CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

カール・ラガーフェルドは、紋次郎さんですよ! その3

f:id:gemini-yahata:20170613171953j:plain

つまり、紋次郎さんです。

人生の残り玉を数えるより、

明日死んでもいいように生き、

明日は明日で、 死なないように考える

 

紋次郎さんは、そういう人です。

 

 

なにせ帰る家がないわけですからね。
孤独死だとか、老後だとか、そんなことを心配する発想がそもそもありません。

 

そりゃあ、強い。

私ね、紋次郎さんとカール・ラガーフェルドは同じ地平に居るんじゃないかと思うわけです。

ちょっと、知らなかったお父さん。

ダメです。カールじいさんは知っておくべきです。

 

どんなオッサンですかって?

ノンノン、とっくにおじいちゃんです。

 

じゃあ、どんなおじいちゃんですかって?

こちらです。

f:id:gemini-yahata:20170613164712j:plain

https://ja.wikipedia.org/wiki/カール・ラガーフェルド

80歳超えて、第一線です。

口ぐせは

「半年先の約束なんかできない。第一、生きているかさえわからないしね」

 

まあ、そうでしょうねえ。。

 

沈みかけのシャネルを、よみがえらせた男ですよ。

いいですか、こういうことを知っていても、役には立たないです。

でもね、少しだけ、なんというか、気持ちいいんですよ。

 

なんでしょうねえ、この感じ。

人間の可能性を感じるというか。

一度、パリのリッツでお見かけしたことあります。

 

まるで、海が割れるようでしたね。

モーゼが海を割る、あのシーンです。

f:id:gemini-yahata:20170614170519j:plain

彼が歩くと、人波がきれいに割れてゆく。

カールは、美青年の付き人に守られながら、優雅に歩いていきます。

 

この強さ。

いいですよね。

きっと、個人的な人間性とか、ヒドイんだと思います。

でもね、いいんですよ。

 

その、いい感じが「強さ」なんでしょうね。

ここから、ぐっとまとめますよ。

ちょっと、お父さん。こういうのを知ってると、どっかできいたふうな口をきけますよ!

がんばって読み切ってくだいね!

 

                         (つづく)