CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

マン島からの道 その10 日本の酒場

f:id:gemini-yahata:20171124125548j:plain


船橋で一泊し、今日は横浜の焚火の男。

chuff.hatenablog.com

 

横浜の雑踏の中で、居酒屋の中で、

焚火の男は、まだ違和感を払しょくできないようです。

 

まあ、こういうのはレクイエムみたいなもんですからね。

まあ、ではさっそく。

 

 =========

 

電車に乗り横浜の上大岡で降りる。

駅前で友人と合流して近くの居酒屋に入った。

 

まずはビールで乾杯する。

テーブルの上には、

枝豆やもつ煮、焼き魚に刺身などなど。

 

それらをちょっとずつ摘まみながら友と語らう。

 

やっぱ、いいなぁ。

いろんな料理が目の前に並んでいると、

幸せな気持ちになる。

 

その友人はオレに

「行きの時と比べたらだいぶ落ち着いたね」

と言った。

そりゃそうでしょうとも。

chuff.hatenablog.com

これ読んでくれたら分かってもらえると思うけど、

確かにあの時のテンションは相当おかしかった。

何もかも初めてづくしの旅で、

必要以上に力んでいたのは確かである。

 

まぁその後のマン島生活で、

無駄なエネルギーを使い切ったというのもあるし。

落ち着いたというより普通に戻ったって事だ。

 

店内は平日にもかかわらず、

仕事帰りのサラリーマンでほぼいっぱいになっていた。

酔っぱらって大騒ぎしているやつもいれば、

一人静にちびちびやってる人もいる。

 

ありふれた日常の一コマだ。

どこか惨めったらしく、

虚しい雰囲気の漂う日本の酒場。

 

そこで人は、

一日のささやかな楽しみとして、

美味しいものを食べ、酒を呑む。

 

優雅で刺激的なマン島には、

美味しいものはほとんどなかった。

しかし、雑多で薄汚れた日本の繁華街には、

美味しいものが溢れている。

 

何から何まで完璧なものなど、

そうそうありはしないという事だ。

 

前日とは違い、ゆっくりと日本の食を味わい、

一日を終えるオレなのであった。

 

朝起きて、出勤する友人と駅で別れた。

この日は沼津にいる女友達の所に立ち寄る予定だ。

国内での道中は時間的にダラダラと長い。

なかなか先に進まないのだ。

まだまだ我が家は遠い。

 

=========

 

帰りたくないんでしょうねえ。。

分かる気もしますけれども。。

 

私は焚火の男と違って、

あまり「居酒屋」を好みません。

嫌いなんですね、あの空気が。

なんだか、居酒屋に行くと、帰りに気分が落ち込むんです。

そういう人、案外いるんじゃないですかね。

 

今の「居酒屋」スタイルって、

昔からあったわけじゃないって知ってます?

「炉端」がベンチャーだった時代もあったんですよ。

 

chuff.hatenablog.com

(居酒屋って、いろんな意味で日本的です。海外でもIZAKAYAです。はい、喜んでクリック!)

 

居酒屋兆治

居酒屋兆治

 
居酒屋 HDマスターDVD

居酒屋 HDマスターDVD

 
江戸の居酒屋 (歴史新書)

江戸の居酒屋 (歴史新書)