CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

とあるローソンの話し

f:id:gemini-yahata:20171025171039j:plain

私の愛していたローソンの店舗が閉店したのです。

ただの一コンビニでしかなかったはずなのですが、

そのお店には、さまざまな物語があったのです。

 

その店舗の閉店に、私の心は痛むのです。

 

ローソン本家のお家騒動の余波でありましょうか?

biz-journal.jp

 

まあ、全く無関係ということもないでしょう。

しかし、私の見聞からの推測は、

果てしなきコンビニ戦争の、

闘いの結果なのです。

 

たかがコンビニ。

しかし、その背景にある(かもしれない)物語を書きましょう。

 

 

その店舗は、どこで探してきたのか、

素晴らしい人材で固められていました。 

しかも、数人いたのだから、大したものです。

オーナーの能力が凄いのか、それとも強運なのか。

ともかく、愛すべき理由は沢山あったわけでありますね。

能力の高いホテルマンのようだと、言えるでしょう。

 

地域にどれだけ愛されていたのか、

その具体例を上げてみます。

先日その店舗の前に、若いカップルが立っていて、

閉店の張り紙を読んで、驚いていたわけです。

女性がそのお店に向かって、

 

「いろいろお世話になりました。ありがとうございました」

 

と言ったのでした。

全くもって同感です。。

 

さてここまでは、感傷的なお話し。

仕方ないことなのです。

そしてここからは、そのローソンができる前からの情報と、

数年越しの戦争についてお話ししましょう。

 

そのローソンができる前、同じ場所にセブンイレブンがあった。

小耳に挟んだ話では、かなりの売上だったらしい。

そこで、その周辺では有名な地主さんが目をつけた。

まず、駅の反対側にある土地にローソンを作った。

そして、西口からの客を独占した。

売上に気を良くした地主さんは、東口にも手を付けた。

そのやり口が、全くもって潔いというか。。

セブンイレブンの入っているビルごと買って、

契約更新をせず潰し、そこにローソンを作った。

 

コンビニ戦国時代とはよく言ったものであります。

それから、その店舗は爆発的な売上を維持したらしい。

 

それが十年近く前。

一年ほど前、駅のすぐ横にセブンができた。

驚くことに、それで客の流れは変わったらしい。

ローソンを越えたところにも、さらにセブンができた。

西口のローソンの道向にも、セブンができた。

 

どう見ても、ローソン包囲網だったのではなかろうか。

セブンは本部管理が厳しいと聴く。

とすれば、あれは数年後しに狙っていたんじゃないかと思う。

結果として、私の愛するローソンは閉店し、

大量のセブンができたわけだが、

どの店も、私の住む場所から微妙に遠い。

 

大手が個人になめられたことが、問題だったのか。

それとも別の理由なのかは分からない。

地主さんが、もっと収益の高い運用を見つけたのかもしれない。

噂によると、やり返されたというのが、

本当らしいのだが、それも所詮噂にすぎない。

 

まるで落合信彦の小説の世界じゃないか。

石油戦争 (集英社文庫)

石油戦争 (集英社文庫)

 

 あれはフィクションだが、これは現実だ。

まあ、話の単位が小さいとは思うけれども。

 

いずれにしろ、人の流れなどあっという間に変わる。

仕事なのだから、余計な感傷は不要だろうし、

私個人がどう思うなど、全く関係のない話ではある。

 

ただ、私はなんとなく悲しいのだ。

どこにでもあるコンビニの、

ごくありきたりの閉店が悲しい。

 

いろんなモノが、ドンドン消えてゆく。

いずれ私自身も消えてゆくのだろう。

そういうことに、ある種の理解と共感さえ持つ必要がある。

きっと、それが成長というものなのだろう。

やるせないが。

 

(でも、もう少しはねばるぜ!気にしちゃいけねえ!諸行無常で明日へクリック!)