CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

神戸元町物語 ルックスの査定場 エヴィアン

f:id:gemini-yahata:20170630120411j:plain

 

まあ、有名な店であると思う。

しかし、ここのコーヒーは、まずい。

 

コレは冗談では無いのだ。

本当に不味いのだ。

 

 

しかし、この店にはここでしか味わえないものがある。

だからこそ、この店は続いているのだ。

 

もっと言えば、繁盛していると言っていい。

場所は、元町商店街の一筋北側。

大丸まで歩いて1分、元町駅までも2分、の立地である。

 

だからといって流行るわけでもなかろうに、私の知る限りずっと流行っている。

その理由は、私にもわかる。

 

ここ、居心地が良いのだ。最高に不味いコーヒーでも、居心地がいい。

 

なぜか、豆まで売っている。

買う人がいるのだろうか、と思うのだが、

どうも売れているのだと思う。

 

居心地の良さの理由を考えてみたのだが、

この店では音楽が流れていない。

客の話し声が、ザワザワと、波音のように気持ち良い。

コレは何かと考えたら、ガキがいないのである。

オトナたちがお喋りをしても、大声でがなってる人はいない。

煩くないレベルを維持できているのだ。

 

これはすごい。

でもどうやったら、こうなるんだ?

なんというか、都会の「街」の雑踏の匂いがするのである。

 

「あの女、メトロの匂いがする」の世界である。

何言ってるかお分かりにならない?

コレ観なさい。

望郷 [DVD]

望郷 [DVD]

 

 人間なんでもね、無知でいいってことはないんです。

基本ですよ、「メトロの匂い」っていうのは!

 

それを構築しているのは、やはりここのママであろうな。

私が知る限り、ここのママほど、

強烈な無愛想さを持った客商売の人はいない。

椅子を足で蹴るし、言葉使いは汚いし、目つきは悪い。

 

そして、毎日ちがう眼鏡をかけている。

ママは、一体いくつのメガネを持ってるのだろう。

少なくとも私は、同じ眼鏡を見たことがない。

 

写真なんか撮ったら、とんでもないことになりそうだ。

よって、ママの写真はない。

 

ママのファッションは、ずっと変わっていない。

ずっとアメリカン・グラフィティの世界にいるのだ。 

いったい、いくつなんだろう。

 

まあ、いい。

そして、ここのママは、モーレツに面食いなのである。

しかも、半端じゃない。

露骨に、明白に、「男前」と判断した途端、可愛い感じになる。

 

その変貌ぶりは、ちょっと面白いレベルである。

 

自分のルックスに自信のある、「自分大好き」な方々は、

セルフィーなんかやってず、エヴィアンに行けばいいのだ。

ママが強烈にジャッジしてくれる。

 

ちなみに、コレは女性でも体験できる。

ダサい子が嫌いなのであろう。

可愛い子にはやっぱり優しい。

 

そうやって鍛えられた客たちは、かなり躾が行き届いているわけだ。

 

ママに対しては、地元ではアンチも多いと聞く。

わたしの知り合いでも、

「あのママもどっかの山奥から来たお猿さんでしょ?」

とか

「あの面食いは、いやらしいから、好きになれん」

とか

いろいろ言う人がいる。

 

まあ、分からなくもない。

 

でも、私は好きなのだ、あのママさんを。

21世紀に入ってからも、ハート型のピンクフレームのメガネをかける、

そのガッツが好きなのだ。

 

あそこには、都会の「街」がある。

憧れた強さがある。

これは、東京でも味わった事がない。

 

ママさんもいい年だろう。

生きている内に行っといたほうが良いと思う。

 

別に不細工でも、不味いコーヒーはちゃんと出てくるし、

店員はみなよい躾がなされている。

 

人の穏やかなざわめきを聴くというのは、とてもよいものだ。

ついでに、ママさんのメガネも観察しよう。

トレンドなんて関係ない。

そこには本物のモードがあるような気がしてならない。

 

そう、「街」は常に戦いの場であることを、思いだそう!

 

 (そっと、あちこちクリックいただけたら、光栄です)

 

かっぱえびせん 桜えび 50g×12袋

かっぱえびせん 桜えび 50g×12袋