CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

オートバイへの道 免許取得体験記 その5

f:id:gemini-yahata:20170620164410j:plain

さあ、1日で2時間の教習の後半です。

 

いけるうちに、がんがん行くぜ!

 

バラシイ!

そうでなくっちゃね。

 

青さんの、オートバイ免許取得奮闘記、第5回です。

 ==============

次が坂道発信

一般的には、ここが地獄の一丁目のようですが、

 

自動車で経験豊富ですからね。極端に坂の多い町に住んでおりますから。

自動車よりバイクのほうが簡単です、坂道発進

 

総括すると、

やっぱり問題はスラロームです。

やんちゃな頭のおかしいお兄さんが、バリバリいわせながらやってる迷惑行為。

あいつら、なんでやれんだろ。

やっぱり倒れそうな気がして恐い。

恐いから、体に染み付いた例の癖が顔を出す。

だからニーグリップが出来ない。

ニーグリップとは、膝でタンクを挟むことです。つま先は開かずに。

 

そう言えば、ずっと「つま先が開いてますよー」と言われていたような…

教習の後半は意識してニーグリップを心がけて、

車体が安定する感覚がおぼろげにつかめました。

 

しっかりニーグリップしていると、

ももじわじわ熱くなってくるんですね。

そういう乗り物なんでしょうが、それがまた微妙に怖いじゃあないか。

 

恐怖の増加を、オラオラとあおってくるような股間の熱。

 

きちんと出来るようになったのは良かったんですが、

ニーグリップの結果、教習終わるころには。

 

ジーンズの内側の色が変わるほど汗で濡れる

 

のはちょっと想定外でした。

 

知らない人が見たら、もう変な人です。


もう少し考えて入校時期を考えれば良かった。。

でもしょうがない、急に免許が欲しくなったので…

 

大汗をかいてバタバタしているうちに連続教習は無事に終了。

バイクを戻して校舎に戻りました。

なんだか地面が揺れている気がします。

 

「全体的にそつなくこなせているようです。アクセルとクラッチバランスを意識してください。あと、肘とつま先ですね。」

毎度おなじみの、ごもっともなご意見。

 

肘とつま先はいつもの悪癖だからわかる。

アクセルとクラッチ、これもわかる。

クラッチ離してエンストを二回ほどやっちまったので異存なし。

アクセルが恐る恐るなのは自分でもわかっているので納得。

 

ここまでは、教官殿に完全に同意です。

 

しかし、

 

「全体的にそつなくこなせている」…?

 

そんなはずはないと思うんですが。。

どうやら、教習所が考える「初めてのバランスコースを走る教習生」というのは

、アワアワしているぐらいでちょうどいいようです。

 

なーんだ!
俺には才能があるんだな、フフ。

 

俄然やる気が出てきました。

やはり、人間褒めた方が良いようですね。

 

勢いが出てきたところで、

さらに普段は発揮しない向上心を燃え上がらせ、

どんどん上手くなりたいと思います。

 

最終的には、免許を取ったその足で、

颯爽とゼファーにまたがって風になるようなレベルに至りたい。

 

 

…ちょっと想像してみましたが、

ちょっと私には似合いそうもない。

 

車種に関してはまた後で考えるとしましょう。

 

何はともあれ、こうなったらやることはひとつ。

無理は禁物ですが、出来るだけのことを必死でやろう。

私の武器はいつだって

 

精神論です。

===============

 

確かに、メンタルでどうにかなること、確かに多いですものね。

 

物事は気の持ちようだとか、

考え方次第であるとか、

いろんな意見はあると思います。

 

しかし、このような場合、

どうにかするメンタリティーとは、

 

根性です!

        (つづく)