CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

ホームセンタータイムマシーン モスクワの話し?

f:id:gemini-yahata:20170627215020j:plain

その頃、老犬と暮らしていたんだ。

毎日一緒でね。

ずいぶん前の事だけど。

 

 

仕事の途中でホームセンターに寄った。

犬のブラシを買うためだったのだけれど、

かの地は他にも面白いことに出会うことがあってね。


用事を済ませて駐車場に向かっていたんだ。

ブロックやレンガ、屋外商品が並んでいるエリアを通った。

そこで、ちょっといい感じの椅子を見つけた。

 

当然座った。フムフム、かなりお買い得だなあ、

と考えていた時のこと。

 

「あら、マツモトさんじゃありませんか?」

と、かなり高齢の女性。

髪はきれいに銀髪で、日本人にしては彫りが深い。

まっすぐな鼻筋が、往年の美貌を感じさせる。

 

「いえ、人違いでしょう」

「あらあら何言ってるのよ。相変わらず冗談ばっかり」

 
どうも勘違いされたようだ。

私に似ているらしいマツモトさんと。

 

「最後に会ったのは、モスクワだったわよね?ねえねえ、キョウコのダンナさんをどう

やって丸め込んだのよ。あの後、うわさで持ちきりだったんだから!教えなさいよ!」

 

さて、どうするべきであろう?
 

モスクワ? マツモト? 

キョウコ? そしてダンナ?

 

噂?


 
そこで、

「いやあ、いろいろありましたねえ。懐かしいです」

「今でもタバコをお呑みになるの?」

 

ある年齢以上の人は、タバコを吸う、とは言わず、

タバコを呑む、と言っていたのを思い出す。

 

私の祖母の時代だ。

ばあさん、一体いくつだ?

 

「では失礼して、ちょっとおタバコを呑ませていただきますね、同志」 

 

と、タバコを一服。

 

しばしばーさんを見つめる。

「よろしければ、一本いかがですか、カマラード?」

「いつもそうやって、悪いことを教えられたわね、タバーリシチ」

 

やはり、そうだ!

この年代のモスクワ!

タバーリシチってのは、ロシア語だ!

カマラードというフランス語に、反応できる日本人はまずいない。

同志、なんて言葉、日本語でも使わない。

 

もう一本タバコに火をつけて、

一服したのを渡してあげる。

これは、コミュニストの仲間の合図だと、ずいぶん昔に聞いた事がある。

 

ばーさん、意外と色っぽい目つきになる。

ムセたりなんかしない。

美味そうに深く吸い込む。

 

「不思議ねえ。マツモトさんは少しも変わらないわ。同志ナターシャと夜遊びしていた頃のままよ。とても私より年上には見えないわ」

 

初老の女性が近づいてきた。

この女性も、かなりきれいな顔立ちをしている。

まっすぐな鼻筋。長い睫毛。細い首。

日本人には珍しい長身と、その骨格。

 

ニコニコしながら私に会釈し、老女に「お母さん、帰ろうか」と。

ばーさんはきっと、娘か嫁の買い物にでもついて来たのだろう。

 

ばーさんに視線を戻すと、その目からは、さっきまでの色気はもうない。

モゴモゴ言いながら下を向いて歩く姿は、ただの年寄りにしか見えない。

 

結局、モスクワも、マツモトも、ナターシャも、キョウコも謎のまま。



何十年か昔、きっとモスクワにいたであろう、俺に似たマツモト。

どうも彼が手を出したと推測できる人妻キョウコ。

ナターシャは恋人か?

そして、若き日のばーさん。

 

シベリヤ鉄道に乗っていったのだろうか?

ボルシチでも食べて。

ウオッカ飲みながら革命を語って。

 

きっとそうだ!

 

残りのタバコをゆっくり吸ったわけさ。

その後で、ばーさんの口から、ポトリと落ちたタバコにも気づいてね、

まだ火がついていてさ。

それも吸いきったわけだ。

若き日の、かの老婦人の代わりに。

 

同志よ。

カマラードよ。

タバーリシチよ。

 

なぜだか、ほんの少しだけ懐かしいような気分になる。

理由はわからない。

 

 

  ホームセンターの駐車場。
  ホームセンタータイムマシーン。

 

(革命とはなんだったんだろうか。答えがみつかるも?そこでクリック!) 

 

タイム・マシーン

タイム・マシーン

 

 

ショスタコーヴィチ:交響曲第5番

ショスタコーヴィチ:交響曲第5番