CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

惜別 岡田先生

f:id:gemini-yahata:20180522120137j:plain

とても個人的なことなので、

全然チャフとは関係ありません。

 

とても親しい人が、

先日亡くなりました。

長い闘病の結果、

亡くなられたんです。

 

 

よく食べる人でした。

もう、冗談かと言うくらい、

食べに食べて。

お酒は飲まず、タバコも吸わず。

 「今日、何食べるの?」

と、よく訊かれましたね。

 

夫婦仲はよく、

子供はおらず、

普段は無口で、

でも、おしゃべりを始めると、

まるで子供のようで。

とても優しい人でした。

 

背の高い人で、

ぼんやりとした、優しい口調で、

辛辣なことを、時に斜に構えて言う、

そんなロマンティストでありました。

 

岡田先生には、

ずいぶん助けられました。

寂しさがこたえます。

 

親しい人が亡くなるのは、

たくさん経験してきました。

ですので、世の常と

理解する程度の頭はあります。

 

 

最後の一週間では、

ご一緒した、京都の寿司屋の話や、

震災後の頃の話を、よくされていたと、

奥様より聞きました。

 

 

訃報と言うのは、ある日来ます。

今、この世に生きるもの全員の

訃報が何らかの形で。

間違いなく。

 

全ては泡沫の、

確かに刹那のものでしょう。

 

哀悼、岡田謙先生。

先生にお世話になったあの娘は、

もうすぐ、結婚するそうです。

 

そうかあ、よかったねえ。

 

軽く、にこにこしながら言うのでしょう。

先生と、もう少しお話ししたかったです。

 

先生は、島崎藤村の詩の話しを、

いつかしてくれましたね。

教材は、惜別の歌でしたね。

あの日、私はこの歌の元が

藤村の詩「高楼」だと知ったんです。

 

www.youtube.com

 

さようなら、岡田先生。

 

素直に、先生と呼べた人が、

どんどんいなくなります。

 

 

さようなら、岡田先生。

先生の訃報を聞いた翌日、

バジルの苗を植えました。

ひと夏育ててみます。

パスタやサラダで食べてみます。

 

さようなら、岡田先生。

先生の育った、横浜で。

 

通夜 本日18時

本葬 明日12時

 

横浜 坂本祭典西谷斎場

045-381ー5001

神奈川県横浜市旭区西川島町1-5