CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

マン島への道 やっと、やっと?

f:id:gemini-yahata:20170702152318j:plain

やっぱり、人間ね、辛抱が大切です。

 

そう、急いではいけないんですよ。

そう!急いでは行けないんですよ。

 

ハハハ、こういうオヤジギャグが出てくる状況ご理解いただけますか?

 

まさに、まさに、

人間いつでも勉強だ!

辛抱も、能力の一つだよ、君!

磨かねば、光らんのだよその石は!

 

===============

 

 

眼下にはイギリス本土の街並みが見える。

 

しばらくすると海が見えてきた。

そしてオレの視界にマン島の片鱗が見え始める。

 

ついに来た。

 

何かが体の奥から込み上げてくる。

もしかしたらオレは涙ぐんでいたかもしれない。

 

島全体の大半を占める広大な牧草地。

海沿いに点在する街。

 

鬱蒼とした山林はなく、

起伏の緩やかな地形が見て取れる。

 

美しい!!

 

予選を含めるなら、

TTレースは前日からもう始まっている。

世界中から選び抜かれた

気の狂った愛すべき連中があそこを走っているのだ。

 

過去、100年を超える歴史の中で、

300人近いライダーの命を飲み込んできた島。

 

命と引き換えに、多くのライダーが、

栄誉を手に入れてもいる。

 

美しさの裏側で

半端な気持ちを受け付けない、突き刺さるような拒絶さえ

この島は放つ。

 

ダグラスの街が見えてきた

機は着陸に向け降下していく。

 

空港の滑走路が間近に迫る。

 

ゆっくり、ゆっくりと地上が近づいてくる。

 

そして着陸。

バウンドしたのか、二回ほどゴン、ゴンと衝撃が走った。

 

雑だなぁ、オイ!

 

まぁいい。許そう。

とにかく無事に降り立ったのだから。

 

そう、オレはついに来てしまったのだよ。

 

ISLE OF MANへ。

 

タラップを降り、マン島の地を踏みしめる。

まさに、

まさに、感無量である。

 

 

ここからの滞在期間は約一週間。

 

もちろんお目当ては

世界的に見ても唯一無二のイカレた公道レースだ。

だがここへきてオレはそれだけではない期待感

というものを感じ始めていた。

 

レースだけじゃない。

ここにはモーターサイクル好きを魅了する

もっと大きな何かがある

 

 

出発前のあの感覚が再びオレを包み込む。

 

ドキドキ、ワクワクが止まらない。

 

 ===================

着いてますね。

確かに。

 

再読しても、着いてますよね!

 

イイイヤッツツほうぉおおおおお

 

磨いたら、光ったじゃねえかよ!

びっくりしたぜ!

 

(お祝いの気持ちで、そっとクリック) 

 

マッテゾン:オラトリオ「愛に満ち、かつ辛抱強いダヴィッド」

マッテゾン:オラトリオ「愛に満ち、かつ辛抱強いダヴィッド」