてやるもんじゃないですね。

ましてや生業にすると、

業界は魑魅魍魎過ぎて。。

 

いや、書くのは止めておくべきですね。

大人なんですからね。

 

こうね、あえて明るく、

そして常にバカバカしく。

年輪を重ねるほど、

そうあるべきじゃないでしょうか。

 

一回叱ってやらないといけませんね。

 

つづきます。

 

(なんか、辛気臭い回だな。みんさん叱ってあげてください。ブクマとクリックで!)

 

地図と地形で楽しむ名古屋歴史散歩 (歴史新書)

地図と地形で楽しむ名古屋歴史散歩 (歴史新書)

 
大人の名古屋 Vol.41 名古屋ベストグルメ2018 (MH-MOOK)

大人の名古屋 Vol.41 名古屋ベストグルメ2018 (MH-MOOK)