CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

今どき、ラブレターってテロよね!

f:id:gemini-yahata:20190901115805p:plain

今週のお題「わたしの自由研究」

 

俺思うんだが、今の時代。

というかここ数十年は、

一定の「何か」を信じて

世界が動いていたような気がするのよね。 

 

それは、「世界が進んでゆく」

ということへの、絶対的信頼のようなもの。 

上手くはいえないんだけれど、そういうの。

 

 

これ信仰に近い。 

と言うより、

もっと深く

へばりついてる。 

 

 

 

ちょっとしたミスが、

なんとか効果や、なんやら評価や

あーたら高等システム統計理論やらで、

予測不可な結果が起きるほどの世界なのに、

横たわる奇妙な安心感と、

薄暗い焦燥感。

 

そして根拠のない

不幸せである事への膨大な不安。 

 

トップ1%の人だけが知っている「お金の真実」

トップ1%の人だけが知っている「お金の真実」

 

 

 

 

ええ、私もそうです。

ですから、そんな世界に喧嘩売りますよ。 

となると、個人対世界。

そもそも勝てるわけがないわけです。

 

 

 

喧嘩は勝たなきゃね。

少なくとも、

勝つやり方を考えなきゃね。 

 

 

勝ち組とか、負け組とか、

あれは同じ価値観でやってるから、

負けた奴にリターンンマッチはないわけよ。 

 

 

そこで考えてみたわけ。

 

 

この状況下で、この世界全体に

喧嘩売るとすれば、どんなやり方が

寸鉄殺人をやりとげられるか。 

ざっと条件を以下にまとめてみました。

 

 

① ありふれたことではいけない(ありふれているならば無意味だ!) 

② 喜びと絶望が両立していなければならない(喧嘩の基本だ!) 

③ できる限り利他的(利己的なら簡単すぎる!) 

④ 社会に対する一定の詭弁的弁解を用意(逃げ道作らない奴はバカだ!) 

⑤ 全てを満たした上で、自己利益は確実に回収(これなきゃ、喧嘩意味なし!) 

 

とまあ。。

条件はそろえてみた。 

なんと難解な課題であろうか。

 

だからこそ

俄然やる気に

なるのではないかね? 

 

 

社会と言うのは個人の集合体である

(となっているらしい)ので、

個人戦勝利は、集合体への変異をいざなう。

こういう構成をゲシュタルト理論と言うのだよ。

 

知覚の心理学―ゲシュタルト理論に関する哲学的検討

知覚の心理学―ゲシュタルト理論に関する哲学的検討

 

 

つまり、俺たちを取り巻く、

得体の知れない何かに

カウンターを入れることは、

理論上は可能ってことですなー。 

 

 

このあたりで

付いて来れなくなる人は、

今後俯いて歩け。

雨の日に傘も許さん。

道の真ん中を歩くな。

 

 

俺が許さん。 

 

 

おうおう、なんか過激になってきたな。

頭が冴えてきたぜ。

東の者には分からんネタだな。

ヒントは傘と提灯屋はなぜ同じ店か? 

 

 

弾左衛門とその時代 (河出文庫)

弾左衛門とその時代 (河出文庫)

 

 

 

まあいい。本題に戻る。 

 

煙草を3本ほど吸い、

珈琲をマグで2杯飲み、

洗濯ものを干して、

予想外に晴れた空を見ていたら、

小脳と鼻腔の間あたりから

答えが眉間に突き抜けてきた!

 

来たぜ来たぜ! 

 

 

ラブレターを

書いてみようと思う! 

 

 

ラブレター? 

そう、ラブレター! 

マジ? 

もうマジマジ! 

 

 

考えてもみなよ、ラブレターだぜ。 

これすごいよ。 

 

 

「好き」だとか「愛してる」とか、

そういう単語は使用禁止で、

ぐっとラブレター。

 

 

昔の恋文とか痺れるのよ。

日常の事を淡々と書いているのに、

もうグッときて、

メロメロにされちゃうのとか

あるのだよ、これが。

 

 

日本の名随筆 (別巻36) 恋文

日本の名随筆 (別巻36) 恋文

 

 

ストレートな単語を使うと、

後で面倒な事もあるからね。 

 

証拠は残さず、意味は確実に通じ、

思考の電波を

電波なんて言わせない念波!

 

しかも、世間様の大好きな

「愛」の名の下に、

嘆美なる禁忌破り。 

 

 

おお、いいねえ。 

誰か参加しない?

コラボしようよ。 

まあ、その時は公開を制限して、

書いた人間のみ閲覧可能とかさ。 

ただし最優秀ラブレターは、

詠み人知らずで俺のブログで公開。 

 

 

小さな小さなテロリズム。 

悪くない気がするな。 

 

参加者いなけりゃ、

俺だけでも書いてみるけど。

 

っていうか、

きっとそうなるよね!

 

chuff.hatenablog.com

(ラブレターなあ。あー、照れるわーwwww!でクリック!)