CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

チャフって、結局なんのこと?

f:id:gemini-yahata:20170829152158j:plain

 

CHUFF!! チャフって、なんのことなの?って、

ブログのタイトルでときどき質問を受けます。

 

今更ですが、説明しておきます。

前の取説では書いてなかったんですね。

chuff.hatenablog.com

軽い意味なんですけどね。

 

 CHUFF!! というのは、英語で、

蒸気機関車の音のことです。

日本語で言うと、

「シュポポポ」とか、

「シュッシュッ」とかって感じですね。

 

蒸気機関を整備するメカニックは、

その音に由来して

Chuffer と呼ばれることがあったわけです。

 

そのメカたちが、

仲間内で修理の工夫とかを自慢する時、

 

It chuffed ! ( 息を吹替したぜ! 治ったぜ!)

と言ったそうなんですね。

 

WOW !! とかとは違う、

なんか静かな満足感とか。

ちょっと面白いような話。

もしくは、少し生気が戻るようなこと。

お互いに静かに笑えるようなこと。

 

そういうことの意味として、英語では

CHUFFED (発音ではチャフトが近いかな)と言います。

穏やかな感じですね。

 

CHUFFってことばになると、

「ハハ、いいじゃねえの!」くらいの感じでしょうか。

 

戦闘機とかの攻撃ミサイルへの、

目くらましに使うチャフは、つづりが違って

CHAFF と、三番目がAになります。

まあ、こっちでも良かったんですけどね。

ウヤムヤにする、って意味もありますし。。

 

これがちょっとアルファベットをいじって

CHAV となると、意味が深刻になります。

主にイギリスで使われますね。

トレインスポッティングの主人公たちも、これですね。

 代々貧しいブルーカラーの子どもたちで、グレたガキって意味になります。

 

米国で言うと、いわゆる、フーディーズなわけです。

ストリートギャングとまでは言い切れないような、

日本では、ヤンキーが近いかもしれませんね。

 

 

それはさておき、このサイトの名前である

CHUFF !! はそんな感じで理解していただければと。

 

時代の先端を走るつもりもないし、

走れるとも思ってないし、

アフィやアドを必死で追うわけでもないし、

アクセスを集めようとしているんでもないし。

 

でも、読みに来てくれた人が、

ほんの少し幸せな気分になったり、

すこしいろいろ考え込んでくれたり、

ちょっとだけ誰かに

優しくなれたりしてくれたら、

とても嬉しいです。

 

きっと、そんなことが

 

 CHUFF !! なんじゃないかな!

 

なんて、ほのかに思いながらやっているわけです。

 

ただ暗い話とか、

過去の自慢話とか、

お金の稼いだ額だとか、

いかに自分の頭がいいかとか、

 

ホントに楽しいですか?そんな話。

 

役に立たないことばかりで、

でも面白いものがいっぱいあった、

ネットの黎明期のように

遊べればいいなあと思ってます。

 

シュポポポ。

ゆっくり前に進めばいいんじゃないかな!

 

8マン

 

(とか言いながら、アフィ貼ってんじゃん!そこでついでにクリック!)