CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

「アホちゃうか」は難意語である。

f:id:gemini-yahata:20170721180514p:plain

私の友人だった彼は、北陸出身の人だった。

地元の進学校から、金沢大学に入り、大阪のゼネコンに就職した。

 

まあ、ごくまともな人生であった。

多少つまらないところもあったが、いい奴ではあった。

 

その彼が大阪でつまずいた。

 

 

会社の方針で、本社採用でも半年は現場監督見習いで、現場に入る。

そこには、無数の職人たちの群れがいる。

彼らは「親方」以外には敬意を払わない。

敬意を得られるならば、「親方」が彼を認めてからだ。

 

初日から、彼は今までいわれた事のない言葉を浴びる。

 

「おまえ、あほちゃうか?」

「そんな事も知らんのか、あほちゃうか?」

「飯喰ってない?あほちゃうか?」

「缶コーヒー用意してない?あほちゃうか?」

 

一日で数十回言われるので、頭に来たものの、

「オレも何も知らんのやし、言われても仕方ないんじゃないだろうか」

と考えるようになった。

 

とある現場が終わり、小さな事務所でささやかな打ち上げがあった。

酒も廻り、彼も日頃の鬱憤がたまったのか、こう言った。

 

「オレはそんなにアホですか!?」

 

とある親方が

 

「誰が言うとんねん、そんなこと?」

 

場が凍り付く。

場合によっては、ここで誰かがフルボッコの可能性もある。

なにせ、荒くれ男たちに酒が入っているのだ。

 

「聞き捨てならんな、仲間どうしで。誰や、さっさと自分から名乗りでえ!オレがしばいたる」

 

「せやせや、監督補助はようやっとったで」とAさん。

「そんな嫌らしい奴と現場しとったんかいな、許せんな!」とBさん。

「いまのうちや、ここで詫びいれろや!」とCさん。

 

彼も酒を更に空けて、勢い付けて言いました。

 

「親方含めてみなさん全員です!」

 

場が、きょとんとなる。

「そんなこと言うた?」

「いや、知らんでワシ」

「なんか、へんなことになったなあ」

ザワザワザワ。。。

 

「ワシも含めてやったな?」

 

やはり、親方はけじめをつけにきたらしい。

「具体的に言うてくれんか?いつのときや?」

「例えば、お昼です。打ち合わせしながら食事してたら、カレーに醤油掛ける僕にいったでしょ、アホちゃうか?って。ちょっと段取り遅れると、すぐに、お前アホか!っていったでしょ!全部僕は覚えてるんです!」

 

場は全員が沈黙し、酒も箸も置かれ、全員が腕組みした。

何かを考え込んでいるような、そんなとき、親方がこう言ったのです。

 

 

「ああ、あれ?あれ気にしてたん?おまえ、あほちゃうか?」

 

 

「せやなあ、そこいちいちなあ。あほやな」

「まあ、しゃあないんちゃう?あほちゃうんかな」

「ああ、めんどくさ、あほちゃうか」

「さてさて、あほはほっといて、飲み直そか」

 

そんな自分を、彼は、

「まあ、あほやったんやねえ」と語れるようになりましたけどね。

 

 (日本語で日本人同士が分かり合えると思ったら大間違い!そこでクリック!)

広辞苑 第六版 (普通版)

広辞苑 第六版 (普通版)

 
広辞苑 第四版 普通版

広辞苑 第四版 普通版