CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

マン島への道 待ってろ、ブリテン! その1

f:id:gemini-yahata:20170615003938j:plain

いよいよ、金のうなるドバイから出ます。

 

もう、その先はイギリス!

ヨーロッパを一またぎにし、

焚き火の男、一気にマンチェスターに飛びます。

 

しかし、機内では新たな試練が。。

 

待望のシリーズ(?)続編です!

 =================

空の上、再び

 

搭乗ゲートが見えてきた。

あれが二つ目の扉だ。

 

なに、軽いもんだぜ。ふふ。

 

手続きを終え、再び飛行機に乗り込む。

慣れたものだ。

 

機はやはりエミレーツ航空

ドバイ空港発なので当然と言えば当然。

 

外から見ると、機体はやはり

クソがつくほどにデカい。

しかし・・・

 

オレの座るエコノミーの座席は狭い。

 

機体はゆっくりと動き出した。

成田の時と違い、

今回は外の様子がよく見える。

 

長い徐行のあと離陸へ向けて

機体は一気に加速を始めた。

景色の流れが見えるせいだろうか、

成田の時よりずいぶんと速く感じる。

 

機首が上がり機体が上昇していくのがモロにわかる。

 

 

おおっ…おっ、おっ・・・おおっ!

 

自分の口から変な声が漏れているのを自覚した。

 

世の中には見える恐怖と見えない恐怖がある。

オレにとって飛行機の離陸というのは、

見えてない方がいいのかもしれない

 

 

さてここからマンチェスターまで7時間。

今回は昼間のフライトである。

寝ている間に着くという感じではない。

 

そもそも昨夜、寝れなかった原因は、

座席の狭さにある。

まったく同じ環境で眠れるはずもない。

だが理由はそれだけではない。

この機がマンチェスターに到着した時、

もうマン島は目と鼻の先

 

またドキドキである。

眠れるわけもなかろう。。

 

そこに考えが至った時、体が軽く震え鳥肌が立った。

 

================

 

おや、どうしたんでしょう?

鳥肌、分かるような気もします。

 

なにせ、マン島ですからね。

 

オートバイに詳しくない方に説明するのは難しいですね。

 

なんだろう、これ。

ああ、あれだ。

「春の園遊会」に招かれたとします。

朝、あなたを迎えにハイヤーが来ます。

その時のあなた、でしょうか。

 

いや、違うか。。

まあ、それくらいには、名誉な事なんですよ、マン島に行くってことは。

 

(そっとあちこちクリックしてみていただくと、本気で嬉しいです)  

DVDマガジン 皇室の20世紀~昭和・平成の園遊会~

DVDマガジン 皇室の20世紀~昭和・平成の園遊会~

 

 

ブリテン:戦争レクイエム

ブリテン:戦争レクイエム