CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

結婚とは何か? その1 そもそもなんなの?

f:id:gemini-yahata:20170607145742j:plain

誰でも知っている謎の言葉「結婚」

 ジューンブライドの6月です。

「結婚」という言葉を知らない人はいないでしょう。

小さな女の子でも

「わたしは将来お父さんのおよめさんになる!」とか言ったりしますよね。

 

 

でも、小さい男の子が

「ボクは将来お母さんの旦那さんになる!」とか言うと、

なにやら心配してしまいます。

 

さて、実は「結婚」という言葉は、日本では正式な言葉ではありません。

正式には、まあ法律的にはですが、「婚姻」といいます。

 

一体何が違うのでしょう?

このへんが分かっていないと、実はとんでもなくヤヤコシイ話になるのが、

日本の結婚なのです。

 

我々がばくぜんと「知っているつもり」の結婚のイメージは、

実は明治時代に始まったものです。

もっと言うと、一般的に普及したのは太平洋戦争の後、

と言ってもいいかもしれません。

つまり、西洋文明の考え方なのですね。

 

しかし、実のところ、欧米における「結婚」は、

これまた日本とは全く異なるものです。

このあたりを理解しないと、

同性婚」なんかも、誤解することになります。

 

この話はシリーズとして、

何回かに分けて書いていきたいと思います。

今日のところは、実は「結婚」って、

分かっているようでぜんぜん知らないことみたいだ、と理解して下さい。

 

日本の「婚姻」について書こうと思います。

婚姻は、相手の戸籍への「入籍」によって行われる配偶者関係、

一般的な「結婚」をした上で、

 

夫婦間の継続的な性的結合を基礎とした社会的経済的結合で、その間に生まれた子が嫡出児として認められる関係」となります。

 

これはすごく簡単に言うと、

 

セックスと財産の相互に独占することと、その間に生まれた子どもにのみ、財産を残すことを認める関係

 

となります。

では、それ以外で生まれた子どもや、浮気なんかはどう考えるの?

と疑問に思いませんか?

 

ここねえ、最近までまさしく

「行き当たりばったり」で適当に決めていたのですよ。

ええ!そんないい加減なものだったの?とか思いませんか?

 

わたしは思います。

このあたりをくわしく話すと、

日本の「家」制度とかも絡んできますので、複雑になります。

そこですごく簡単に言っておきます。

 

婚姻というのは、すごくお金持ち以外は、全然関係ないことだった!

これが事実でしょうね。

 

どうです、難しそうでしょ?

しかもこれは、法律によって明文化されている、

現代日本のおける一夫一婦制の上での話です。

しかし、大昔から人類が行ってきた「婚姻」というのは、

早々簡単には説明できません。

 

のっけから難しくなってしまいましたね。

次回はこの辺をもう少し詳しく書いてゆきます。

 

できれば、あちこちクリックしていただけると助かります。。

chuff.hatenablog.com

モーツァルト:歌劇「フィガロの結婚」ハイライト

モーツァルト:歌劇「フィガロの結婚」ハイライト