CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

And I saw her standing there. その1

f:id:gemini-yahata:20170627161025j:plain

グレコ・レスポール・ジェフベックモデル。

 

深いブリッティシュグリーンの、そのギターに、

中学生だった俺の目は釘付けになった。

欲しい、欲しい、なんとしても欲しい。

確か、6万か7万円だったと思う。もちろんガキの俺にそんな金はない。

 

ならば、働くしかない。

 

ということで、知り合いの酒屋の配達の助手になった。

中学2年の夏休みである。

まだ、ガキとはいえ、配達先は主に夜の街。

きれいなネオンに輝く前の、昼の方が薄暗く感じる不思議な時間帯の街である。

それへの第一歩を、俺はギターのために踏み出した。


当時、酒屋の主は40過ぎ。

酒屋以外にも何件か酒場を所有しており、

子供の目から見てもやり手だった。

実際にかなり儲けてもいたと思う。

 

この主を通して、俺は日向とは違う世界を沢山見た。

 

なかなか奇麗な年増がやっている小料理屋に配達に行き、

俺だけ軽トラのなかで1時間ほど待たされたり。

 

愛想のよさそうなマスターに胸ぐらを掴まれたり、

主の愛人らしき女性の愚痴を聞いたり、

とまあなんとも面白い日々でだった。

 

 

主が経営する酒場の一つに、当時パブと呼ばれた、

スナックをちょっと小粋にしたような、クラブと呼ぶには安っぽい店があった。

 

8月の暑い盛りだったと思う。

その店に主と配達に行き、

主は件の小料理屋に行くために、俺はその店内で1時間ほど時間をつぶすことになった。

エアコンの効いた店で座っていても金になるのだから、

俺に異論があるわけもない。

こういうことはたまにあり、

軽トラの中よりも快適なパブの中は、

俺にとって嬉しい場所だった。

 

それと、もう一つその店で過ごすことで嬉しいことがあった。

当時は随分と大人に見えたのだが、今から思えば22~3歳くらいの女性が、

昼間の間に開店準備をしていて、その女性を見ているのが好きだったのだ。

 

カーリーヘアにきつい化粧をした細身の彼女は、おしゃべりではなかったが、

それとなく気をつかってくれているのがわかった。

 

もしかしたら、彼女も主の女の一人だったのかもしれない。

 

その日はレモネードを作ってくれた。

俺が一気に飲み干すと、嬉しそうに笑い、

「じゃあ、次はレモンスカッシュにしようか?」

といい、缶詰のチェリーを3つも入れてくれて、俺はなんだか嬉しくて、

でも話も上手くできなくて、なんとなくもじもじしていた。


「8マンちゃんはさ、洋楽とか聴く?ジュークボックスで何かかけてあげようか?」と彼女は言った。

           

  (つづく)

 

チェリー・ボム

チェリー・ボム

 

 

 

フィット・トゥ・ビー・タイド-ジャパン・エディション-

フィット・トゥ・ビー・タイド-ジャパン・エディション-