CHUFF!! チャフで行こうよ。

もう、何でもありです。ヒマつぶしにどうぞ。少しもの知りになれるかもです。

CHUFF!!ってのは、「おっ、なんかいいよね!」って意味です。チャフっていきましょうよ!

地球がそうしたんだもの 青さんの天草への旅その13

f:id:gemini-yahata:20191007130024j:plain

あなたにもわたしにもある乳房。

それは地球が生み出したものです。

 

天草の土地も、悠久の歴史の中では

宗教も含めすべてが「一時」のこと。

chuff.hatenablog.com

 

もっと、大きなスケールで考えましょう。

そこでオッパイです。

 

ん?オッパイ?

そうです、オッパイです。

 

ではさっそく!

 

 

==========

 

富岡城を後にして、

再び走り出したのは何時でしたか…。

このままだと14時のフェリーに乗れるな、

と思った記憶がありますから

13時過ぎじゃないでしょうか。

 

昼飯は船で食う!と決めておりました。

一軒、頭に浮かんでいる食堂はありました。

しかし、そこは混んでるようなんですね。

私は並んでまで飯を食うのが嫌い。

 

ですので近くまで行ってみてダメそうなら

フェリーターミナルに向かうことにしようと考えていました。

 

日本人のひるめし (読みなおす日本史)

日本人のひるめし (読みなおす日本史)

 

 

 

海沿いの国道を走っていきます。

日陰では幾分涼しかったのですが、

午後になると走行中も

少し暑さを感じます。

メッシュグローブの手にも汗が滲みます。

 

出発してすぐに気になる看板がありました。

なぜでしょう、今まで経験したことがないほど

鉱物学への興味が高まっていきます。


いざなわれるまま天草ジオパークへ。

整備されている途中らしい、

雑草と土の駐車スペースにバイクを停めます。

そう言えば、ここも天草の名所だったな、

とリサーチしたのを思い出しつつ一枚。

f:id:gemini-yahata:20191007120158j:plain

 

私を鉱物学へ誘う理由がこちら。


「おっぱい岩」であります。

 

…自分で言っていて

バカなんじゃないかと思いますが、

実際そういう名前なんだからしょうがない。

 

ようするに

「そういうふうに見える」岩なのでしょう。

 

でもねぇ、岩ですよ。

見ようによっては、

というぐらいでしょう。

 

などと思いつつ、早速現場に向かいました。

「おっぱい岩」は

干潮時にしか見ることが出来ないそうです。

私はたまたまタイミングが良かったのですが、

見たい方は潮見表を確認してから

お越しになったほうがいいですよ。

 

そこまでしてまで見たくなる鉱物学探求。

おっぱい岩!

 

 

駐車場から岩場に降りると、

猛烈な日差しと磯の香りです。

しかし、やはり9月の太陽は

色味が秋ですね。

30度を超えて暑さは真夏並みですが、

風景のトーンに秋を感じます。

 

f:id:gemini-yahata:20191007120200j:plain




靴がバイク用なので、

岩場を渡るのは神経を使います。

慎重に歩みを進めていくと、

遠くに橋が見えました。

その手前にみえる黄色い建物が、

件の食堂「丸健水産」であります。

 

f:id:gemini-yahata:20191007120203j:plain

 

www.maruken-iruka.com

結構な金額の

結構なウニ丼を提供するので、

旬の春先には県内外からのお客さんが

列をなすそうです。

 

ウニは好きですが、その金額を出すんなら

焼き肉食べ放題に心が引かれる私です。

 

しかし、ツーリングの度に

昼飯を雑にこなしている場合ではありません。

私も不惑なんだから、

美食を嗜むぐらいの余裕がほしいところであります。

 

さはさりながら、

今はおっぱいです。

 

 

思ったよりも遠い目的地ですが、

なんとかたどり着きました。

それがこちら。

 

f:id:gemini-yahata:20191007120205j:plain



どうでしょうか。

おっぱいに見えますか?

私、これを見た時に思わず

唸ってしまいましたね。

 

人工物じゃないんだよな、と

近くでじっと眺めたんですが、

人の目が気になるぐらいのおっぱい感です。

アップでもう一枚。

 

f:id:gemini-yahata:20191007120208j:plain



うーむ、、

乳首と目される部分が絶妙であります。

これ、勝手にこうなったんでしょうから、

やはり自然というのは

面白いものでありますねぇ…

 

結構な枚数を撮影しておりましたが、

意外に人がいる場所です。

家族連れとカップルしかいない磯。

 

一人真剣な顔で

一眼レフを構えている私。

しかもアロハ姿の私。

完全に浮いていることに気づきました。

 

こういうことは、

気づかないと大丈夫なんですが、

意識したらもうだめですね。

 

まぁ、いいや。

何かしらいいのが撮れているだろう。

 

再び岩場を慎重に移動し、

駐車場に戻りました。

この駐車場には鳥居を設置している途中でした。

天草の宗教的混沌はさらに増しつつあるのだな、

と大変敬虔な気分になりつつ、

再び走り出します。

 

目指すは丸健水産。

あわよくばウニ丼が食えるかな、

といったところで本日はここまで。

それではまた。了

chuff.hatenablog.com

===========

 

これで、何かの規制にかかったら

不正に対して戦うブログと化すのですよ!

 

「あなたのブログに不適切な表現がみつかりました」

「よろしい、戦争だ!」

 

あらゆるサーバープロバイダーに問う。

 

あなたのオッパイはそんなに恥ずべきことなのか?

天草を見よ!海があまりに蒼いのです!

 

などとw!

 

たらちねの、と始めたくなる風情ですなあ。。でクリック!)

 

斎藤茂吉歌集 (岩波文庫)

斎藤茂吉歌集 (岩波文庫)

 
斎藤茂吉全歌集(全18歌集収録)

斎藤茂吉全歌集(全18歌集収録)

 
斎藤茂吉―あかあかと一本の道とほりたり (ミネルヴァ日本評伝選)

斎藤茂吉―あかあかと一本の道とほりたり (ミネルヴァ日本評伝選)