CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

青さんの柑橘酒 古い日記を雨の日に読む

f:id:gemini-yahata:20180612135745j:plain

いやあ、名曲ですよね。

和田アキ子が好きであろうがなかろうか、

これは名曲。

このリミックスなんか最高ですね。

今週のお題「雨の日の過ごし方」

 

青さんが、古い日記を読みながら、

柑橘酒を作ろうと思うって話です。

 

ではさっそく!

 

 ===========

 

過去の日記を読み返すと、

柚子をウオトカに漬けたことが

あるらしい。

どんな味だったかなぁ。。 


正しい記憶かどうか、

定かではありませんが、

砂糖を控えすぎたのと

熟成が足りなかったせいで、

やたら辛口の柚香漂う

ウオトカだったように思います。 


つまり、カクテルでよかったじゃない?

 

レシピは

ウオトカ 1

柚子(皮ごと、半分に切って使用)0.5

砂糖0.3ぐらい 

だったような気がします。

ウオトカは700mlでしょうから、

柚子が300グラムぐらい。

砂糖は200グラムもいれたかなぁ。。

100グラムぐらいだった

かもしれません。

 

何れにせよ、

足りなかったように思いますので、

 

砂糖はせめて300グラムは

入れたほうがよかったのでしょうね。 

柑橘のお酒を作る場合、

気をつけなければならないのは、

果実と皮は分けて漬ける、

ということです。 


柚子ウオトカが、

ちょっと失敗したような気がするのは、

皮ごと半分に割って

放り込んだことにも

原因があるような気がします。 


果実は味わいを、

皮は風味を加えるもの

 

だと思ってください。 

果実の方は、

三ヶ月をめどに引き上げれば

いいと思いますが、

少々濁ってもいいのなら

半年〜一年入れっぱなしでも

いいと思います。 


ただし、皮の方は2週間ほどで

引き上げたほうがいいです。

10日ぐらいでもいいでしょうね。

このへんはお好みなのですが、

 

引き上げが遅れると

苦味が出るようです。 

 

柑橘のお酒か…

そうですねぇ。

ちょっと作ってみましょうか、

今年。 

イチゴと梅しか

漬けていないこの頃。

久しぶりになにか

変わったものを

漬けてみようとおもいます。 

レモンがいいんですが、

旬は冬。

でも、この時期でも

ちらほら見かけるような… 


週末、直売所に出かけて

何かしら探してみようと思います。 


古い日記を読んでいるうちに、

ちょっと気分が

盛り上がりつつあるこの頃。 

いいものが出荷されていたら

いいんですがねぇ。

 

果実酒にむいていると思う

香酸柑橘は、

秋から冬がシーズンなので、

梅雨時の今なら

柑橘じゃない果実酒になる

可能性もなくないな、

と思う、

行き当たりばったりな

私でありました。

 

 

===========

 

へえ、そうなんですね。

皮は風味。なるほど!

 

古い日記というものは、

ときに恥ずかしくなりますが、

ときに役立つものであります。

 

今回調べていて、

和田アキ子の初期ってのは、

かなりいいんだなあ、

と再認識しました。

こちら、オリジナル。

声が実に若い!

 

これも名曲ですね!

 

青さん、まさか和田アキ子

絡められるとは、

思ってなかったでしょうねえ。

 

いや、そういうもんです。

いやあ、いいわ。

 

(偶然が生む、こういうブログもいいんじゃない?でクリック!)

 

 

LEGEND OF SOUL -AKIKO WADA 50th ANNIVERSARY BEST ALBUM-

LEGEND OF SOUL -AKIKO WADA 50th ANNIVERSARY BEST ALBUM-

 
フリー・ソウル 和田アキ子

フリー・ソウル 和田アキ子

 
全曲集 シングルズ 1993?1968

全曲集 シングルズ 1993?1968