CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

重き荷を負いて遠き道を行くが如し 青さんのカメラ日々常々

f:id:gemini-yahata:20200506200109j:plain

ご存知、日本史上最大の狸、

徳川家康の遺訓でありますな。

 

もうね、なんたって一つ一つが重い。

重いテーマをやると、ほんとアクセス減るなあ。

 

chuff.hatenablog.com

 

でね、重いと言えば青さんの三脚なわけ。

どれくらい重いかと言うと、7キロ。

あんたね、それ測量機器じゃないの?

ってことで、「測量くん」と呼ばれておるのです。

 

それかついで、山登ろうってんだから

酔狂と言うかなんというか。

 

ってわけで。

ではさっそく!

 

 

==========

 


今週のお題「カメラロールから1枚」

普段ならあまり人が多い場所でなくても、

ゴールデンウィークが始まってしまえば、

少し賑やかになるかもしれない。

 

そう思いましたのでGW直前の平日、

4月28日に岩屋山を散歩してきました。

 

去年、岩屋山に登ったのは4月25日だったので、

ほぼ同じタイミングです。

 

chuff.hatenablog.com

 

あの日綺麗だったヒメシャガは、

きっと今年も咲いていることでしょう。

 

そうだ、去年で思い出しました。

あのときは

一眼レフカメラはどのぐらい重いのか」

を体験することが目的の山登りでした。

 

それはまで私が使っていたのは、

ポケットに入るコンデジです。

 

 

それと比べて、

交換レンズも入っているカメラバッグが

どれほど重いのかを知っておきたいと思ったのです。

 

一眼レフカメラを手に入れるまでは、

「カメラの重さを気にする」

という経験がなかったので、

大変でしたが貴重な体験ができたと思います。

 

今回は気晴らしが主目的で、

カメラがついでのお散歩です。

 

でも、それだとちょっと面白くない。

 

一つイベントを追加しましょう。

私は三脚を二本保有しております。

一つはカバンに入れて持ち歩ける「携帯くん」

マンフロットの折りたたみ三脚。

 

 

もう一つが、素晴らしい安定感を誇る

 

ジッツォの三脚。

 

 

chuff.hatenablog.com

 

 

測量機器のような

威風堂々たる出で立ちなので

「測量くん」と呼んでいます。

 

この測量くん。

実際に測定してみたところ7キロ弱。

専用の収納カバンと付属品込みでこの重さです。

 

 

三脚を最小サイズに畳んで入れておく

カバンの長さが一メートルを超えます。

一度これを、雲仙までバイクに積載して

運んでみましたが、横幅を考えると

積んで持ち運ぶのはちょっと無理です。

 

chuff.hatenablog.com

 

これに比べると、

やや軽さが気にはなりますが

携帯くんの利便性は素晴らしい。

 

便利なものは使用頻度も上がりがちなので、

このままだと測量くんが倉庫の肥やしになってしまいます。

重たくてかさばるだけで、

測量くんは高品位です。

高さや角度の調整など使いやすいんです。

 

なにより、それなりのお値段でしたので、

調度品にしてしまうのはあまりに口惜しい。

 

買った以上はなんとしても活用しなければなりません。

 

色々と検討してみた結果、

使い分けすることにしたらいいんじゃないか

という結論に至りました。

 

乗り物で移動する場合の三脚は、

持ち運びやすい「携帯くん」。

それ以外、特に徒歩で移動する場合の三脚は

「測量くん」を使うことにします。

 

測量くんはかなり大きいので、

撮影場所を広く確保できない場合には

携帯くんの出番になることがあるかもしれませんが、

原則はこの使い分けでいきます。

 

さて、三脚の説明が終わったところで本題に戻りましょう。

 

今回のお散歩には

 

「三脚を使った撮影をしてみよう」

 

を目的に追加することにしました。

 

お散歩というぐらいですから、

移動は徒歩。

前述の通り、出番は測量くんです。

 

カメラバッグ。

昼飯とペットボトルが入ったスリングバッグ。

そして、ジッツォの三脚。

 

総重量が10キロ近い装備を身にまとい、

足取りも軽やかに目指すは岩屋神社。

 

 

なだらかな坂ぐらいなら何ということもない。

去年より体力がついているのだろうか、

思ったほど面白いことはおきないかもしれないな、

と思う私には、八甲田山っぽい

フラグがビンビンだったといったところで

本日はここまで。それではまた。了

 

つづきます。

 

chuff.hatenablog.com

 

=============

 

10キロの装備ってどれくらいだとお思い?

通常の灯油のポリタンクが18Lか20L。

アレの半分ですわな。。

単純に、2Lの水を5本。。。

 

ああ、もうこれは。。。

 

行軍としか言えませんな。。

八甲田山は雪の地獄。

岩屋山は、きっと熱の地獄。

 

(ユニットはいい作品ですなあ。八甲田山は次回に貼ると思います、でクリック!)