CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

会いたい人が128人います。

f:id:gemini-yahata:20170625144334g:image

 今週のお題「もしも魔法が使えたら」

 

お会いしたい人が、128人います。

 

これね、私の七代前までの遡ると、

全員で、128人なんですよ。

 

両親はもちろん、双方の祖母も記憶にあります。

しかし、彼ら彼女らが、どういう人生を歩んだか、実際のところ分からないわけです。

 

子として、孫として、親や祖父母を見た人物評価と、

大人同士として、冷静には話をした場合とでは、かなり異なるでしょうね。

 

そうですね、相手の30歳くらいの時がいいでしょう。

 

それが七代遡って全員に会うなら、2の7乗になりますから、128人になるわけです。

親から累算で、全員足すと、320人。

 

こりゃ、時間かかります。

毎日一人とあっても、約一年。。

 

移動は、魔法でやるとして、それでも大変になりそうですね。

 

面白い人がいると、そこに長居しそうですし、嫌な人もいるでしょう。

ご先祖に恋したり、もあるかもしれませんね。。

 

危ない世界ですね。

 

七代前であれば、

日本なら江戸時代。

ヨーロッパなら、

産業革命の絶頂期。

 

アフリカはないとは思いますけど、

いたらいたで、それも面白いですね。

 

この前観た動画を貼っときます。

なかなか面白いですよ。

https://www.facebook.com/imishin.jp/videos/970395246396039/

これは、もっと長いスパンの話ですけど、

まあ、これの七代前まで、全員とちゃんと話したいですね。

 

なぜ七代までか、ですか?

 

八代で256人になると、もうダメでしょ?

累算556人。。

九代なら、512人。

累算1068人になります。

もうパンクですね。

 

まぁ、そう考えると、

私の盛大なミックスカクテルで、 

みなさんもそうなわけです。

 

不思議ですよね。

マン島への道 ドバイ編 その4

f:id:gemini-yahata:20170615003938j:plain

ついに、半分は来ましたね。

と言っても、旅の半分じゃないですよ。

 

マン島への往路のさらに半分です。

 

みなさん、よく考えて下さい。

この後、レース見て、10日ほど過ごし、

また復路があるんです。

このシリーズの終わる頃には、

 

メリークリスマス!

と言っているような気がします。

 

さあ、いってみましょう!

 

==================

 

そしてドバイ

 

高度が下がっていくのを、体感する。

完全に寝不足であるはずなのに、

持ち合わせた野生の感覚研ぎ澄まされたように

覚醒している。

 

ひとつめの扉の出口はもう目の前だ。

 

ほどなくして機体は着陸態勢に。

目の前のモニター映像が、外部の映像に変わる。

 

外はまだ暗い。

モニター越しに滑走路の誘導灯が近づいてくる。

 

そして軽い衝撃とともに着陸。

オレを乗せたジャンボ機は無事ドバイの地に降り立った。

 

アラブ首長国連邦の首都、ドバイ。

 

ドバイと言えば金持ちのリゾート地、エアコンなしでは生活できない街、そして・・・

 

高須クリニック

 

いや、これは忘れてくれ。

 

昼間の気温は軽く40度を超えるが、

空港内は適温に保たれていて快適そのものである。

飛行機を降りると、さっそく手荷物の検査が行われた。

 

成田で一度、経験済みだ。なんの問題もない。

むしろ喜びだ!

と思っていたら、

金属探知のゲートに入ったとたん

 

 

ピーピーピーピー!

 

 

 冷たい大音量。。。

 

屈強な体格をした係員がこっちへ来いと手招きをする。

オレを誰だと思ってんだ?

KYOKUSHIN BLACK BELT と承知の上か?

なんだ、その威圧的な「こっち来い!」は。

 

ダメだ。。こいつら、強そうだ。。。

 

 

しょうじき

とんでもなく怖い!

 

 

 

体の隅々まで調べられた結果、

ジーパンに付属している金具が原因だったようだ。

成田ではすんなり通過したというのに。。。

海外のそれは感度が高いのだろうか。

 

まあ、こういうのもだからさ!

ドンマイ!

 

手荷物検査を通過し空港ターミナルに入ると、

そこは人種のるつぼだった。

早朝にもかかわらず、世界中から集まった人たちで賑わっている。

活気というものが、未明の空港に満ち満ちている。

 

マンチェスター行きの搭乗は4時間後。

それまでこの空港内で過ごすことになる。

 

====================

 

おお、かなりスピードを上げてきていますね。

 

ドバイは行ったこと無いんですけど、

あらゆるところにカネの臭いがするらしいです。

 

いいことですよ。おカネある人はジャカスカ使って下さい。

もうね、世界平和とか、いろいろ買いとっちゃえばいいんですよ。

 

「んで、その世界平和は、なんぼやねん?」

 

誰か言わないかなあ。

 

(まだまだつづく)

 できれば、あちこちクリックしていただけると助かります。。

 

ドンマイ!!

ドンマイ!!

 

 

 

雨のパリ、傘のある風景

f:id:gemini-yahata:20170612004308j:plain

友人のAssaf Frankさんは、雨を味方にもしたようです。それがこのパリの写真。

http://www.assaffrank.com/product-tag/umbrella/

そうは言っても、梅雨で雨が降ると、

毎年のことで分かってはいるものの、

やはり憂鬱な気分は抜けませんよね。

 

この決まりきった感覚は、

陰鬱なよどみを生むような気がしませんか?

 

やはり、そこに美しいものを見つけることは難しいものです。

 

海外のサイトを観ていると、

カメラマンが意地になって、

雨のパリを撮った作品がたくさんあります。

 

これは不思議なことです。

 

他の街では、あまり見つけることができないのです。

日本人だけでなく、

海外の人たちにも、

パリはきっと特別なんでしょうね。

 

意地でも美しいパリを撮るという、

真剣な意気込みが感じられます。

 

f:id:gemini-yahata:20170612005024j:plain

これとか

 

f:id:gemini-yahata:20170612005108j:plain

これとか。

もう、踊っている人たちもやけくそですね。

 

ステップから察するに、これはタンゴですね。

雨の日に傘をさしてタンゴ。

ガッツのある美しさです。

 

パリに来てるんですから。

分からなくはないです。

私は個人的には、

ニューヨークよりパリの方が、厳しい街だと思います。

そのぶん、そこで生きているだけで、

高揚感のある不思議な街です。

f:id:gemini-yahata:20170612005409j:plain

 

雨の中にも、美しい風景はあるはずです。

あなたの街でも、探してみませんか?

 

 

いまさら「冒険」を考察する その2

f:id:gemini-yahata:20170623135135j:plain

話しを「冒険」に戻します。(その1はこちら


私の大好きな映画に「冒険者たち」という有名な作品があります。

1960年代のフランス映画の大傑作であると思います。

 

詳細はみなさんの検索に委ねるとして、

この登場人物たちも、みな夢を失った後に旅に出るのです。

 

そう、無知なわけでも、無謀なわけでもない。

絶望という「知」の後に「冒険」がある物語なわけです。


ならば、私も「知」たる人間として、「冒険」に出ねばならないでしょう。

 

例えるなら、遠い昔、生まれて初めて、

ウオシュレットのスイッチを入れて奇声を上げた時のようにです。

 

あれは、ホントびっくりしましたよ。

 

あれは冒険でしたねえ。

噂で聞いていたわけですし、

偶然ではなく、あえて、使ったのですからね。

 

私はかの便器を見る度に、

最初からそれを当然と思って生まれた若い人は、

もれなく、皆、変態であると断言してもよいな、と思うのです。

 

 

しかし、ここで難問にぶち当たります。

前述したように「険しき」を「おかす」のでありますから、

私の今の年齢と経験からしてその妥当な対象、

及び行為がよく分からないのです。

 

ただ漠然としたイメージがあるだけであります。

 

私はそのあやふやなイメージを、

現実に行い、ここに書いてみようと思います。

 

イリーガルなリクエストは、アウト・オブ・サービスでございますが、

出来る限り真摯にやっつけますよ。

リクエストあれば、どうぞ。

 

(そっと、あちこちクリックいただけたら、光栄です)

 

 

 

 

今こそ「哲学」ですよ その2

f:id:gemini-yahata:20170619225518j:plain

 

これは、みなさんご存知の「あの時」流行りましたね。

「あの時」の多くの人の心情に、訴えるものがあったのは事実だと思います。

 

こういうのは「恣意的」というのです。

 

勉強になりますね。

ああ、こういう話題のときは、無理して読まなくていいですよ。

しんどいですからね。

 

続きを読む

マン島への道 ドバイ編 その3

f:id:gemini-yahata:20170615003938j:plain

いいですか、みなさん。

 

こういうのは、大河を超えて、抒情詩というジャンルかもしれません。

日本で言うと、平家物語みたいな。

お酒でも飲みながら、琵琶や三味線の音ともに、

ながながと聞くような、風情のあるやり方です。

 

今日はどのあたりでしょうねえ。

インドの上あたりじゃないでしょうか。

 

続きを読む

オートバイへの道 免許取得体験記 その2

 f:id:gemini-yahata:20170620164410j:plain

男、40歳を前にして、

昼寝から覚めたら、突然オートバイの免許が欲しくなった。

彼の名は「青陽舎さん」。 

そんな彼の、怒濤の日々の始まりのその1はこちら

 

次の教習で、いきなり「操縦」する事になりました。

 では、そろーりと始まってみましょう。

続きを読む