CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

マン島での道 その48 最後の晩餐

f:id:gemini-yahata:20170706204254j:plain

今夜が最後のマン島となった焚き火の男

譲れないレースが彼を待ち受ける。

 

chuff.hatenablog.com

それは、美味い晩飯を食うこと。

果たして、最後の晩餐は、

マトモなものにありつけるのか?

 

さあ、さっそく。

 

===========

 

先にメイン会場へ行った連中とまずは合流だ。

マン島最後の夕食は、みんなで外で食べよう!

となっていた。

 

会場にいるはずのW氏に連絡をする。

聞かされたダグラス市内の様子はというと、

とても飯を食える状態ではない、ってことだった。

 

メイン会場は、物凄い人で溢れかり、 

周辺の飲食店は、どこも満席で入りきれず、

客が外で飲んでいるような有様だという。

つまり街全体が、打ち上げパーティーな状態。

しかも最後の花火が夜の11時に上がるため、

それまでこの騒ぎは収まりそうにないらしい。

 

会場の周辺で、

腰を落ち着けて食事というのは不可能なようだ。 

結局、オレ達は宿泊先に戻り、

そこで夕食にすることにした。

 

となれば買い出ししかないわけである。

いつものスーパーに立ち寄ったが、

ここでの勝負に連敗中なので、

chuff.hatenablog.com

勝てる気がしない。。

 

するとスーパーの隣の店舗にも、

行列ができている。

 

何だろうと思い、前まで行ってみると・・・

なにやらいい匂いが漂ってきた。

 

やっぱり中華だ!

先人の教えは正しい!

 

店の中にはレジがあり、

待合用の椅子だけが並んでいる。 

客たちは出来上がった注文の品を、

受け取って店を出ていく。

 

なるほど。 

テイクアウト専門の中華料理屋のようだ。

その名も“ゴールデン・ゲート(金門)”

 

f:id:gemini-yahata:20171031191409j:plain

いつも通っていたスーパーの横に、

こんな店があるとは、今まで気づかなかった。 

オレはここで夕食を買っていく事にした。

 

そうと決めてしまうと、

なんだか無性にチャーハンが食べたくなった。 

中華で、しかもチャーハンで、

さすがにハズレる事はないだろう。

 

オレは数あるメニューの中から、

エビチャーハンを選んだ。

かなり混雑していたため、

注文してから30分以上待たされた。

 

しかし、待つだけの価値がある。

なにせチャーハンだ!

 

さっそくに家に戻り、食事の時間。

チャーハンを袋から取り出してみると、

入れ物がなんかデカイ。

 

分かりやすく言うと、

ティッシュの箱ほどの大きさだ。 

蓋を開けてみた。

 

あれ?

 

いや・・・

まぁチャーハンには違いないんだが。

卵は?ネギは?

とにかくエビだけは、

鬼のように入っている。

 

そりゃぁエビチャーハンだもの、

と言われりゃそれまでなんだけど。

 

そのまんま過ぎねぇか!?

 

いろどりというものが、全くないチャーハン。

それが特大の入れ物に、

ぎゅうぎゅうに詰まっている。 

色のないビジュアル。そしてこの量。

中華なんだけどマン島らしさ全開。

 

また、負けるのか、オレ?

 

だが味までマン島らしいとひじょうに困る。

とりあえず恐る恐る一口食べてみる。

 

んっ!?

 

イケる!!

結構、オイシイじゃないか。

気をよくしたオレは一気にがっついた。

 

しかしその勢いのままに完食!

・・・とはいかない。 

いかんせん具材がエビしか入っていない。

さらに大盛二人前ほどの量である。

だんだん飽きてきた。

 

なんとか半分くらいまでは食べた。

さすがに胃袋が限界が近い。

結局、他の人たちにも手伝ってもらい、

やっとのことで食べ終えた。

 

食事を終えて一息つくと、

なんだか疲れが一気に噴き出すような感じがあった。

 

緊張の糸が緩んだというか 

噴出し続けていた、

アドレナリンが途絶えたというか。

 

あぁ、本当に終わっちまったなぁ、

という実感が沸き上がってくる。

 

10時くらいになったら会場まで行って、

最後に花火を見ようかとも思っていた。

しかし、そんな気はまったく起きない。

だがそれは、決して不快な感じじゃない。

 

心地良い疲れ、とでも言ったらいいのか。

 

まぁ少しだけ気持ち悪い感じはある。

でもそれは

 

エビだけチャーハンを食い過ぎたせいだ。

 

この日はいつものように、

遅くまでみんなで語るという事はなかった。

 

部屋に戻りベッドに横たわる。 

遠くに聞こえる花火の音を聞きながら、

オレは眠りに落ちていった。

 

============

 

ああ、中華も色がないのか。。

でも、イギリスで「米」は野菜に分類されるので、

まあそんなもんかもしれないなあ。

シェア前提なのかな。

 

つまり、やつが食べたチャーハンは、

イギリス人にとっては「サラダ」なのだし。。

 

ところで、最後の晩餐の勝負はどう判定すればいいんだろう?

 

(曖昧模糊ってのも、悪くはないかもね。なんでも黒白はっきりできるわけじゃないし!そこでクリック!)

 

マグネットオセロ

マグネットオセロ